« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

劇26.25団「可愛い怪物」口当たりの軽さを醸し出す力量

2010年12月25日ソワレにて劇26.25団「可愛い怪物」を観ました。会場は下北沢駅前劇場。

ちょっと不規則な物語の進め方がしっかりと生きて、時間を忘れて見入ってしまいました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "劇26.25団「可愛い怪物」口当たりの軽さを醸し出す力量"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ろりえ「女優」ボリューム感の必然性

2010年12月24日、ソワレにて
ろりえ「女優」を観ました。

「おんなやさしい」かぁ・・・と感嘆。

がっつりと見応えがたっぷりの舞台でありました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "ろりえ「女優」ボリューム感の必然性"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

miel(ミエル) #001 『こ こ ち  り』スタイリッシュに潜む深さ

2010年12月23日 ソワレにてmiel「こ こ  ち   り」をみました

会場は板橋のアトリエセンティオ。

スタイリッシュで刺激的な舞台を堪能しました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "miel(ミエル) #001 『こ こ ち  り』スタイリッシュに潜む深さ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うさぎストライプ Vol.0 「おやすみなさい」切り取るセンス

2010年12月22日 ソワレにてうさぎストライプ Vol.0「おやすみなさい」を観ました。会場はアトリエ春風舎。

作り手の才の片鱗を感じることができました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "うさぎストライプ Vol.0 「おやすみなさい」切り取るセンス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15Minutes Made #10 粒ぞろいの表現

2010年12月17日ソワレにて15Minutes Made #10を観ました。場所は池袋シアターグリーン Box in Box シアター。

回を重ねるごとに進化していくこの催し、今回は個々の作品の輝きに強く心惹かれました。

(ここからはネタばれがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "15Minutes Made #10 粒ぞろいの表現"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

北京蝶々「あなたの部品 リライト」 新しい広がり

少し遅れてしまいましたが、2012年12月14日ソワレにて北京蝶々「あなたの部品 リライト」を見ました。会場は渋谷Le Deco4。

外部から演出を招いての初演とはまったく異なる作品の質感に、新しい劇団の力を感じて・・・。

見応えのある作品となりました。

(ここからねたばれがあります。十分にご留意ください

続きを読む "北京蝶々「あなたの部品 リライト」 新しい広がり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ヴェールを纏った女たち」言葉に織り込まれた普遍性の抽出

2010年12月19日 ソワレ、ITI日本センター主催の「紛争地域から生まれた演劇2」より「ヴェールを纏った女たち」のリーディング公演を観ました。

場所はシアターイワト3F。

伝わってくるものの言葉を超えた肌合いに圧倒されまsした。

(ここからネタバレがあります。ご留意ください)

続きを読む "「ヴェールを纏った女たち」言葉に織り込まれた普遍性の抽出"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DART'S 「The Lifemaker」 半歩凌駕して観客を引き込む

12月7日、渋谷Le Deco5にてDART’S 「The Lifemaker」を観ました。前作「In The Playroom」を観て本当に楽しみにしていた作品。

期待にたがわぬ出色の出来に大満足の観劇となりました。

(ここから ネタばれがあります。十分にご留意ください)

続きを読む "DART'S 「The Lifemaker」 半歩凌駕して観客を引き込む"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ムシラセ「甘神」洗練にひそむ生々しさ

2010年12月3日、ムシラセ「甘神」を観ました。会場はシアターサンモール。

ある種の洗練を感じる舞台、スタイリッシュな表現に浮かび上がる主人公のリアリティに取り込まれてしまいました。

(ここからネタバレがあります。十分にご留意ください。)

続きを読む "ムシラセ「甘神」洗練にひそむ生々しさ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »