« 本谷と櫻井の共通点(二つの芝居を見比べて・・・) | トップページ | だって文化の日、本谷有希子と岩井俊二 あるいは刹那 »

エンターティメントとは・・・(王立劇場余談)

ねたばれ注意!!!この記事にはしっかりネタバレがあります。
お読みになる方は恐縮ですが
ご了承の上お読みくださいませ。

すこし遅くなりましたが、王立劇場(後藤ひろひとのユニット)
笑わせていただきました。
基本的には関西人のユニットなのですが
石丸謙二郎さんなんかもいらっしゃって・・・
それからぼんちおさむさんも・・・
やろうと思えばかなり大きな舞台も可能なチームなのです
それが、ラフォーレミュージアム原宿という
比較的小さめな小屋で、ぎゅっと詰まったような
短編コントを繰り出していくのです

面白かったかって?
そりゃおもしろかったですよ。
のっけの代理出席ばかりの同窓会でもう腹筋にきてましたもの・・・
ああいう空間を作るすごさってどう表現したらよいのでしょうかねぇ・・・
最後の校歌斉唱で学校名の部分だけ急にみんな元気になるところなど
ほんとうにつぼで・・・。

山の中の一軒屋のはずが
近くにTOPSがあって買い物もSUICAで決済ができるというのも
笑いました

電車待ちをしている客が駅メロを聞いて踊りたい誘惑に駆られるというネタも
非常に出来がよかったですね
ゲスト扱いの竹下宏太郎の振り付けと踊りの切れが抜群で
それを受ける石丸謙二郎も踊れるし
なによりも踊れる喜びを表す石丸一流の微妙な表情が最高で・・・

後最後の森君のコントも非常に印象に残りました
山内圭哉(ゲスト)のキャラクターが一番生きる感じに
台本がしっかり作られていて・・・

アンコール最後の横断歩道の「超高級とうりゃんせ」で
腹筋にまた大きな負担をかけられて・・・


竹下にしても山内にしても
こういう役は余技ではなくまさに本職の域であり
内場・ぼんちおさむなどの演技もふくめて
実はものすごく贅沢な「Worst of」というコント集を
見せられていることに気がつきます

多分、芸のない人が今回のコントをやっても
まったく笑えないだろうし・・・
このクオリティがあるからこそ
後藤ひろひとの人を喰ったような椎間板ヘルニア風MCが生きるわけだし

終演後体が自然にDVD申し込みに向くのも
ひたすらこの舞台のクオリティの証明・・・
(こんなに人が列を作っているDVDの申し込みって初めて見た)

極上のコントをさりげなく披露して見せて
「Worst of」と名前をつける後藤ひろひとの粋

後で伝説になるような舞台というのは
こういうさりげなさを持っていて

非凡なものはさりげなく目の前を通り過ぎてゆき
後でその大きさにきがつくのだということを
いまさらながらに知らされたことでした

R-Club


|

« 本谷と櫻井の共通点(二つの芝居を見比べて・・・) | トップページ | だって文化の日、本谷有希子と岩井俊二 あるいは刹那 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エンターティメントとは・・・(王立劇場余談):

» 大王の王立劇場「The Worst of...」で大笑い! [バリバリかしまし娘〜まいど!]
最悪から最高へ [続きを読む]

受信: 2006/10/30 09:48

« 本谷と櫻井の共通点(二つの芝居を見比べて・・・) | トップページ | だって文化の日、本谷有希子と岩井俊二 あるいは刹那 »