« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

あひるなんちゃら「毒と音楽」、価値観をずらしての脳マッサージ・・・

やっぱりはまりました。不思議な時間でした。普通芝居を観ていると多少なりとも肩が凝ったりするのですが、なにか頭マッサージされたような感覚がある・・・。「あひるなんちゃら」、この劇団はやばいです。

70分の上演時間、大事件が起こるわけではありません。どこかルーズで「なるようになれ!」みたいな時間が舞台を支配します。しかし一方で色んな価値観がちゃんと舞台上を行きかいます。固定された視点とルーズな視点のアラベスクこそこの劇団の持ち味・・・。

(ここからネタバレです。警告です。心してお読みください)

そもそも、「毒と音楽」というタイトルの割にはバイエルのピアノ曲とカスタネット演奏以外に音楽は出てこないし・・・。ロックという概念が根無し草のように一人歩きするし・・・、でも妙におしゃれだったりもする。毒も実際には出てこない。概念がひとりでちょこっと遊んで見せるだけ・・・。

全体にルーズなバランスやルールで統制された世界,「ロック」や「フォーク」、「ピアノバー」などの言葉が定義する価値、それらをちょっとデフォルメするところからころがりはじめる物語、そして変化はあっても大勢に影響のない結末。

ふっと思うのは、ドリフターズ後期のコント、「ドリフの大爆笑」での不条理な志村けんの存在と同じ根をもっているなということ・・・。ドリフとあひるの見栄えは全然違うけれど、価値を作っておいて価値からナチュラルに逸脱させたなにかを提示して、その差がどんどん広がる様を見せていく手法は同じにおいがします。

まあ、ドリフターズはある価値観として手のひらにのっているものがどれだけ危ういかを爆笑という形にまで無理やり引っ張っていこうとするのに対して、あひるなんちゃらは観客のくすくす笑いを引き出しながら提示するところに主眼をおいているような気はしますが・・・。

それにしてもグレープフルーツジュースがらみの話などを見ていて、価値観をモディファイする手腕には驚かされます。バイトの店員とマスターの力関係が妙に逆転している店で客がグレープフルーツジュースを注文する。しかし、グレープフルーツジュースを切らしていたことから、マスターは買ってくるという。しかし店でふたりきりになりたくない客は自分の持っているグレープフルーツジュースを差し出す。さらにマスターこだわりの氷(2億年前の氷?)を切らしていることがわかりマスターが買ってこようとすると、やはり二人きりになりたくない客は氷抜きでよいという。で、マスターはグラスにそのジュースを注いで、観客が持ってきたグレープフルーツジュースはその瞬間からお店がだすお客様のリクエストに従ったグレープジュースという商品へと大変身・・・。

見方を変えれば客はその場にいるために、その場しのぎの妥協をくりかえして・・・。結果として 客>マスター>バイトという力関係が一般的な概念なのに、グレープフルーツジュースを切らしたというシチュエーションをトリガーにバイト>マスター>客という関係があひるなんちゃら的に構築してしまうのです。たてまえもしくは一般常識という仕組みの皮と仕組みの裏側に詰まっている実態というか本音のようなあんこが見えてくる。まるで饅頭に包丁をいれて二つにしたように。

そもそも、物語はバンドのリハーサルスタジオとバーという異なる二つの空間が交互に現れる仕組みになっているのですが、それぞれのちょっと価値観をゆがめられたような設定が「毒入り」ドリンクで結びつくとき、さらなるふくらみが舞台に生まれます。いい加減な設定がなんとなくふくらんで萎んで・・・。それが不思議におかしくて心地よい空間だったりする・・・。何なのでしょうね・・・。ちょっと脳をくちゅくちゅってもまれて、ふっとぼやけたものが見えてくるような心地よさ・・・。

脳内麻薬が少しだけ搾り出されて、何か癖になりそうなものが全身を包んで・・・。「あひるなんちゃら」の魅力、侮ってはいけません。一度見たら間違えなく癖になる何かを持った劇団です。

役者のこと、黒岩三佳の演技は、ベタな言い方だけれどまさに黒岩ワールドではまります。マスター役の田部寛之も黒岩パワーをしっかりと受けとめて好演でした。江崎穣のどこか超然としたところもよかった。スタジオ側の役者たちにも舞台になじむコントロールされたテンションがあって、それぞれに役割を十分果たしていましたが、特にウメノ役の金沢涼恵のどこか超越したようなトーンが目を惹きました。

王子小劇場の手作り演劇っぽいテイストも魅力的で、なんかほくほく幸せな気持ちで劇場を後にしたことでした。次も絶対観に行ってしまうような気がしまいます。この劇団・・・。ちょっと中毒になりそうです。

R-Club メインページへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

桂米朝師匠の豊穣で国宝的枯れ方

この週末はなんかすごく充実していました。

金曜日にはマシンガンデニーロ、土曜日には劇団本谷有希子、そして日曜日は桂米朝一門会です。

マシンガンデニーロ、作品としては穴があったりうまく機能していない部分もほんの少しあったけれど、でも観客をひきつけてはなさないようななにかを今回も内包していたような気がします。一種のトーンが舞台上に作れていて、それに乗っかっていく感じ。感想はR-Club本館にUP済です。

劇団本谷有希子はもうすこししたらこちらに感想を書こうと思っていますが、結論から言うと彼女の才、一段と深い部分を見せていただいた印象。ある意味わかりやすく、ちょっと切ない。そして表現方法の豊かさにやられた感じがしました。

で、桂米朝一門会、これはもう、本当に見ることができてよかったです。開口一番からトリまで充実の高座で、そのなかでも米朝師匠のすごさを痛感しました。吉の丞の「動物園」、前座噺の要件ともいえる勢いがあってしかも明るい。客を掴むという点ではこのうえもなくすばらしい出来。吉弥の「ふぐ鍋」も力がありました。夏に鍋の話というのもなかなか粋なもので・・・。ふぐを怖がる二人の登場人物にもどこか洒脱な部分があり、それ故ますます怖がる姿がおもしろい。米左の「七段目」、八百屋お七のはしごを上がるあたりから一気に乗った感じ。芝居噺にはやる方の素養が必要だということがよくわかりました。ぐっと決まるんですよ米左さんは・・・。ここ一番では役者顔に塗ってもいな隈取までみえるような…。芸の力ここに至るというかええものを見たという感じ・・・。役者話を見る素養がなくてもこれはおもろい・・・。

そして米朝師匠です。座った姿の品のよさはもうさすがというしか・・・。一方でご高齢で枕の流れが繰言のようになって・・・、観客をはらはらさせてくれたりもするのですが…。

でも、よく観ていると米朝師匠、何十%かは計算して同じことを話したり言葉をつまらせているような・・・。同じ話が何度か出てくるのですが注意深く聴いていると話が少しずつちゃんとかわっていたりするのです。で、引き込まれる。おまけにここで羽織を脱ぐかと思わせてちょっとじらしたり・・・。客はもう網にかかった魚状態になっている。

演目は「夏の医者」。頭部分の百姓の父親がちしゃ(日本古来のレタスのような植物だそうです)を食べ過ぎてお腹を壊す話は省略して、息子が山を超えた村まで医者を呼びにやってくるところから話は始まります。で、この医者ののんびりしていること。急病人にあせる百姓をよそに農作業をきりのよいところまでするとか、茶漬けをかきこむとか、気の長いこと。この段階で師匠の後ろには緑に囲まれた山村の風景画がきれいに浮かんでいる。それでも何とか出かけて山を越えようとするときには医者も薬箱を持った百姓の息子もくたくた・・。ふと見ると道が大木で塞がれているように見えて、とりあえずはそこに腰掛けてひとやすみ。ところが大木と思ったのは実はうわばみ(蛇)でふたりとも呑み込まれてしまいます。

ここからが米朝師匠、齢を重ねた芸の真骨頂、お腹のなかに呑みこまれてから、お医者さんはまずは一服とキセルを取り出す仕草。その見事なこと・・・。さらに焦る百姓を適当にやりすごして、煙草をつける姿はまさに完成された芸の世界・・・、ちょっと開き直ったような、でも思案がてらの煙草ということが、仕草からしっかりと伝わってきます。そしてここで枕の部分が効いてくるのです。百姓のちょっとした苛立ち、どうすれば良いのかわからない不安、頼らざるをえない気持ち・・・。それは枕で同じ話が繰り返された時のちょっとどうして良いかわからない観客の想いそのもの・・・。それを見せられているから医者のつける煙草と百姓のあわてふためきがますますリアリティに溢れてくる・・・。噺家なら煙草を吸う仕草はお手のもの、でも、あれだけ含蓄のある煙草の吸い方はそうできるものではない・・・。ああ、年老いて芸が実り枯れても味になるというのはこういうことなのかと瞠目・・・。

そのあと医者は下剤をまいて、うわばみから脱出するのですが、そのときの動きがびっくりするくらい力強い。噺がはじまったら枕の時の師匠とは別人です。田舎の夏のゆったりとした感じを出しながら医者をじっくりと描いておいてここ一番で一気に力を出す。最後のうわばみの表情、落ちのねたふりなんてなくても十分・・・。観るものはもう恐れ入るしかない。大喝采です。

ここで中入りしてもらわないと、後の高座は大変でしょう…。

中入り後の九雀〔題目:たらちねのような話だったが違ってた)、南光(皿屋敷)といったところはもう脂が乗り切ってる感じで、それはそれで大満足でした。この人たちの独演会、是非観たいと思いました。彼らの大きい噺・・・、今が聴き時でしょうから。でも、今回に限って言えば、一番印象にのこっていたのはやっぱり米朝師匠の至芸。そりゃ、師匠に今、「地獄八景」だの「らくだ」をやれといったとてそれは無理な話ですが、逆に今から10年前に師匠が「夏の医者」をやったとしてもきっと今回見たようなものではなかったはず・・。年老いてもただでは衰えない・・・、芸に対する執着を忘れない・・・。名人といわれる人の芸は計り知れないものだと実に感じ入ったことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さりげなく奥深い企み(北京蝶々 ドラマ進化論本編)

日曜日(6月3日ソワレ)に北京蝶々の「ドラマ進化論」本編を見てきました。

5月中旬に公演のあったβ版と物語の骨格は同じなのですけれどねぇ・・・。芝居としてはある意味格段に進化していました。

Bob Fosseの映画「All That Jazz」に映画がどんどんよくなっていく挿話があるじゃないですか。あれを地でいくような・・・。β版を見たときにも、よく出来た話だと思ったのですが、今回の公演を見ると、β版が芝居として進化を示すパーツだったことがよくわかりました

まず、β版でカオスというかごった煮になっていた部分が整理されて、個々の登場人物の立場が明確になったような気がします。。帯金ゆかり/白井妙美が演じるライバル女優たちの争いもすっきりとして、その結果として多数派たち実態のなさがかなりくっきりと見えた。β版でいちばん気になっていたラストの部分も見事に整理されて、説得力まで与えられていて・・・。

おもしろいなと思ったのは、物語のスキームが変わらなくても、ドラマが進化すると舞台から訴えかけてくるニュアンスもかなり変わってくること・・・。β版の時には双方向の情報醸成がもたらすある種の衆愚の表現みたいな感じが強かったのですが、今回はまったく逆にどんな状況でもなんとか折り合いがついてしまうドラマのしたたかさのようなものを感じました。アンケートの力という名目のもとドラマの見せ方を調整をすることで、観客にとっての舞台の見え方がこれほどまでに変わってしまうとは・・・・。ちょっと驚きでした。

それと同時にβ版と正式版の二つの公演の差異から表現というものの危うさがしっかりと伝わってきて・・・。物語が同じ言葉で語られたとしても、表現の仕方で色がいかようにも変わることを実験結果として示されたようにも感じました。さらに演劇において演出や役者の表現として問われるものがその背景に浮かんできて・・・。見方を変えれば今回の試みで北京蝶々は、観客と演劇の関係性だけでなく演劇における作り手の役割のようなものをあぶりだすことにも成功していたと思います。

そうそう、今回のバージョンでは脚本家の役割がやや重くなっていたような気がしたのですが、その結果、北京蝶々的な結論として彼女の視点こそがドラマの本質を見極めているというニュアンスが生まれていて、そこも興味深かったです。

まあ、脚本家を演じる鈴木麻美さんが本当によかったので、ますますそのような印象が強いのかもしれませんが・・・。β版の時にも彼女はアンカー(碇)のように物語がふらつくのをしっかり抑えていた印象があるのですが、今回のバージョンでは彼女の落ち着いた演技が物語を一層しっかりと束ねていたと思います。帯金さんのような派手さはないのですが、ぶれることなく舞台をコントロールする底力をさりげなく包み隠して演技ができる役者さん、こういう人が仕事をしていると本当に芝居の輪郭がはっきりとします。

役者のことを言うと、帯金ゆかり・白石妙美のおふたりはβ版にくらべてスリムなお芝居になりましたが、β版よりさらに芝居がしっかり地についていて好演だったと思います。帯金さんには天性とも思える演技の柔らかさがあって思わずひきこまれるし、白井さんには内に秘めた熱のようなものを表現するうまさを感じました。男優さんにしてもそうなのですが、北京蝶々の役者さんってタイプがばらばらでみんなベクトルの違う表現力を持っていることを本編でも再確認・・・。この表現力のバリエーションに観ているほうはけっこうわくわくします。

もうひとつ、映像も派手だとか奇をてらったものではないのですが、しっかりと舞台にはまっていて印象にのこりました…。一発芸ではなく作り手のセンスで勝負している部分に好感が持てました。

北京蝶々の奥深さを思い知らされた今回の異型連続公演、もっと思い知らされたいと感じたのはきっと私だけではないはず・・・。この劇団、はしかぐらいで揺らぐほど華奢でなく、アンケートでのお伺いという三つ指突いた手の内に、計り知れないほどしたたかな爪を隠し持っていることを、今回のたくらみのなかで観客に強く印象付けたことでした。

R-Club

| | コメント (3) | トラックバック (0)

新生「双数姉妹」の力量

ちょっと書き込みが遅れてしまいましたが、5月28日に双数姉妹「チューブラルーム」を観にいきました。

双数姉妹は新しい劇団員がどっと入ってそのお披露目公演とのこと。ある意味では、劇団として再生ともいえる公演になりました。

(ここからネタバレしますよ!!要注意ですよ)

まず驚かされるのは舞台装置。真ん中に大きなドラムがしつらえてあるのです。ちょうどリスの檻にしつらえられている回転道具のような感じ。ドラムには机や椅子などが備え付けられるようになっていてそれも上下に・・・。

また、長距離を歩いていくようなシーンではドラムが廻って距離感を演出したりもするのです。

3つの物語がかさなるようになっていてそれらがドラムの回転でスムーズに切り替えられていく・・・。舞台を見るものにストレスがなくなり3つの物語それぞれがすっと観客に入ってきます。また、3つの物語の接点になる部分で登場人物の3人が歩きながら話すシーンがあるのですが、その道程の長さが物語の説得力になっている。非常に巧みなやり方だと思います。

内容的にも、いろんなことを考えさせるものでした。小池竹見の温かさと冷徹さが見事に調和した作品ではあったのですが、今回は達観のような部分がすこし加わったテイストに感じました。最後の1シーンがふっと舞台を照らしたような感じで・・・。あのときの吉田さんの表情が本当に印象的で・・・。

あと、芝居の内容とは直接関係ないのですが、今の双数姉妹って役者が3層に別れている感じでそれもおもしろかった。

新人とはいうものの、新しくオーディションで加わった役者達ってみんなそれなりに上手なのですよ。物語にしっかり乗った演技ができているし、演技の強弱もついているし、ここ一番で訴えかけてくる力もある。男優陣では懐 大介さんの演技が一番柔らかい感じ、しかしみんな堅実な演技をされます。女優は二人とも個性がありましたが、まだ殻をかぶっている印象、でも殻の中に魅力がちゃんと透けて見えます。

でも、古参の劇団員とは明らかに力の差があるのです。小林至さんが一言いうとそれで色が決まってあと新人たちがそれに乗ってくるみたいな構図がある・・・。五味さんにしてもそうですよ。彼は2年前くらいから明らかに演技が変わってきて押すだけではなく受ける演技が出来るようになったと感じているのですが、今回、その力が遺憾なく発揮されていた。

井上さんもそうですよね・・・。あの教師役の冷徹な部分、しびれました。難しい役だと思うのですよ。教師としての威厳を持った中に自分のエゴをのせなければならない・・・。そこが分離せずにひとりの個性としてしっかり演じられている・・・。しかもとてもナチュラルに・・・。比較的目立たない役が多かった彼女ですが、今回はまさに実力発揮といったところでしょうか。

今林さんの演技もすごかったですね。役者が違うっていうのは彼のためにある言葉ではと思えるほど・・・。彼が新人達と絡むのをみていると、しっかりと新人達の演技を受けてサポートしているのがわかる。それは井上さんも小林さんも井上さんも・・・なのですが。それでも今林さんの演技は一ランク抜けてしまうのです。本当によい芝居って観るものにとってノイズがないのですよ。すっと入ってきて観客のなかに灯るような・・。しかもパワーが違う。そう、根本的にベースになっているパワーが違うような・・・。彼の演技を観るだけでなにか入場料の元を取ったような気がしてしまう。本当によい役者であることを再確認しました。

さて、もうひとり、吉田麻起子さん。パワーは古参の役者さんと変わらない演技でした。腰が据わった押しがあって、観客席をぐっと押してくるような力になっている・・・。今林さんとの絡みをみていると良くわかるのです。新人に対してのサポートするような部分が吉田さんクラスになるともう必要ないのでしょうね・・・。吉田さんにはまともにぶつかっていくような感じがありました。ただ、彼女のパワーには、まだ若干のノイズがあるような気がします。それと力を抜いたような演技がまだ少し足りないような・・・。もう少し内側からパワーが発せられたらと思いました。それでも新人さんとはランクがちがうなって気はしましたけれど・・・。

なんというかすごく楽しみなのですよ・・・。小池さんが新しいパワーを得て、今後どのようなものを作り上げていくのか・・・。新人さんたちが吉田さんのレベルになり、やがて古参の役者さん達のレベルに近づいていったとき、とてつもない舞台空間が現出するのではないか・・・。

そんな期待を持たせる力を双数姉妹はまだ失っていない・・・。ちょっとうれしくなりました。

R-Club

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »