« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

中野成樹+フランケンズ「ナカフラ演劇展」カジュアルで奥深い演劇の魅力

2012年6月7日~17日にかけて、こまばアゴラ劇場での「ナカフラ演劇展」を観ました。

A・B・C3つのプログラムの5作品を日にちを変えて拝見。
(Aは2バージョン、加えてサポートアクトが2種類あり)

それぞれに色の違いを持ちつつも、
どの作品にも、この作り手だからと思わせるクッキリとした印象が残りました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "中野成樹+フランケンズ「ナカフラ演劇展」カジュアルで奥深い演劇の魅力"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先月の補遺、(NODA・MAP「THE BEE」、ナイロン100℃「百年の秘密」、オフィス3○○「月に濡れた手」)

5月も結構お芝居を見たのですが、その中でも印象が強すぎて、アップできなかった作品の
少し遅れての感想をいくつか・・。

一ヶ月たって、なんとなく少し自分の中で整理できてきたので、
メモしていた印象をもまとめておきたいと思います。

(ここから先はネタばれ部分がありますので、ご留意の上お読みください。)

続きを読む "先月の補遺、(NODA・MAP「THE BEE」、ナイロン100℃「百年の秘密」、オフィス3○○「月に濡れた手」)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

RONNIE ROCKET「ともだちのそうしき」演じ手を見せるフォーマット

2012年5月26日にRONNIE ROCKET「ともだちのそうしき」をみました。

会場は、前回に続いて、東北沢駅から歩いて10分ほどのところにある大吉カフェ。

出演者の方が急病降板といったアクシデントもあったのですが、
急遽登板の役者さんが、また異なるテイストを醸し出し代役を勤めあげたりもして。


今回も女性バージョン2組を拝見。ほぼ同じ物語でありながら、
演じ手たちが醸し出す色の違いやそれぞれ独自のふくよかさを
たっぷり楽しませて頂きました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "RONNIE ROCKET「ともだちのそうしき」演じ手を見せるフォーマット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青☆組「キツネの嫁入り」むかしむかしの立ち位置に置かれたもののリアリティ

2012年5月28日ソワレにて青☆組「キツネの嫁入り」を観ました。
会場はこまばアゴラ劇場。

秀逸な舞台美術のなかで紡ぎだされるむかしばなしの、
その顛末の向こうに垣間見えるものに
息を呑みました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください。特に、これからご覧になる予定のある方は、観終わってからお読みいただくことをお勧めいたします)

続きを読む "青☆組「キツネの嫁入り」むかしむかしの立ち位置に置かれたもののリアリティ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »