« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »

ラフメーカー『面影橋で逢いましょう』、戯曲の確かさに支えられた2バージョン

2015年4月24・27日ソワレでラフメーカー『面影橋で逢いましょう』平成・昭和両チームを観ました。

会場は新宿眼科画廊地下。

この作品は以前のラフメーカーの公演でも2度ほど観ていて、その戯曲のしたたかさに強く心を惹かれていて。

今回、2バージョンでの公演ということで作品がどのようなテイストに仕上がっているのかも楽しみにして、劇場に足を運びました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "ラフメーカー『面影橋で逢いましょう』、戯曲の確かさに支えられた2バージョン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渡辺詩子企画展 『視曲線』、新たな表現の肌触りを与えられた3つの空間

2015年4月17日と19日の二日間で渡辺詩子企画展『視曲線』のA・B両プログラムを観ました。

会場は浅草ライオンビルスタジオ。

演劇や絵画といった既存の枠組みを踏み台にして空間とともに語る3つの作品、さらには飾られた絵画のひとつずつに、観る側を異なる感覚に染める力があって。

心を奪われる3作品や絵画でありました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "渡辺詩子企画展 『視曲線』、新たな表現の肌触りを与えられた3つの空間"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »