« 上野樹里のブラインド(虹の女神他) | トップページ | チェルフィッチュ 集中して演じ集中して受け止める »

メルブルックスの視点(イヌの日のまくらつき)

枕みたいなおはなしです。
読書って大好きなのですが
まさか演劇のパンフレットで読書気分を味わえるとは
おもいませんでした。

「イヌの日」のパンフレットなのですが、
ページ数にして200ページ弱、
下手な文庫本よりよっぽどしっかりと活字が組まれていて
まあ、読み応えのあること・・・
しかもコンテンツがしっかりしているのですよ・・・
「イヌの日」の芝居自体はかなり荒っぽいというかラフな設定の
お芝居でしたが
これをパンフレットと呼ぶのにもかなり無理があるなぁ・・
よい意味ですけれどね。

で、パンフレットをやっと読み終わって次の読み物を探しに
TSUTAYAにいって
旧作ビデオレンタルの割引があるということで
ぶらぶらとレンタルDVDを見て回っていて
偶然見つけたのが
メルブルックスの「大脱走」でした。

もう、本当にサービス精神満載
ちょっとありえないようなギャクやパロディがもりだくさんの作品で・・・
物語と映画の境界線が妙に外にはみ出していて・・・
最初ポーランド語で演じさせておいて
劇場のアナウンスで「わけがわからないから今後は英語でやる」
とか平気で言わせて見たり・・・
まあ、「ブレイジングサドル」のように
撮影所の外側までストーリーを持っていくような無茶は
流石にありませんでしたが・・・
舞台の内輪話などもいっぱい・・・
でもそれらが全然嫌味じゃないのがメルブルックスのすごいところで。

ほら、「プロデューサーズ」の中にも
ネイサン・レーンが
拘置所の中でこれまでの舞台のサマリーを演じてみせるという
ものすごいシーンがあったけれど
(舞台ではインターミッションに動きをとめるという演技までついた)
あの手のテイストがけっこう多くて
それがまた絶妙なのですよ
「プロデューサーズ」に出てきた
舞台の初日には「脚を折れ!」って言うという
ネタがこの映画にも使われていたりして
それもたのしかったり。

でも、それだけいろいろやっても
メルブルックスのナチへの批評精神のようなものや
なかりべたな夫婦愛への賛美のようなものは
しっかりと観客に伝わってきて・・・
チャップリンの映画などにでてくる極上のユーモアセンスも
なにげに受け継いでいるし・・・
まあ、簡単に言うと見た後に人生ちょっと
得をした気分になるのです。

ちょっとよい映画にめぐり合えたなって気がします。
「プロデューサーズ」ももう一度ゆっくり見たくなる・・・
そんな映画でもあります。

お正月にプロデューサーズと一緒に鑑賞なんていかがでしょう。

お勧めです

R-Club

|

« 上野樹里のブラインド(虹の女神他) | トップページ | チェルフィッチュ 集中して演じ集中して受け止める »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メルブルックスの視点(イヌの日のまくらつき):

« 上野樹里のブラインド(虹の女神他) | トップページ | チェルフィッチュ 集中して演じ集中して受け止める »