« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

ロ字ック『タイトル、拒絶』男には分からない感覚がありつつも・・・

2013年2月13日ソワレにてロ字ック『タイトル、拒絶』を観ました。

会場は新宿御苑前のサンモールスタジオ。

描き出される女性達の感覚に、男性には受け取りきれないような生々しさを感じつつ、
でも、その先に描かれる、日々を生きる感覚に深く捉われました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "ロ字ック『タイトル、拒絶』男には分からない感覚がありつつも・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOKYO PLAYERS COLLECTION『IN HER TWENTIES』再演に引き継がれたものと踏み出したもの

少し遅くなりましたが、2013年2月7日ソワレにてTOKYO PLAYERS COLLECTION『IN HER TWENTIES』を観ました。

会場は王子小劇場。

この作品、初演を2回観ていて・・・。
その語り口で描かれるものに息を呑んだ作品。

今回は、再演でしたが、
観終わって、改めて、描かれる世界の瑞々しさに
心を奪われました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください。)

続きを読む "TOKYO PLAYERS COLLECTION『IN HER TWENTIES』再演に引き継がれたものと踏み出したもの"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

On7『Butterflies in my stomach』淡く彩り豊か、そして内側に深い

2013年2月10日ソワレにて、On7『Butterflies in my stomach』を観ました。
会場は渋谷のSARAVAH東京。

On7(オンナナ)は、今まさに脂の乗り切っている、ほぼ同世代の女優さんと作・演出のユニット。

その世界には、複層の印象があって、気が付けば、表層の質感だけではなく、
内に染められる更なる色に驚く。

しっかりと深く取り込まれてしまいました。

(ここからはネタばれがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "On7『Butterflies in my stomach』淡く彩り豊か、そして内側に深い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東葛スポーツ『ドッグヴィル』元ネタを切取り供する腕の冴え

2013年2月11日ソワレにて東葛スポーツ『ドッグヴィル』を観ました。
会場は銀座線末広町から程近い、3331 Arts Chiyoda。

東葛スポーツについては、前回の『ビート・ジェネレーション』がとんでもなく面白くて、
今回も期待大。

楽日しか見ることができなかったので、
楽しみもれの少ないように(笑)、
ニコ動で元ネタを一通り鑑賞してからの観劇となりました。

その、映画版『ドックヴィル』、
とても不思議な構造や感触を持った作品で・・。
なんというか、映画的な多くの具象を放棄して、
舞台のような構造に描かれるものの本質を委ね
演劇的な構造の中に、
人間が根源的に内包している善良さの裏側が
剥ぎだされていく展開がものすごく面白くて、
観劇の予習という目的などすぐに忘れて見入ってしまう。

そうして、映画の世界を知った後に舞台を観て、
さらに異なるテイストに触れて・・・。
もう、『ドッグヴィル』の世界に幾色にも浸されてしまいました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください。)

続きを読む "東葛スポーツ『ドッグヴィル』元ネタを切取り供する腕の冴え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FUKAIPRODUCE羽衣『サロメvsヨカナーン』妙ージカルからの踏み出し

2013年2月1日ソワレにてFUKAIPRODUCE羽衣『サロメvsヨカナーン』を観ました。

会場は東京芸術劇場 シアターイースト。

自ら妙-ジカルと呼ぶそのスタイルが、さらに進化して、
独特のテイストをもったコンセプトミュージカルの域にまで
昇華した感じがする。(もはや妙ではない・・・。)

観終わって、直ちに再見を決意。
両日とも、舞台に描かれる男女の世界たちと
そこに、置かれたワイルドな世界の普遍に
がっつりとはまり込んでしまいました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "FUKAIPRODUCE羽衣『サロメvsヨカナーン』妙ージカルからの踏み出し"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Q『いのちのちQ』、分かりやすさからの広がり

2013年2月9日マチネで、Q『いのちのちQ』を観ました。

会場は、関内駅からほど近い、「さくらWORKS」。
ちょっと面白い雰囲気や形状をもったスペースですが、
舞台などの表現のスペースとして使われるのは初めてとのこと。

Qは去年の夏、冬と観てこれが三回目の団体ですが、
作品に込められたものに、
作り手の切り口や表現の独特のテイストがあって。
今回は今まで観た中で、一番わかりやすく感じましたが、
その「分かりやすさ」からの踏み出しには、とても良い意味での
作り手のテイストがしっかりと織り込まれておりました。

(ここからねたばれがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "Q『いのちのちQ』、分かりやすさからの広がり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マームとジプシー『あっ、ストレンジャー』観る側を戦慄にまで至らしめる溢れ方

2013年1月18日ソワレにて、
マームとジプシー『あっ、ストレンジャー』を観ました。
会場は、吉祥寺シアター。

1月26日にもう一度観ています。

作品は、以前清澄白河にて上演されたものの再演というか大改訂版、
初演時の骨格は残りつつも、
やってくるものには、初演時から大きく育まれた感覚が随所にあって。

その終盤の溢れ方と、その世界を受け入れてしまう自らに、
戦慄すら思えたことでした。

(ここからネタばれがあります。十分にご注意ください)

続きを読む "マームとジプシー『あっ、ストレンジャー』観る側を戦慄にまで至らしめる溢れ方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »