« ホチキス「砂利塚アンリミテッド」個性が被らずに編み上がる | トップページ | マームとジプシー「Kと真夜中のほとりで」更なるスキルとメソッドを纏って(一部改訂) »

劇団ガバメンツ「ハイヤーズ・ハイ」したたかな構造が作り上げる秀逸な喜劇の肌触り

2011年10月16日ソワレにて、劇団ガバメンツ「ハイヤーズ・ハイ」を観ました。
会場は中野の劇場HOPE。

関西の劇団ということで、
よい意味でのベタさがないわけではなかったのですが、
それよりも、なによりも、
久しぶりに洗練された喜劇の醍醐味を味わうことができました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください)

作・演出:早川康介
出演:青木直敬  近藤貴久  片山誠子(ソラ豆) 神定まお(ホリプロ) 木内義一(テノヒラサイズ) 猿渡美穂  芝なぎさ  島岡亮丞  田中誠行 豊田智子 西岡裕子(en:en)  西原希蓉美 横山太郎(ともにょ企画)

劇場に入ると、そこにはシンプルな舞台。
ちょっとゆったり目に並べられた客席。東京公演2度目の劇団とのこと。

ちょっと小洒落た「サマータイム」などが流されて、
劇場にいる心地よさを感じつつ開演待ち。

冒頭のタクシー運転手のキャラクターの作りこみ、
さらにはそれに付き合う客が感じるウザさから
こんな物語の展開になるとは想像もしなかった。

そこにもう一人の女性が加わって、
二人の素性が次第に明るみになるなかで
メインディッシュが姿を現わします。

二人の作家が、車内でとある俳優の死を惜しんで綴っていく
エアーのドラマ。

タクシー内の空気がうまくコントロールされて、
戯れに物語を綴る質感が舞台に置かれ、
そこから、3人が嵌り込み
一場面ずつが組み上がっていく感じにもすいっと引きこまれていく。
作家が互いに抱く感情や、
作劇に対してある意味インセントな運転手のアイデアの可笑しさ。
それらによって色を変えていく
劇中劇自体の膨らみや可笑しさが
舞台の厚みを着実に作り上げていきます。
その世界と、ドラマを綴る3人の織り上がり方に
抜群のセンスがあって、
気が付けば、観る側も、
基本的に椅子4脚だけで綴られるドラマの視聴者として
その展開を見つめている。
一方で、物語の外枠である、タクシー内の密度や高揚感のようなものにも
心奪われていて・・・。

運転手によるドラマのキャラクターの
名前付けの可笑しさなどから、
しっかりとプロの二人の手腕が浮かび上がる。
二人の作家の作風の違いや
一方でプロの作家の作劇の矜持のようなものも
きっちりとドラマの密度や広がりを作って行きます。
ドラマの中のキャラクターたちの個性が
揺らぎながらもその場での実存感を醸し出していて
ドラマの展開が、ある種のグルーブ感にまで至る。

劇中劇の主人公やその同僚、あるいは上司にも
表層のデフォルメとは別の
しっかりとナチュラルな匂いというか実存感が残されていて。
それは受付の二人にしても同じこと。
それぞれの個性や内なる距離感までがきっちりと描かれていく。
キャビンアテンダントや旅館の仲居さんにしても
次第にキャラクターが広がっていく感じが
そのままドラマの雰囲気への繋がっていて。
部長の奥さんの醸し出す家庭のリアリティを持った肌触り。
恋人役的な同僚の女性のイノセントさの貫きなども圧巻。

単にシチュエーションに物語をプリントした生地の風合いではなく
ペルシャ絨毯のことく、
タクシーの会話と劇中劇が織り上げられて生まれた肌触りがあって。
タクシーの中とドラマでのそれぞれの伏線の回収も
時にはクロスオーバーして
しなやかに
なおかつ観る側を捉えるに足りる踏み込みがある。

それらを演じる役者たちのお芝居にも抜群の安定感。
なおかつ、キャラクターの色を保ちつつ
舞台の色の変化を無理なく創り出していく
切れと懐の深さのようなものがあって。
だから、舞台の厚みがベタつきや重さにならず
観る側にもたれない。

たとえば、終盤に、
作り手の想いを込めたシーンのなかで
主人公が相手の名前を呼ぶと
運転手によっていい加減に付けられた同姓のキャラクターが
またぞろ現れてしまうくだりなど
単品では思いっきりベタなギャグなのですが、
それを生かして大きな笑いにつなげる作りこみがこの舞台にはある。

ラストシーンも秀逸。
作家が降りるときの
タクシーのびっくりするような料金に、
観る側がどれだけその舞台にはまっていたのかも
さりげなく提示されて・・・。

なんだろ、歳がばれますが
昔々、ブレイク途上の東京サンシャインボーイズの
舞台に接した時のような満たされ感があって、
ああ、良いものを観たなぁと思う。

私が観た回は若干観客が少なかったですけれど、
この劇団には、頑張って東京公演を続けてほしい。
劇場公演だけではなく、昨今流行りのカフェ公演などでも
しっかりとした作品を紡ぎ出す力があるのだろうし、
いろんなやり方があるはず。
よしんば東京であっても、
やがてはもっと大きな箱や長期間の公演で
観客をいっぱいにする実力を
もった団体だと思うのです。

|

« ホチキス「砂利塚アンリミテッド」個性が被らずに編み上がる | トップページ | マームとジプシー「Kと真夜中のほとりで」更なるスキルとメソッドを纏って(一部改訂) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 劇団ガバメンツ「ハイヤーズ・ハイ」したたかな構造が作り上げる秀逸な喜劇の肌触り:

« ホチキス「砂利塚アンリミテッド」個性が被らずに編み上がる | トップページ | マームとジプシー「Kと真夜中のほとりで」更なるスキルとメソッドを纏って(一部改訂) »