« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

王子小劇場「佐藤佐吉演劇祭」楽しませていただきました。

2012年夏、6月末から9月中旬にかけて王子小劇場で開催された「佐藤佐吉演劇祭」を堪能。完食させていただきました。

劇団競泳水着「Goodnight」

まごころ18番勝負「錯惑の機序、或いはn質点系の自由度」

悪い芝居「カナヅチ女、夜泳ぐ」

シンクロ少女「少女教育」

ナカゴー「黛さん、現る!」

ロロ「父母姉僕弟君」

ピンク地底人「明日を落としても」

ぬいぐるみハンター「ゴミくずちゃん可愛い」

北京蝶々「都道府県パズル」

アマヤドリ「フリル」

10本の作品のどれ一つとして凡庸なものはなく、それぞれの洗練のなかで劇団の個性を感じさせてくれて。

作品自体のクオリティも高かったですが、加えて公演を見続けていた劇団の新しい一面を発見したり、新しく観る劇団の斬新な作風に触れることができたりといったことにもわくわくしました。

作品の感想については、作品ごワンダーランドのクロスレビューに応募させていただきました。演劇祭参加作品について、たくさんの方が感想を書かれています。他の方のレビューを読ませていただいて共感したり私が気付かなかった作品の別の面を教えていただいたりも。

ほんと、夏をたっぷり楽しませていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホチキス「クライシス百万馬力」看板に偽りなしの馬力を感じる

9月13日ソワレにてホチキス「クライシス百万馬力」を観ました。
会場は三軒茶屋のシアタートラム。

スタイリッシュで、どこか懐かしい世界観に浸されつつ、それを支える圧倒的な舞台の力を楽しむことができました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "ホチキス「クライシス百万馬力」看板に偽りなしの馬力を感じる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇団PEOPLE PURPLE 「クリスタルイヴ」オーソドックスを陳腐にさせない作劇

2012年9月7日ソワレにて劇団PEOPLE PURPLE「クリスタル イヴ」を観ました。
会場はSPACE107。

歳がばれちゃうけど、この劇場、20年ぶりくらいかも・・・。その時には関西から来たMotherの「子供の一生」を観て、心の芯までぞくっとなった。

そして、今回も関西からの劇団のお芝居、たっぷりと楽しませていただきました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "劇団PEOPLE PURPLE 「クリスタルイヴ」オーソドックスを陳腐にさせない作劇"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラフメーカー「ユリコレクション」時をシームレスに束ねる演技とひかりたち

2012年9月6日ソワレでラフメーカー「ユリコレクション」を観ました。

会場は池袋シアターグリーンBox in Box シアター。

前々から気になっている劇団ではあったのですが、拝見するのは初めて。
その時間や人の繋ぎ方のしなやかさに目を瞠りました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "ラフメーカー「ユリコレクション」時をシームレスに束ねる演技とひかりたち"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蜂寅企画「沈黙のしらぬゐ」最後まで解ききる作劇の冴え

2012年9月5日ソワレにて蜂寅企画「沈黙のしらぬゐ」を観てきました。

会場は西武池袋線東長崎からほど近いてあとるらぽう。

物語を最後まで解ききる作家の力量に目を瞠りました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください。)

続きを読む "蜂寅企画「沈黙のしらぬゐ」最後まで解ききる作劇の冴え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京福袋2日目を観ました(CORPUS、めずらしいキノコ舞踏団、柿喰う客、東京デスロック)

2012年9月3日、東京芸術劇場リニューアル記念、「東京福袋」の2日目を見ました。

4団体の公演それぞれに、観る側を強く引き入れるような洗練があって。
夏ばてなどどこかに行ってしまうような、良質の舞台を体験できました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "東京福袋2日目を観ました(CORPUS、めずらしいキノコ舞踏団、柿喰う客、東京デスロック)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »