« 野田秀樹のマジ | トップページ | お正月はテレビっ子(やすきよ・志ん生の映像) »

12月の雑感

あっという間に大晦日ですね・・・

ダウンタウンの特番と紅白とモーツアルトイヤーの特番を

かちゃかちゃ行き来しながら、それでもなんかまだ、大晦日の実感がわかないのはなぜなのでしょうね・・・。おそばを食べてもなんかピンと来ない感じもするし・・・

年末になってもちょこちょこいろいろと用事があって、冬休みという実感がないのが原因かもしれませんが・・・

しかし、12月はけっこう芝居をたくさんみました。昔はもっと見ていたのですが、最近はなかなかこれだけ集中して芝居を見る機会がなくて・・・。おまけに印象の強い芝居が多かったし・・・

「ロープ」の印象は強烈でしたね。l野田秀樹の芝居ってこれまでに2桁は見ていると思うのですが、今回ほどまっすぐに私を取り込んだ芝居はありませんでした。わかりやすいという意味でも野田演劇のなかでは一番では・・・。半神を見たときのダイレクトな衝撃よりもさらに強いなにかを感じました。

宮沢りえさんも前回の野田MAP(透明人間の湯気)のときより演技がしっかりと地に着いた感じで・・・

夏に「花よりもなほ」という映画を見ていて、そのときの彼女の演技も印象深かったのですが、野田の主題のなかで、彼女は演技のメソッドを変えることなく、人の原罪に近い部分を見事に明らかにして見せたのには正直驚きました。内側をスリガラスに映して見せるような演技のトーンで、ある意味淡々と伝えられていくよく晴れた朝の物語・・・。これまで野田MAPが築いてきたある種の世界を覆すような作品でもあることで、劇評は2つに分かれているようですが、少なくとも私には一生もので忘れられない作品でした。

チェルフィッチュの印象も強かったですね。

リアルという言葉を本当に考えてしまいました。内心からにじみ出てくるものを表現するメソッドとして、これほどつたわってくるものを見ることって久しぶりではないでしょうか。三月の5日間を見たとき、彼らの住む世界での感覚のリアルさのようなものを感じましたが、「エンジョイ」はもっと内なるものの姿を感じたことでした。

来年も面白そうな芝居が結構ありますものね・・・。

かなり楽しみ・・・。

来年も芝居にめぐり合う運が落ちませんように・・・

では皆様よいお年をお迎えください

R-Club

|

« 野田秀樹のマジ | トップページ | お正月はテレビっ子(やすきよ・志ん生の映像) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月の雑感:

» 透明人間 [透明人間になりたい]
透明人間になりたい欲望をおさえつつつ透明人間を語ります。 [続きを読む]

受信: 2007/01/01 13:32

« 野田秀樹のマジ | トップページ | お正月はテレビっ子(やすきよ・志ん生の映像) »