« 時間堂「月並みなはなし」空間に広がる世界、空間を満たす力 | トップページ | 粗さがあっても広がりが・・「卒業?」(111)、「Fight Alone 2nd story」(Emukichi-beat)=ちょっと改訂 »

年年有魚「Bench Time」心地よい揺らぎ

2010年3月14日マチネにて年年有魚「Bench Time」を観ました。場所は新宿眼科画廊。

とても居心地のよい空間で、しなやかに揺らいだ時間を体感することができました。

(ここからネタばれがあります。十分にご留意ください。)

場内はひろいリビングのような感じ。靴を脱いで上がるだけでもかなりリラックスものなのですが、そこに飲み物がサーブされるのがまたうれしい。

紙コップではなくマグカップで(これもうれしい)温かい紅茶を飲みながら、ほわっとしてゆっくりと開演を待つのですが、その時間とお芝居のはじまりの境がとても希薄。ずるずるっとお芝居の世界に移行する感じ。スクリーンに映しだされる設定に遊び心をくすぐられながら、気がつけばその場の成り行きに心を奪われている。

川柳教室のスタッフとそこにやってきたお客たち・・・。カードで選ばれた頭の文字から川柳をひねり出していくゲーム自体のおかしさも、その場になじむ。差し入れのお菓子が観客にもまわされたり(これも良いアイデア)、句を考える時間がとても自然だったりだったりするなかで、場のテンションにしなやかなゆらぎが生まれて、それが「舞台上の物語」という意識が薄い観客に不思議なリアリティを運んでくる。面と向かって芝居を見るというより、そばで展開していくエピソードに対して好奇心いっぱいに耳をそばだててしまう感じ。

エピソードたちから登場人物たちの心の綾がどんどんと観る側に入ってくる。「へぇ~、そうなんだ」みたいな感じでいろんなことが浮かぶたびに、キャラクターたちの色が観る側に広がる。。そんな感じで、ちょっとファジーな想いや心の動きも繊細に観る側に伝わってくるのです。交わされる言葉はシニカルだったり、コミカルだったり、いじわるだったりもするのですが、それらが変に綺麗にまとめられずに、絶妙にランダムな感じで、浮かんだり重なったりするのがすごく良い。意識的に冗長な感じの間や舌足らずなセリフが絶妙なスパイスになっているのもうまいなぁと思う。

こういう空気感、ほんとうにはまる・・・。終演時、なんか拍手に加えて、「ごちそうさま」と頭を下げたくなるような・・・。涙を流して感動するということはないのですが、帰り支度をしながら、心がすっと潤った感じがするのです。人のいろんな感情をそのまま貰ったような感触が、べたな言い方ですがとてもよい。

出演:平田暁子・トツカユミコ・上出勇一・前 有佳・南場四呂右・松下知世・高橋ゆうこ・山下豪・手塚和典

それぞれに個性がしっかり作りこまれたお芝居で、登場人物たちの感覚や想いが平準化されず、ごろごろと観る側に晒され伝わってくることにも瞠目。それを支える作・演出の森下雄貴のしたたかな人間表現や空気の作り方にも、がっつりとした力量を感じたことでした。

|

« 時間堂「月並みなはなし」空間に広がる世界、空間を満たす力 | トップページ | 粗さがあっても広がりが・・「卒業?」(111)、「Fight Alone 2nd story」(Emukichi-beat)=ちょっと改訂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年年有魚「Bench Time」心地よい揺らぎ:

« 時間堂「月並みなはなし」空間に広がる世界、空間を満たす力 | トップページ | 粗さがあっても広がりが・・「卒業?」(111)、「Fight Alone 2nd story」(Emukichi-beat)=ちょっと改訂 »