« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

映画「UDON」、日常の喪失と再生、そして私とモルモットの日々

私事で恐縮ですが
土曜日(9月23日)の朝
家族同様にすごしていたモルモットに逝かれました。
なまえは「はもる」♀(写真は在りし日のはもる)
Photo

享年4歳7ヶ月
めずらしく生年月日がわかっていて
2002年2月10日生まれ
(木星モル+ みずがめ座)、
この数週間抱いてもすこしずつ力が衰えていて
心配をしていたのですが・・・、
実はもっと前から下腹部に腫瘍ができていたみたいで
最後には肺炎を併発して・・・
病院へもいったのですが薬石効なく・・・

最後は私が目覚めるのを待っていたようで
早朝私が寝ぼけ眼でケージを覗き込むと
一歩近づいてそのまま倒れて・・・
慌てて抱き上げた私の腕の中でゆっくりと息を引き取りました

名前を呼んではしばらく抱きつづけて・・
最後は大きな瞳を人差し指でゆっくりと閉じてやりました

靴の箱に藁をしいて彼女を安置し、
火葬の手配をして(幸いにも日曜日の夕方での予約ができた)
お店が開くのをまって花を買い求め箱を色とりどりの花で埋め
悲しいのにそういう時って涙がでないのですね。

いつもは夜にもう一匹のモルモット(「るるん」♀生後9ヶ月、誕生日不詳山羊座)と
2匹分の野菜をそれぞれパックにして、
朝冷蔵庫からとりだして彼らに与えるのですが
その日「はもる」の分はずっと冷蔵庫に取り残されたままで・・・
夜、つかわれないままだった野菜に気がついて
急に涙がとまらなくなりました

映画「UDON」にはいろんな側面があります。
ひとつは日常、たくさんのうどんやさんが
街にあたりまえのようにあって・・・
時には店とも呼べないような形態で
でも生活に密着している
それは日常の世界
「そこにはうどんがあるだけ」の世界

主人公はそこに意図することなく非日常を持ち込みます
ちいさなきっかけがしだいに膨らんで
そこにあるうどんがライトをあびて・
うどんはブームになって、やがて一時的に日常を壊していく
日常のなかの非日常がかがやきはじめます
そしてサクセスストーリーが生まれます
しかし登る陽はやがて傾いていくもの・・・
祭りは終わり
一方では、日常自体もふっと喪失してしまう
主人公の父親の死。
そこにあたりまえにあるものが
突然失われてしまう。
父親が残したうどんのこねたやつを
切って食べたときに流した涙・・・
それはきっと私が冷蔵庫に見た
主をうしなった野菜パックと同じ。
やがて、すこしずつ
父がなにげに背負っていたものの重さや深さを
息子は知ることになる

でも、根本にあるものはそんなにたやすく壊れたりしない
毎日の営みの中に根付いたうどんがそんなに簡単に
消えてしまうわけではない
日常の力強さ・・・
その日常の根は再び芽をふき
新しい日常が生まれていく
その描き方の見事なこと。
暮らしとはそういうものだと・・・
生きるとはそういうことだと・・・

はもるを失った喪失感を胸に抱きながら
彼女と過ごした日々を思い出すとき
実は特別なことなんてなんにもありませんでした
毎日餌をやって、時々抱いて・・・
おかしなところに糞をされてはちょっと怒って・・・
その仕草に笑い、つらいことがあったときには
ちょっと餌のやりかたが投げやりだったり・・・
たまに旅行の時にペットシッターに世話をお願いしても
なんとなく気になってしまったり・・・
私の時間が過ぎてゆき、彼女の時間が過ぎてゆき・・・
気が付けば根がはえたような時間が生まれていた
そして彼女は天に召され
私は涙を何度か流して・・・
Dsc00669

それでもるるんとの暮らしを続けていく


「かもめ食堂」を観たときにも思ったのですが
日常というものは何にも増してせつなくて
豊潤なものなのかもしれませんね
その豊潤さに気が付くのは
失ったとき・・・

人生というのはそんな風にして構成されているのかも
しれません

それにつけても・・・
はもる・・、4年以上もの間ありがとうね。
長いようで今は本当に短く思える
そんな毎日・・・
ずっとお前に癒されていたような気がする
振り返ってみてもたのしかったよね。
ゆっくりお休み・・・
お休み、はもる・・・

R-Club

| | コメント (0) | トラックバック (0)

繋ぐ技術(浅野温子が美しすぎるDumb Show)

シアタートラムで上演されていた「Dumb Show」は
いろんな意味で演劇というものを考えさせてくれる作品でした。

R-Club本館の劇評にも書きましたが
率直な感想を言うと成功した作品ではないと思うのですよ。
なんていうのだろう、本来作品はもっと粘りがあって
ひりひりするような部分を持っていると思うのです

それが浅野温子の個性が妙に勝ってしまって
本来のニュアンスのようなものが隠れてしまった。
浅野温子自身の表現力はすごいものがあります
きれいだしね・・・
華があるし・・・
「抱きしめたい」や「101回目のプロポーズ」の乗りも感じられるし
「沙粧妙子」のぞくっとするような部分も垣間見せてくれて
なおかつ
生浅野のほうがずっと魅力があるのだから
たいしたものです。
なにか彼女を見ているだけで
結構幸せな気分になれる
天性の魅力ってああいうことをいうのでしょうね・・・
声も仕草も彼女が動くだけで舞台の中心は彼女に移ってしまう
ある意味稀代の女優だと思います。

でもね、B級タブロイド新聞の記者という設定に
彼女は目立ちすぎるのですよ。
色仕掛けの部分は確かに彼女の存在が説得力になっているのですが
それ以外の部分が彼女によって隠れてしまう
ひとつには場をわたし物語を繋ぐという意識が
彼女の中にあまりないのではないのかと思われます
自分を出す演技は突出してよいのですが
周りを守り立てる演技がほとんど感じられないのです

演出の鈴木勝秀も場の繋ぎ方などに工夫がみられるし
浅野和之の感情の流れをうまく拾っているのですが
でも彼の演ずる役のバックボーンが
今ひとつ伝わってこない
実は鈴木浩介の演技もすごく繊細な部分をもっているのに
やっぱり見えてこない

近所のスーパーで売っているロールパンに
三ツ星レストランのシェフが作ったものをはさんで
ロールパンの味を感じろって言われても
そういう場合おかずの味しかしないわけで
結局この芝居って浅野温子の部分しか
浮き上がってこなかったということなのではないでしょうか

双数姉妹のお芝居を見ていて
役者ひとり一人の技量もすばらしかったけれど
それだけの役者がしっかりと舞台上の力を
コントロールしていたから
前回作「トリアージ」は
あれだけの重さを観客に与えることが出来たわけで
それと反対側にいるのが「Dumb Show」なのかなって気もします

別に意外性があってもよいとおもうのですよ
JR赤羽駅のエキナカで一ヶ月間限定のお店をだしている
タカトラは列が絶えないほどの人気。
Dsc00639

パッケージは妙にリッチな派手さのある図柄だけれど
中身は創意に溢れた、でもどこか懐かしい味のする
まっとうなシュークリーム。
シューに塗られたチョコレートとカスタードクリームの
相性のよいこと・・・。
芝居って箱と中身の違いはあってもかまわないけれど
中のバランスが崩れてはいけないかと・・・

浅野温子さんの演技じたいは本当取り込まれるほど素敵だっただけに
芝居というものの難しさを痛感したことでした

R-Club


| | コメント (0) | トラックバック (0)

最終回はもうてんこ盛りさ(下北サンデーズ)

生活していると週のリズムみたいなものがあって
それが満たされたいとなんとなく孤独な気持ちになります
「下北サンデーズ」終わってしまったのですね・・・

最終回、出来がよかったものね・・・
どうせなら全て本多劇場で撮影してほしかったけれど
まあ、それは諸事情でしょうがないということにして
堤幸彦の演出って本当にドラマをポップな感じにしてくれる
河原・堤コンビだとドラマがしゃんと立つ感じがする・・・

牛舎の牛たちがいい味出してましたよね・・・
藤井フミヤがあんなに牛とマッチするとは思わなかった
それと牛輸送のトラックのシーンもすごくよかった
東京という街に、夢のかけらを積んだトラック
三宅さんの表情もちょっと憂いがあって・・・
突然藤井フミヤに歌を歌わせる上戸彩のタイミングも
絶妙で歌がすごく心地よく感じる
お尻をむけてちょっと迷惑そうな牛は
都会のひとり一人の関係性の限界を象徴しているようで
まあ、同床異夢でかかわっていてもどことなく無関心
それでも一緒に歌っているという演出も
気取らず自分達に正直な夢を持ったもの者達の
ある種の輝きを浮かび上がらせて
なんか心に心地よい風を吹かせてくれたような
感じがしました
あの「ハイ」は上戸彩さんの天真爛漫さをしっかりと出していて
とても魅力的でしたね・・・。
「トリック」の時と同じような堤流「素」の作り方。
観るほうは何回でもはまるんですね

ケラさんと本多さんもちょっと悪乗り気味で
でも楽しそうだったし・・・
ケラさんが素になって頭を下げるところは本当に笑ったし・・・
ケラさんと三宅さんのナイロン100℃コーナーでの
二人の間も妙におかしかった・・・
古田新太がいい人になったり
クロマニオン麺なんて発想はいったいどこから出てくるのだろう
モンティパイソンみたいなデフォルメがあちらこちらに施されていて・・・

結局通好みの演出なのだし
客を選ぶようなところもあるのだけれど
やがてドラマを見た人たちは
そのドラマの大きさというか懐の深さに
どっくりとはまっていく・・・

なんか伝説になりそうな予感もあって・・・。
DVDボックス、それなりに売れるかもしれませんね・・・
いくらなんだろう・・・

それにつけても来週から
木曜日の夜はどうしよう・・・

R-Club

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ロビーの内外で・・・(双数姉妹の魅力)

だいぶ涼しくなってきましたね。
仕事帰りにちょっと重いものを買っても
汗をそれほどかかずに帰れるし・・・

しかし、ふと思うのですが、
人生の合計は0である・・・というのは本当かもしれませんね。
よいこともあれば悪いこともある。

先週末あたりから今週にかけてよいことと悪いことが両方
てんこ盛りで・・・

一番ショックだったのは松永玲子さんが主役をはる
劇団本谷有希子のチケットがとれなかったこと
e+、Piaの優先がだめで
しかも土曜日の朝は用事があって
10時すぐにパソコンも電話もできなくて・・・
1時間遅れですでにチケットは蒸発状態だし・・・
まあ、芥川賞をとりそこなった主宰のいるところですからねぇ・・・
注目度は非常に高かったのでしょうけれど・・・
追加席の発売とかありませんかねぇ・・・
すごく悔しいことでした

良かったのは週末に双数姉妹を観れたこと・・・
「トリアージ」
いろんな意味で余韻のあるお芝居でした。
くわしい劇評は本館を見ていただきたいのですが
小池竹見さんの視点は
年を追うごとにマルチになっていくような気がする
一時期の作品には表現することを話し急ぐような場面もあったのですが
最近の作品は観客をしっかりと物語にとりこんでいくような
手法が自分のものになられたようで・・・
おまけにここは役者が本当にいい。
うまいしなおかつ育っている感じがします。
正直いって五味さんがあんなに
よい役者になるなんて思わなかった
昔今林と五味さんがからむとその演技力の差に
目を覆いたくなるような場面もあったけれど
今回の二人は対等に芝居をしていますものね
二人のからみ、すこしの間でも、しっかりと二人の関係性や
それぞれの想いが伝わってきて・・・

吉田麻起子さんも非常に出来がよかった
彼女は観るたびに演技が深くなっていく感じがします。
表現に太さをあたえることも繊細さを加えることもできるのは
他の双数姉妹の役者の技術を盗んだ証拠かとも
思いますが、
透明感があるのは天から与えられたものかもしれませんね
終演後ロビーで野口かおるさんと二人で
自らがデザインしたTシャツを売っていて
思わず買ってしまいました。
吉田さんのサインまでもらって素直にうれしかった
そりゃ、現段階では大竹しのぶとか富田靖子とかみたいに
めちゃくちゃ有名というわけではないかもしれないけれど
目の前であれだけの演技をなさった
女優さんのサインですからねぇ・・・

Photo

しかも、このTシャツ、家に帰って広げてみたら
生地とか縫製とかめっちゃくちゃしっかりしていて・・・
プリントをしてサインまでいただいて
ちょっとお話もしていただいて2000円で、
双数姉妹のもうけってちゃんとあるのだろうか・・・
妙に心配になってしまいました
野口かおるさんも近くにいらっしゃって
笑顔がとても魅力的で・・・
そもそも、入場するとき
チケットをもぎっていただいたのが大倉マヤさんで、
舞台上も非日常ならば、ロビーもある意味非日常・・・。
あれだけの演技力を持った女優さんたちなのに
スタッフのお仕事をするときには
きっちりスタッフのお仕事ができる・・・

やっぱりプロの役者さんってすごいのねと
感心をしたことしきり・・・

朝のチケットの件はくやしかったけれど
すごくラッキーなこともあった
土曜日でありました

R-Club

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »