12月に言い残したこと、野鴨、未来ルルル コントローラー2P HARAJYUKU PERFORMANCE+ とスタバ福袋

明けましておめでとうございます。旧年中はRClub Annexをごひいきにいただきましてありがとうございました。つたない文章ではありますが、本年も感じたこと、いろいろ書かせていただきます。よろしければお付き合いくださいませ。

さて、新年早々、いきなり去年の話しというのもなんなのですが、去年の11月から12月にかけて、こちらに書かせていただいたほかにもいくつか印象深い芝居やパフォーマンスを観る機会がありましたので、ちょっとご紹介。今書いておかないとすぐに忘却のかなたに消えてしまいそうなので・・・。

・野鴨 (庭劇団ペニノ)

 イプセンの作品を忠実に上演したといえばそれまでなのですが、あの密度、そして油絵のような鮮やかさには息を呑みました。明快な物語がそのまま観客につみあがってくる。役者の演技も感情の深さがしっかり取れているのにナチュラルな感じがあって・・・。シアター1010の稽古場を利用した空間が森に変わり、森が観客をつつみ、観客はその場の物語に取り込まれる・・・。しかも物語のひだが非常にくっきりと見える印象があり、その中での手塚とおるの豹変に説得力があり、悲劇がためらいなく提示されていく・・・。

タニノクロウの演出はある意味とても生真面目なのだと思います。狂気や戯曲の中にぼかされて存在しているようなニュアンスに対しても表現に躊躇がない。本来影になっている部分に対して他の部分と同じような光が当たっているというか・・・。

観ているほうも消耗するほどの強さがある、非常に印象が強い舞台でした。

・未来ルルルルルル (あひるなんちゃら)

相変わらずの駄弁芝居ではあったのですが、方向はともかくしっかりと筋通った部分があるので、その駄弁がとてもビビッドに感じる。いろんな発想の進展が織物を作っていく感じ・・・。過去から目覚めた組と未来人組の演技のペースが違うだけで、世界があれだけしっかりと広がっていくのです。

毎度思うのですが、ここのお芝居には麻薬みたいですごく癖になるなにかがあります。今回は、黒岩三佳さん一流の演技の切れがいつもほどたくさん観れなかったのがすこし残念だったけれど、その分他の役者陣の好演もあり、心地よい違和感はいつもと遜色なし。結果としてたっぷりとした満足感をもって王子小劇場の階段を上がることが出来ました。何に満足しているのか、自分でもよくわからなかったりはするのですけれどね・・・。なんか満たされている・・・。不思議です。

新宿村の公演は観にいけなかったけれど、次回も絶対見逃したくない劇団のひとつです。「あひるなんちゃらテイスト」、すごく表現しにくいのですが・・・・。ほんとにはまる。

・2Pコントローラー (北京蝶々)

大隈講堂裏の劇団本拠地でやったコントローラー自体が非常に緻密に作られた芝居でしたが、2Pコントローラーはそのスピンアウトのような感じ。ある意味アウェイだったし、制約もいろいろとあったのでしょうけれど、少なくともオリジナルを観た観客にとっては、見事にコントローラーの世界が受け継がれていました。作・演出の大塩氏は二つのお芝居を仕付け糸でほつれない様にしっかりと縫い合わせて・・・。で、縫い合わせても物語にゆがみがないしさらに物語の間口が広がっていて・・・。両方のコントローラーを観た観客にとっては、前回のコントローラーの世界観がいっそう明確になり、物語の幅がぐっと広がった感じがしました。

ただ、これは余計な心配なのかもしれませんが、果たして1P(?)コントローラーを観ずにこの作品をみた観客には物語の全貌がきちんと伝えられたのか・・。映像で前回公演の物語感を無理なくカバーはしているのですが、生ものと映像が同一の力を持っているわけではなく、ベースになる1Pのデリケートなニュアンスが映像だけで伝わっているかはかなり微妙で・・・。特に帯金ゆかりの前回のお芝居は、映像では伝わりきれないものをたくさん含んでいましたから・・・。まあ、私は両方見ていたので大満足ではありましたが・・・・。

・Harajyuku Performance Plus 12月23日ソワレ

いやぁ、あっという間の2時間でした。いろんなジャンルのパフォーマンスでしたが、ひとつずつの出し物に本当に魅力があって・・・。

一番の収穫といえば康本雅子さんのパフォーマンスを観れたこと。この人はすごい。艶があってやわらかい動きなのに底知れない切れを感じる。1月5日にNHKのトップランナーにもご出演だそうです。私が知らなかっただけでかなり有名な方なのでしょうね・・・。まあ、たかぎまゆさんのパフォーマンスを急な坂スタジオの駐車上で最初に見たときほどのビーンとくるような衝撃はなかったけれど、でも動きのやわらかさとふくよかさ、そして安定感には瞠目。観るものを巻き込むようななにかがしっかりとあって強く惹かれました。

ストロングマシン2号のもすごかった。抜群の安定感がありました。完成度が高いというか・・・。

開場時からすでに演奏が始まっていたASA-Changと宇治野宗輝の演奏にも観客を音に依存させてしまうような魔力とインパクトを感じたし・・・

ボクデス・五月女ケイ子さんも魅力的だった。すごく気持ちのよいウィットがあるのです。

あとcontact Gonzoには高い芸術性を感じました。ある種の法則と動作の継続に心のどこかを麻痺させるような魅力があり、同時に表現にしっかりとした意図を感じました。

伊藤千枝さんのところも創意がしっかりと感じられてよかったです。観ていて楽しいし・・・。

Off Nibrollの世界観というか雰囲気も決して嫌いじゃなかったし、男子はだまってなさいよの世界も基本的に好き。

山賀ざくろと泉太郎の世界観はゆっくりと伝わってそのまま居残る感じ。

こういう催しって、今まではお芝居に比べて縁がなかったけれど、今後はもっと見に行きたいですね。ヤング軒さん主催のパフォーマンスを観たときにも思ったのですが、只者ではないひとがただ事ではないパフォーマンスをやるというのはやっぱりすごいことで、観客の感性を揺り起こししっかりと研ぎ澄ましてくれるようなものが確実に内包されている。

べたな感想ですが実に楽しかった・・・。

去年はとても演劇鑑賞運に恵まれていたみたいで、良いお芝居もたくさん観ることができたし、新たに才気あふれる良い劇団やパフォーマーの方を観ることができたのですが、今年はどんなものに出会えるか・・・。とても楽しみです。


◎◎◎PS ちょっと余談◎◎◎

去年の暮れ、年賀状を印刷しているときにUSBメモリーの調子がよくなかったり黒インクがほとんど切れてしまったりしていたので、お正月の朝1番で近所のJUSCOに買いにいったら、入り口という入り口に信じられないような長蛇の列ができていて・・・。

しばらく並んで店舗にはいるとそこは福袋のてんこ盛り状態・・・。いやー、雰囲気に呑まれてスタバの福袋を衝動買いしてしまいました。で、家に帰って袋を開けたら、コーヒーとタンブラーのほかにこんなものがはいっていてちょっとびっくり

・CD (ラテン アメリカンヒート

 これって、おしゃれ。すごく渋いラテンなのですよ。コーヒーの香り、紫煙、ざわめき・・・。そこにこのCDの曲がかかっていたらとても幸せかも・・・。新年早々、隠れた名盤にめぐり合ったような気分になりました。

・くまのぬいぐるみ

 それなりにでかい・・・。スターバックスおなじみのグリーンエプロンをきちんと着ている・・・。写真では見えないけれど一応JAPANの文字がエプロンに・・・。世界的に使われているスタバーのキャラクターなのですかねぇ・・・。この熊君は・・。

・スターバックコーヒーのカルタ

 これは誰向きにつくられたのだろう・・・。なにせ「っ杯に心こめます。グリーンエプロン」なんていうのがあったりして・・・。スタバーの従業員の新年会には受けるかもしれないけれど、一般家庭でこれを使って遊ぶことはちょっと難しいかも・・・。

まあ、絵はちょっとグリーンがかったトーンでいい感じなのですけれどね。

スタバー

新年1番の買い物がこれということは、今年はいろいろとユニークなものにめぐり合えるということなのかも・・・。演技がいいといえば縁起が良いのかもしれません。

でもちょっとびっくり。

R-Club

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

奥華子の歌はリセッシュのよう(誉め言葉)

それは3月25日の日曜日のことでした。

るるん(飼っているモルモット)の敷き草とパセリが少なくなったことに気がついた私は、車で北戸田のジャスコへ出かけました。朝方強く降っていた雨もやみかけた11時くらいのことでした。

パセリとレタス、それにヨーグルトとチーズ、さらにカップ麺が入ったスーパー袋をぶら下げた私がジャムを買おうと専門店街に向かったとき、その歌声が聴こえてきたのです。

一言でいえばまっすぐな歌声、多分それまでに聴いた歌声のなかで一番近いのは彩恵津子さんかなとも思うのですが、しっかりと透き通った芯がその声にはあるのです。気持ちよく伸びやかで・・・。特にEの音を伸ばす部分を聴いていると生理的な快感すらある。それよりもなによりも、彼女の歌、いくつかの言葉がつながっていくだけで、しっかりとしたドラマが聴く者の目の前に広がっていく・・・。

それが奥華子さんの歌を聴いた瞬間の状況でした。

彼女はケンタッキーフライドチキンの先の吹き抜けの広場にいました。30分後のコンサートのリハーサルをしていたのです。で、彼女が歌いだすたびに3階分もある高い天井のその空間はまるで魔法がかかったみたいに彼女の世界になっている。前の雑貨屋さんもコーヒー屋さんも惣菜屋さんもすべてが消えて、夕焼けの道と一組の男女がそこにいる。私は目をつぶっているわけでもないのに、まるでリセッシュで匂いがすべてどこかにいってしまうように、彼女の歌声は周りの景色をふっと意識からホワイトアウトさせてしまい・・・。彼女が歌い上げる世界だけがある。

ほら、芝居でも素の舞台なのに役者の力で色んな光景がみえることってあるじゃないですか・・・。ピアノと彼女の声も同じこと・・・。そのときはリハーサルですから曲を全部歌うわけではなく途中まで・・・、でも彼女が歌をやめても少しだけその世界の余韻がのこって、やがて回りは雑貨屋さんやコーヒー屋さんに戻っていくのです。

で、もっと彼女の歌声を聞きたいと思う。突然消えてしまった物語を最後まで見たいと思う・・・。その段階で始まっていた物販の彼女の最新CD、(TIME NOTE)即買です。File0014

まあ、サイン会の参加券までついていたのもすてきなサプライズでしたが、すでにその段階でCDを買い求める列ができていたのにも驚きました。リハーサルの段階で歌に惹かれたのは私だけではなかったのです・・・。

CDを手に入れるとあわてて車に買い物袋を置きにいって・・・。再び同じ場所にやってくると、もう人だかりで・・・。そしてステージが始まって・・・。

あっという間の30分のステージでしたけれど、それぞれの曲にしっかりとした世界があって・・・。

魅了されるって言葉はこういうときに使うのでしょうね・・・。最初はその声に惹かれたのだと思っていたのですが、実は彼女が表現する世界に一瞬で取込まれたのだということを悟りました。もちろん彼女の声も表現のための強力な武器ではあるのでしょうし、とてもしっかりと訓練された歌唱でしか表現し得ない領域の発声であることも伝わってきましたが、それよりも彼女の歌詞と声とピアノが一体になって観客の心に築き上げた世界が本当に瑞々しく、しかも言葉に飾ったところや浮いたところがないから等身大の、聴くものが身にまとえる現実がちゃんとあって・・・。

そりゃCCレモンホールがSOLD OUTになるのもわかります。

しかし、ストリートやフリーイベント系では本当にすばらしい才能に出会います。劇団鹿殺しもそうだし、やなわらばーもそうだしね・・・。こういう偶然で人生が豊かになるって、すごく幸運なことだと思います

コンサート後サイン会に参加させていただき、握手までしていただきました。彼女の歌だと、もうすぐ物理的にショッピングセンターなどではコンサートなども出来なくなってしまうのかもしれませんが(人が集まりすぎて・・・)、人通りのある高い吹き抜けの空間で彼女の歌声を聞いたことは、多分凄く贅沢な思い出として忘れないでしょうね・・・。

買い物袋をもって洒落っ気のない格好で歩いていて突然やってきた凄いものとの出会い、本当にあの場所にいって、よかった。ラッキーはえてして突然降ってくるものなのですね。

R-Club

| | Comments (1) | TrackBack (0)

通勤路が至福の音に包まれて

いつも丸の内線の銀座駅から勤め先まで
地下道を利用するのですが、
今日の帰り道、その一角がライブ会場と化していました。

なんと、paris matchの水野まりさんがご出演
paris matchは大好きで、CDもほとんど持っているのですが
生で聴く彼女の声はCDよりもずっと艶と力がある感じ・・・
低音の部分のハスキーな声にしっかり魅了されて
そのまま高音の伸びとしっかりとした太さのある声につれられていく
快感といったら・・・
CDでの彼女のボーカルは軽さと洗練が強く感じられるのですが
(それはそれですごく魅力的)
生で聴くとそこにまっすぐに聴き手に向かってくるような強さと
きらっと輝く艶のようなものがさらに加わった感じで・・・
まあ、10mくらいの距離で聴いているのですから
迫力もすごいのですが
繊細な部分、言葉を大切に歌っているところもしっかりと伝わってきて
スローなナンバーに取り込まれ、アップテンポなナンバーに揺さぶられ
最後のカーペンターズのナンバー、「close to you」には魅せられて・・・
ギターとキーボードだけの伴奏で
銀座の歩きなれた通勤路にしっかりと彼女の世界を作り上げてしまうすごさ
彼女の歌声に包まれながら、快楽にも近い時間を過ごす中で
一層paris matchのファンになってしまいました
20051111185837


もう一組、ブレッド&バターのお二人のステージも充実していました。
本当に気持ちよさそうに歌っているのが
観客にも伝わってくる感じ
ここ一番の迫力もさすがプロで、
しっかりと観客の聴くスイッチを入れてくれるような・・・
歌詞に込められたメッセージも秀逸で
しかも押し付けるのではなく共有するような感覚で
聴き手を捕らえていくのです。
一番すごいなと思ったのは
初老から次のステップに移るくらいの風貌と裏腹に
その声の若々しいこと・・・
聴いているうちにこっちが若返る感じさえしましたもの・・・
そして、それぞれの曲にこめられた感情やわくわく感が
自分にしみこんでいくのが心地よくて・・・

音楽というのは、不思議な表現方法で
ロジックでなく、人の心が持つスクリーンに
直接色を塗ってしまうようなところがある気がします
芝居なら動作を積み重ねて表わしていくような感情を
いくつかの音や歌詞でもっと深く表現してしまう
芝居がプラネタリウムで宇宙を表現するとすれば
音楽は星の瞬きだけで宇宙の広さを悟らせてしまうような一面が
あるような気がします
実際のところ、ギターとキーボードのようなシンプルな伴奏に彩られたボーカルが
あれだけの世界をしっかりと構築するのですから
音楽恐るべしです・・・

いつもの通勤路に現出した、心地よい非現実、
出演者はWarm Biz宣伝の一環として、暑さのなかで
スポンサーからのお仕着せのセーターなど脱ぐこともできず
ある意味大変だった思いますが、
観ている方はその暑さに南の音楽リズムをしっかりと思い出し
結果としてたいへんおいしゅうございました

こういう体験は、今回のように無料でなくてもよいから
もっとたくさんして見たいですね・・・
芝居の代わりではなく芝居に加えて
もっとコンサートなども聴きに行きたいものだと感じたことでした

R-Club


| | Comments (0) | TrackBack (0)

トリビュート(井上陽水)

井上陽水のヒットナンバーに
「夢の中へ」があります。
コード展開が比較的易しくて
そうはいってもギターコードの最初の難関である
Fが練習できることから
大学で音楽系のサークルに入った私は
最初に練習した記憶があるのですが・・・
この歌、不思議なことに演奏する人によって
いろんなニュアンスに聞こえるのです

「夢のなかへいってみたいかと思いませんか}と歌うとき
誘うようにも、夢に遊ぶ自分への言い訳のようにも
自分をもっと解放するようにとの励ましにも聞こえるこの歌
その不思議に演奏の感想をサークルのなかでお互いに
話し合ったりすらしたものでした

Yosui Tributeというアルバムには「夢の中へ」を含めて
全部で14曲の陽水作品が収められています
演じるミュージシャンも14人・・・・

陽水の歌は演じる人を決して染めません
陽水の歌が演じる人に染まるのです
もちろん、ミュージシャンが一番自分に合う歌を選んだという
側面もあるのだと思います
でも、それ以上に、歌の中にミュージシャンが
あつらえた服を見につけるように収まってしまうのがすごい
奏でる歌は陽水が歌ったものと同じでも
歌が作り出す世界はもはや陽水のものではなく
歌う者をそのまま映しているのです

平原綾香の「心もよう」や一青窈の「ジェラシー」は
陽水の世界よりはるかに想いが強く
持田香織の「いつのまにか少女は」は陽水の世界より
ずっと飾りがなくピュアで
布袋寅泰の「東へ西へ」は陽水の世界よりずっとパワーがある
小野リサの「いっそセレナーデ」は陽水の世界より
ずっと軽くしかもよりけだるいし
奥田民生の「リバーサイドホテル」や忌野清志郎の「少年時代」は
井上陽水の世界から一枚ベールを剥ぎ取ったような錯覚をうけるほど
生き生きと闊達に聞こえる

極めつけはユーミン(松任谷由実)の「とまどうペリカン」で
彼女の歌声に織り込まれたスピリットは
ニューミュージックなどといわれる音作りで覆われていても
コアの部分は美空ひばりにも匹敵するほど
上質な演歌であるとはっきりわかりました

もしかしたら陽水の曲は美しい飾りガラスで作られた
正方形の箱のようなものなのかもしれません
たとえ井上陽水の世界を陽水らしく表現しようとしても
ミュージシャンの本質の方がガラスを通して
きらめいてしまう
演じるものはマジックミラー仕立ての部屋のなかで
自らが一番芯に持つものをさらけ出してしまう

井上陽水の歌がトリビュートされるとき
人はガラス箱を外から眺め
内側で表現されるさまざまなものに
自らを投影して感情移入を果たすということなのだろうと
思います

ただ、井上陽水自身が彼の歌を歌うとき
観客がとこにいるかというと
多分ガラス箱のなか・・・
そこがまた不可思議なところで
他のミュージシャンの歌が多くの人に訴えかけていくのに対し
井上陽水の歌声には
コア側にすべてを引っ張り込むような強さを感じます
なんというか、彼の歌声が聞き手に与える視点はガラスの中から
外を眺めているような印象を聞き手にもたらすのです

芝居などでも、自分が第三者として感情移入をする役者と
自分を取り込んでくれるような役者がいるじゃないですか
それと同じことなのかもしれません

いずれにしても
聴きなれた陽水の曲にもかかわらず
ちょっとした驚きをもって
このアルバムを聴いたことでした
「夢の中へ」の不思議がよみがえって
通して14曲を聴いたあと
もう一度、ひとつひとつの曲を
歌詞を追いながら聴きたくなりました

R-Club

| | Comments (0) | TrackBack (0)