« ジェットラグプロデュース「リ・メンバー」作品全体のメリハリに組み上がる上質なエンタティメント | トップページ | Borobon企画「涼~すずみ~水」ラフな舞台を塗り替える芝居の上質さ »

RONNIE ROCKET Reading#3「ともだちのそうしき」、戯曲に挑み戯曲を遊ぶ、役者が醸すおもしろさ

2012年7月14日と15日にRONNIE ROCKET Reading#3 「ともだちのそうしき」を観ました。

会場は小田急線東北沢もしくは京王線笹塚から少し歩いたところにある大吉カフェ。

ほぼ同じ戯曲(細かい部分にはいくつかのバージョンがあるよう)をふたりの役者で演じ上げていく。
4月、5月の公演を観て、観れば観るほど面白くて・・・。

今回は残念ながら2組しか観ることができませんでしたが、みたび訪れたその面白さに浸り、観ることのできなかった残りの7組がとても残念に思えたことでした。

(ここからねたバレがあります。十分にご留意ください)

脚本・演出 : 仗桐安

・7月14日14時の回
 出演 : ザネリ/渡辺詩子

ザネリは初参戦、一方渡辺詩子は今年3回目、
vs村井美樹/vs菊川朝子を観ています。
ただ、今回はこれまでと反対のロールでの演技。

冒頭、トーンの微妙なかみ合わなさを感じて。
場の密度は立ち上がっているのですが
二人の空気が微妙に混ざり合っていかない。
でも、そのことが、見知らぬ二人が出会い
亡くなった友人を語り合っていくという展開に
ステレオタイプにならない質感と
厚みを与えていきます。

ザネリの醸しだすテンションが、
キャラクターに対する記憶を
すっと浮かび上がらせ、
一方で渡辺詩子の言葉は
観る側に同じ人物の異なる側面を積み上げていく。

物語を知っていても、
観る側をどきどきさせるような
役者達の単純に迎合しないキャラクターの作りこみが
二人の空気からそれぞれに解ける友人の姿の
どこか歪な部分(ほめ言葉)に
リアリティをすっと編み上げて。

見終わって、ある種の疾走感と
しっかりと役者達に引っ張られ続けた充実感のようなものを
感じることができました。

・7月15日 20時の回
 出演:百花亜希/中谷真由美

この二人は前回と同じ組み合わせの同じロール。
だからというわけでもないのだろうけれど、
攻めてたなぁ、二人とも。
導入部からキャラクターの作りこみに迷いがなく、
そのキャラクターを纏って、
物語の枠は守りつつも
律儀に縛られることなく
どこかヒリヒリするようなテンションとともに
空気を醸成していく。

ロールが、個々のキャラクターへの
しなやかかデフォルメとともに紡ぎだされ、
観る側に挑むようなチャレンジングなメリハリとともに
台詞の行間すら越えて編み上げられていきます。
二人の役者と観る側のせめぎあいの中から
その刹那に誘い込み、嵌りこませ、のめりこませるような
質感を生み出していく。
単にラフに自由に演じているわけではない。
戯曲自体はきっと、
恐ろしく周到に読み込まれていて、
だからこそ、遊ぶことが出来る境地があって。
時には所作をそろえてipadをスクロールさせて
シーンを勧めるなどという
小洒落た仕掛けも編みこんで・・・。
でも、一方で、空間の作りこみに観る側を引き込んでも
守りに入らず、
むしろ作りこんだ世界を足場にして、
物語に繋がれた舫の長さぎりぎりまで
演じることを遊んでいく。
時として、地語りの部分の入り込む隙すら奪ってしまうような
そのかぶき方や、戯曲からのぎりぎりの踏み出しが、
観る側にある種のグルーブ感すら与えていくのです。

なんだろ、ずっとわくわく観て、
とても新鮮な感覚で
物語を追いかけていた。

*** *** ***

15日を観終わって、
次の公演はいつあるのかなぁなどと
真剣におもったり。

できれば、季節ごとに
定期的に観られるとよいなぁ。
作り手はたまったものではないのでしょうけれど・・。
このフォーマット、嵌れば嵌るほど魅力が増していくのです。

|

« ジェットラグプロデュース「リ・メンバー」作品全体のメリハリに組み上がる上質なエンタティメント | トップページ | Borobon企画「涼~すずみ~水」ラフな舞台を塗り替える芝居の上質さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RONNIE ROCKET Reading#3「ともだちのそうしき」、戯曲に挑み戯曲を遊ぶ、役者が醸すおもしろさ:

« ジェットラグプロデュース「リ・メンバー」作品全体のメリハリに組み上がる上質なエンタティメント | トップページ | Borobon企画「涼~すずみ~水」ラフな舞台を塗り替える芝居の上質さ »