« 世田谷シルク「Kon‐Kon、昔話」豊かな表現で組み上げる物語のアラモード | トップページ | BoroBon企画「ことば Vol.2」様々に豊かな語りたち »

芝居流通センターデス電所「ジョギリ婦人」ミュージカル風絶品ホラーのさらに奥

2012年3月26日ソワレにて芝居流通センターデス電所「ジョギリ婦人」を観ました。

会場は下北沢、劇小劇場。

良い子や気の弱い方だとかなり刺激の強い内容をもったミュージカルテイストのお芝居。
どきどきしながら、物語の展開にがっつり嵌ってしまいました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください)

作/演出:竹内佑

音楽/演奏:和田俊輔

振付:豊田真吾

出演:山村涼子/田嶋杏子/丸山英彦/豊田真吾/福田靖久
浅見紘至/根田亜夢


芝居流通センターデス電所、初見。
これまでも名前は何度も伺っていたし
とても気になる劇団ではあったのですが・・・。
そのわりに、どんなお芝居をする団体かも知らず、
本当になんの予備知識も持たずに観劇。

しかも、個人的な事情で
結構疲労困憊という観客としてあるまじき状況で席につく・・・。
で、始まるやいなやのクオリティをしっかりと担保された
ミュージカルのテイストに舞台全体を満たされて愕然。
(お恥ずかしい話ですが、当パンを読む気力もなかった私は
生演奏や歌が流れるまで
作品がミュージカル風であることすら知りませんでした)

で、もっと驚いたことには、
これがミュージカルとしていけてるのですよ。
役者たちが個々のシーンでの歌や演技を
ミュージカルの流れに安易にのせず
しっかりと足を踏ん張り
切っ先を作って演じている感じがとてもよい。
若干役者間での歌唱力の優劣はあるのですが、
それでも、歌への入り込み方や重ね方、
さらには聴かせどころの作り方、
動きの作り方もよく練られているし
素の説明や演技で物語を進めるのではなく
あくまでも音楽とともに場の深度を作り上げていくような展開は
観る側を醒めさせることなく
物語に引き込んでいく。
また物語を託されたナンバー達にも
しっかりと耳にとどまり
場を一気に包括するする秀逸さがあって。

短い伏線の張り方というか、
一つのシーンの中に
一歩の何分の一かの次のシーンが重ね合わされていくあたりも
音楽の秀逸さに足を留めさせることなく
もたつきのない物語の流れへと観る側を導いてくれる。
で、そもそも物語自体が冒頭からしっかりと面白いのですよ。
隠されたものが次第に姿を現わしていく前半、
音楽のテイストと戯画化された部分とリアリティが
実にバランスよく観る側を巻き込んでいく。
だから、展開が見せる、
様々な物語の面の一つずつに
しっかりと揺さぶられてしまう。
そして、気が付けば、
単なる復讐劇の顛末を通り越して
人間が根源的にもつ心のありようや闇の世界に足を踏み入れていて。

それなりのバイオレンスシーンや
男性が竦み上がるようなシーンもあるのですが、
表現の切っ先を鈍らせたり誤魔化さないことで
組み上げられていくニュアンスにこそ心を奪われてしまう。

まあ、R15的な部分も多々あるのですが、
それもテイストとして生かされていて・・・。
ミュージカルという形式を
表現の武器としてしたたかに使いこなす
作り手や演じてたちの力量にぞくぞくきました。
しかも、初めにミュージカルありきではない
物語に作意を込めるスタンスのようなものがあって、
だからこそ、シーンたちの一つずつが
流されない強さを持ち、
それぞれの局面が見せる舞台の面の変化のようなものにも
抵抗なくがっつりと取り込まれてしまったのだと思う。

観終わってみると、劇場に入った時に感じていた疲れなどどこへやら、
ダークでクリアな、見晴らしをもった感覚とともに、
豊かな表現に接した時の高揚にしっかりと浸されて、
作品と直接の関係はないのですが
人が生きることの原罪てきなことをぼんやり考えたりもして・・・。

帰り道にスマホで泥縄式にググってみたのですが
別にミュージカル専門劇団というわけでもないらしい。、
実際に見ても、
豊かな表現の引き出しが垣間見える団体で・・・。
この劇団が、次にどのような作品を作り上げるのかとても楽しみ
次回公演も是非に観に行きたくなりました。

|

« 世田谷シルク「Kon‐Kon、昔話」豊かな表現で組み上げる物語のアラモード | トップページ | BoroBon企画「ことば Vol.2」様々に豊かな語りたち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芝居流通センターデス電所「ジョギリ婦人」ミュージカル風絶品ホラーのさらに奥:

« 世田谷シルク「Kon‐Kon、昔話」豊かな表現で組み上げる物語のアラモード | トップページ | BoroBon企画「ことば Vol.2」様々に豊かな語りたち »