« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

DULL-COLORED POP 「Caesiumberry Jam」今を強く映し出す物語に織りこまれた普遍的なメカニズム

2011年8月21日ソワレにてDULL-COLORED POP 「Caesiumberry Jam」を観ました。

会場は池袋シアターグリーン、Box in Box。
数日前、結婚式が行われた劇場に
ひとつの場所の風景が刻まれ続けて・・・。

再演作品とのことですが、描かれた時間に現在のリアリティが重なって・・。
作り手の舞台を編み上げる才とそれを時間に織りあげる役者たちの力に
がっつりと捉えられてしまいました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "DULL-COLORED POP 「Caesiumberry Jam」今を強く映し出す物語に織りこまれた普遍的なメカニズム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マームとジプシー「塩ふる世界。」、「待ってた食卓、」表現手法の広がりが育む更なる豊かさ

2011年8月17日・20日それぞれとソワレにてマームとジプシーの2作品をみました。
「塩ふる世界。」と「待っていた食卓、」、
会場はいずれも横浜STスポット。

この劇団の作品を観たのはアゴラ劇場での「たうたゆ、もゆる」が最初。
その後、公演を観るたびに観る側を瞠目させる質感が舞台に生まれていて。

今回の2作品でも、これまでとはまた異なる質感に包まれていて
むさぼるようにひたすら舞台を見続けてしまいました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "マームとジプシー「塩ふる世界。」、「待ってた食卓、」表現手法の広がりが育む更なる豊かさ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CRUSH THE TYMKS「星の降らない夜明け前」四肢の動きが作り出す鋭角を感じさせないグルーブ感

2011年8月23日20時の回で
CRUSH THE TYMKS「星の降らない夜明け前」を観ました。

観る側の目を釘付けにするダンスの洗練には
刻み込む動きの精度としなやかさが共存していて・・・。

がっつりと心を奪われてしまいました。

(ここから先には、パフォーマンスの内容に関する記述がありますので、ご留意ください)

続きを読む "CRUSH THE TYMKS「星の降らない夜明け前」四肢の動きが作り出す鋭角を感じさせないグルーブ感"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エビス駅前バープロデュース「くすり・ゆび・きり」脚本と演出の意外で素敵な相性の良さ

2011年8月22日21時の回でエビス駅前バープロデュース、「くすり・ゆび・きり」を観ました。

会社帰りに余裕で立ち寄れる開演時間が嬉しい。
しかも、そのお芝居はしっかりとしたボディとベクトル豊かな可笑しさに満たされておりました。

(ここからねたバレがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "エビス駅前バープロデュース「くすり・ゆび・きり」脚本と演出の意外で素敵な相性の良さ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーストラマコンドー「チャイムが鳴り終わる時」曖昧な今に埋もれた記憶を掘り起こす手腕

2011年8月10日ソワレにてオーストラマコンドー「チャイムがなり終わる時」を観ました。
会場は吉祥寺シアター。

やや長めの尺の舞台でしたが、描き出す時間の肌触りをたっぷり感じることができました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "オーストラマコンドー「チャイムが鳴り終わる時」曖昧な今に埋もれた記憶を掘り起こす手腕"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キリンバズウカ「マッチ・アップ・ポンプ」満ちて、積もり、溢れだすものの普遍性

2011年8月6日にキリンバズウカ「マッチ・アップ・ポンプ」を観ました。
会場は川崎市アートセンター アルテリオ小劇場。

登場人物たちの関係性や心情の細密な描き出しにがっつりと目を奪われてしまいました。

(ここからネタばれがあります。十分ご留意くださいませ)

続きを読む "キリンバズウカ「マッチ・アップ・ポンプ」満ちて、積もり、溢れだすものの普遍性"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ミームの心臓「ケージ」慧眼に裏打ちされた物語の構築

2011年8月6日マチネにてミームの心臓を観ました。
会場は池袋シアターグリーン、ベースシアター。

劇団については旗揚げ公演を観ていて、物語る力を感じていたので
今回公演も楽しみにいたしておりました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "ミームの心臓「ケージ」慧眼に裏打ちされた物語の構築"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みきかせプロジェクト「流星群アイスクリン あずき味」切れをもったテイスト

2011年8月4日ソワレにて、みきかせプロジェクト「流星群アイスクリン あずき味」を観ました。

会場は八幡山ワーサルシアター。

蜂寅企画と味わい堂々の2作品、それぞれに高い完成度があり、
ショーケース的な感覚ではなく、
「みきかせ」の制約が育てたであろう作品のもつテイストを
たっぷりと楽しむことができました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "みきかせプロジェクト「流星群アイスクリン あずき味」切れをもったテイスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やまねこ企画 「授業」 唖然、愕然、突き抜けておもしろく、残る

2011年8月7日ソワレにて、やまねこ企画「授業」を観ました。
会場は茅場町のプレビト。
ちょっとレトロなビルを階段で5階まで上がっていきます。
これが、観る側を空間に慣らしてくれるような感じがあって
なかなか良いのですよ・・・。
日頃エレベーター馴れをした観客を励ますような
小さなメッセージが置かれていたりしてちょっと楽しい。

たどり着いた場所は、適度に広いスペースで
置かれているものはちょっと骨董屋の風情も。
三方の壁際に並べられた素敵に不ぞろいな椅子たちから、
一席を選んで開演を待ちます。

(ここからネタばれがあります。充分にご留意ください)

続きを読む "やまねこ企画 「授業」 唖然、愕然、突き抜けておもしろく、残る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青☆組「パール食堂のマリア」たくさんの時間の編み上がりに抱かれて

2011年7月29日ソワレにて青☆組「パール食堂のマリア」を観ました。

会場は三鷹芸術センター、星のホール。

これまで、比較的小さな場所で観ることが多かった青☆組のお芝居、
広く高さをもった空間が、その広がりをさらに大きなものとしてくれました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "青☆組「パール食堂のマリア」たくさんの時間の編み上がりに抱かれて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

声をだすと気持ちがいいの会「黒猫」知られた物語に引き込む手腕

2011年7月30日マチネにて声を出すと気持ちがいいの会「黒猫」を観ました。

会場はシアターグリーンベースシアター。

ベースになる作品は、
うろ覚えだけれど知っていて。
にもかかわらず、
しっかりと物語に縛り付ける力を感じる舞台となりました。

(ここからネタばれがあります。ご留意ください。)

続きを読む "声をだすと気持ちがいいの会「黒猫」知られた物語に引き込む手腕"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »