« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

言葉より強い表現(オッホ、ナーバスな虫々)

オッホ、「ナーバスな虫々」、前回の双数姉妹公演で非常によい演技を見せた吉田麻起子が出ることもあり、黒川麻衣さんの戯曲にも興味があり、なおかつ20時からの開演時間の会があったりしたものでついつい観にいってしまいました。会社勤めの人間に20時開始というのはけっこうありがたいのですよ。いろんな意味で・・・

で、芝居、最初はちょっとベタっとした感じがして、あれ、ちょっとはずしたかなと思ったのです。それが杞憂だとわかるまでに開演から15分くらい時間がありました。しばらくすると登場人物の抱えるいろんな感情がどんどん見えてくるのです。せりふに説明があるわけでもなく、これ見よがしの感情表現があるわけでもないのに・・・。

中盤をすぎるあたりからは、もう舞台に引き込まれてしまいました。吉田麻起子はさすがで、強い表現をしたあとに、その裏側の想いがしっかりと残る演技ができていて・・・。一方花田薫子も吉田とは質が違った怪演ぶりのなかで気持ちがしっかりとステージ上に残っている。パワーという意味ではふたりほどではないけれど他の役者たちも演技を流していない。それぞれが舞台にしっかりと色を残していっている。

まあ、一番前の、しかもど真ん中でみせていただいたので、特に印象が強いのかもしれませんが、ただ一言もせりふが直接伝える感情がなく、複雑な思いの連鎖が成り立つというのは、みているだけでわくわくしてしまいました。

言葉で伝える思いは、絵で言う輪郭のようなものかもしれません。輪郭が明確に伝えられることには功罪があって、はっきりするけれど広がりや立体感がなくなる。輪郭なしに描かれた絵は輪郭を描いた作品より何倍も手数がかかっているけれど、絵自体が内包するふくらみにも再現がない。

演出家や役者に力量がないとできない技なのだろうけれど、その技を見たときの感動って結構大きいのですよね・・・。

本当に週のはじめに良い作品をみせていただきました

R-Club

| | コメント (0) | トラックバック (1)

物語にはまるということ

「地獄八景、浮世百景」の評価がなかなか分かれているようですね。

まあ、あれだけ落語を借景にしてしまうと、落語の筋がわからない方にはかなりきついでしょうしね。

崇徳院や天狗さばきあたりは結構有名なのだろうけれど、三枚起請なんて知らない人の方が多いのではないだろうか。

まあ、、物語を知ってそれが変わっていくのであれば、観ているほうも面白いと感じるのだろうけれど、上方落語を知らないとやっぱりつらいかな?とも思います。えんげきのページを見ていて、なんというか客に媚びない芝居つくりの功罪を考えてしまいました。

個人的にはすごくお気に入りの舞台になったのですが、それは私が上方落語大好きだからであって・・・。G2さんと東野ひろあきさんの英断には敬意を表したいと思いますが・・・。東京でしかも世田谷パブリックシアターのキャパをいっぱいにするほど上方落語愛好家が東京に多いとは思えないし・・・・。

でも、これを機会に上方落語を聴いてみよう思う方もいらっしゃるのだろうし・・・。もっともこの芝居は落語の世界をつないではいるけれど、それを凌駕する世界があるわけで・・・。そうじゃなければ落語をただ聴いていたほうがよいわけで。

うーーーん、微妙なところですね・・。

ところで、話は全然違うのですが、物語を借景にして新たな世界を作るというのは、最近のパチンコの世界ではあたりまえになっています。古くは「うる星やつら」や「水戸黄門」、最近では「キャフテンハーロック」から「アタックNo1」まで・・・・。でも、それらはあくまで、本作を借景にしたというか、その一部をパチンコのゲームに応用したにすぎなかったのです。

しかし、最近ついに原作を凌駕した世界観のようなものを持つパチンコ台があらわれました・「エヴァンゲリオン 3(奇跡の価値は・・・」です。そりゃパチンコですから、大当たりが出て確率変動が続くことが目的であり、ドル箱が積まれればそれで大満足のはずなのですが、この台ってやっていると、その当たり方(場合によっては外れ方)に惹かれていってしまうところがある・・・。

パチンコは昔からたまにやっているし、ちょっともうかればそれなりに幸せ(でも人生トータルではきっと大きく負けているとはおもうけれど)なのだけれど、これは、出た・でないより物語が現れることに惹かれてしまうような気がするのです。

いろんなキャラクターがいろんなせりふを画面上でつぶやくのですが、それらひとつずつに世界観があって、やがて世界観が満ちるときに長めの物語をもったリーチがやってくる。そこに、それまでのキャラクターのコメントやリーチアクションが持つ世界観などがからんで、ふっと自分がパチンコの勝負をしていることを忘れて物語にのめりこんでいる瞬間がある・・・。

土曜日のお昼過ぎ、ちょっと時間つぶしのつもりで入ったパチンコ屋さんで、たまたま1台あいた「エヴァンゲリオン3」の台に座ることができて・・・。で、たちまちその物語感のようなものにはまってしまって・・・。次に何が起こるのかわくわくして・・・、千円札がなかったのでやむおえず入れた1万円などあっという間。で、ちょっとやばいかなと思ったのですが、席を離れられない・・・。さらにもう一万円がなぜかお財布から手に移っている・・・。1万円が蒸発した悲しさより、次の展開を見たいという欲望が私を支配している・・・。

二枚目の1万円札が千円目減りしたところで、警告の画面、ミッションモードかなと思ったら伊吹マヤが「パターン青、使徒です」と告げて・・・。そこから10連荘、しかも、あたり方も非常に多彩で、一つ一つにしっかりとした物語の裏づけがある・・・。それは原作の借景になっているものだけではなく、さらに原作を発展させたり裏付けになっているような物語すらあって・・・。

普通10連荘などした時には時短が終わった時点で切り上げることが多いのですが、土曜日はやめられませんでしたね・・・。その後、150回転から300回転のあいだに単発から4~5連荘が交互にくるパターンが続いて・・。そのお店は等価交換なのでかなりびっくりするくらい儲かったのですが、お金が儲かったことのうれしさより、物語をたくさん見ることができた充実感のほうが間違いなく大きかったです。で、もっと見たいと思いながらも用事があって席をはなれたのがなんと夜の7時半・・・。恐ろしいでしょ。なんか本末転倒なのですけれどねぇ・・・。

「地獄八景・・・」にしても「エヴァンゲリオン」にしても、物語のパッチワークのような創造物が物語を凌駕するような説得力が身についていて・・。それはひとつの創作の形態といっても良いものなのかもしれません。

「地獄八景・・・、」は今後大阪や九州にも行くみたいなので、落語をめでるかたには大推薦をしたいと思います

「エヴァンゲリオン・・・」はねぇ・・・。お金に糸目をつけずになにかにのめりこめる才能のある方、エヴァンゲリオンのストーりを良くご存知の方にはお勧めということにしておきたいと思います。

まあ、物語が新しい物語を生むとき、物語を享受する側にも資質が求められていくこと。文化というものには、多かれ少なかれそういう側面があるのでしょうけれど、そう考えると、つねに貪欲に何かを吸収していかないと、次にやってくるなにかを十分楽しむことができないわけで・・・。人はそう簡単にとまることができないのですね・・・。芝居をみることもパチンコを楽しむことも・・・

R-Club

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ドリームガールズをバルト9で

私事で恐縮ですがインフルエンザにかかってしまいました。

2月にはいって、なにか体調がいまいちで気にはなっていたのですが、そのうち明らかに熱っぽくなってきて、仕事がおわってすぐその足で行きつけの内科医へ・・。

鼻の粘膜をこしょこしょっとやられて、10分でインフルエンザが確定。で、間に合ってよかったと「タミフル」を処方されました。効きましたよ・・・、「タミフル」。お医者さん到着時に39度近くあった熱が4時間で36度台にまで一気に下がりましたから。おかげで、楽しみにしていた「ドリームガールズ」の試写会に行くことができました。

「ドリームガールズ」は、私にとっては特別な作品です。なにせ、私が最初にブロードウェイで見たミュージカルですから。当時、物語は30%くらいしかわからなかったけれど、まあ、アイドル振りのさらに元祖ですから。しかも、黒人女性のど迫力ボーカルを生で効いたことなどなかったので、一発で惹かれたのを覚えています。魅入られたというほうが正しいかもしれない・・・。「One Night Only」の切ないR&B風のボーカルが一転してクラブ風のボーカルに代わってリプライズされるときの迫力にも震えが来ましたものね・・・。

映画になると聴いたときに、あのミュージカルが持っていた一種の濃密感のようなものがでるのだろかと思ったのですが・・。

実際に見ると映画もすごく良い出来だったと思います。舞台が映画になった段階で広がった世界を、ジェニファー・ハドソンやビヨンセのボーカルがしっかりと補った感じ。元々が舞台の音楽をそのまま使っているので、カット割りが早いと感じる部分や、物語の飛び方がちょっとせかされているような部分もあるけれど、でもそれを補って余りある内容がこの映画にはあります。テンポのよさとここ一番の歌をしっかり聴かせる構成は(舞台でのミュージカルそのものなのだけれど)観るものをまったく飽きさせないのです。エディー・マーフィが歌えるなんて知らなかったけれど、彼のR&Bはそれだけで十分映画の観客に元を取らせるクオリティがある。最初の敵役、ステップシスターズもそう、彼女たちは彼女たちなりにちゃんと聴かせるのです。

ストーリーが佳境に入ってからの、脇役の一人(ドリームガールズ創立メンバー役のAnika Nona Roseの短いボーカルも、目立たないけれどしっかりと観客の心に入り込む何かを持っているし、ましてやジェニファーハドソンのボーカルはもう圧巻の一言、相手はスクリーンの中なのにがっちりと心をつかまれます。

これだけの土台に乗ってビヨンセも負けてはいない。彼女の美の変化のすごいこと・・・。最初の田舎のかわいこちゃんから頂点に上り詰めるまでの変化は、ここまで歌ってそれでもまだ声を残していると感心させられるジェニファーハドソンのボーカルにも似て、突き抜けた何かをしっかりと持っている。Jamie Foxxもある意味敵役をしっかりと演じていましたしね。

普通、2時間10分の映画を観ると結構疲れるじゃないですか。でもこの映画は、観終わってもう一度みたいとすぐに思わせるだけの魅力に満ち溢れているのです。きっといろんな角度から見所がてんこ盛りだからでしょうね・・・。

試写会で無料で見せていただいたから言うわけではないけれど、この映画、超お勧めです。

ところで、今日の試写会場はバンズ9という明日オープンのシネコンでした。新宿のど真ん中にできた都市型のシネコンとして結構注目を集めているみたいです・・・。

で、オープン前日に利用した感想は・・・。まず思ったほど派手ではないというのが第一印象。新しい施設という感じすらしなかった。でも、妙に居心地がよいのですよ・・・。混雑していなかったというのもあるのでしょうけれど、なんか落ち着くというか・・・。映画のスクリーンとか音とかは普通に見やすかったし、スタッフもしっかりと訓練されている感じで気持ちよかったし。

で、帰り道にふっと気がついたのですが、飲み物を買うときにも映画を観ているときにも帰る時にも、すごく自分がリラックスしていたと思うのです。

シートも決して広くはないのですが、長時間で全然疲れなかったし、飲み物とフードを入れてくれるトレイも観るものをすごく楽にしていたと思う。枝豆ナゲットも何気に充実感があってしかもさっぱりしていたし

新宿駅について電車に乗ってから、ゆっくりと新しいシネコンの実力に感心してしまったことでした。

R-Club

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »