« ピーナッツの新しさ 竹下宏太郎の新しさ | トップページ | ロビーの内外で・・・(双数姉妹の魅力) »

関西弁が作る世界@噂の男

中島らもさんの「こどもの一生」が文庫になりましたね・・・。

だいぶ前にも書いたのですが
私はこの物語を芝居で見ていて、
非常に強い印象が今でも残っています
Parco劇場でやったバージョンも豪華だったけれど
Space107でやったやつがやっぱりすごかったな・・・
小屋が小さいと恐怖は大きくなるのですよ・・・
チェーンソーのおじさん、
Parco劇場の古田新太ははまりすぎで
やっぱり山西惇のほうが怖かった
ひとつにはSpace107Versionは
みんな関西弁だったので
恐怖がなにか身近でまとわりつくように感じたことも
あるかもしれません

考えてみれば関西系の役者って笑いの中に狂気を混ぜる演技が
得意ですよね。
「噂の男」を見ていて特にそう思った。
関西弁のやわらかさみたいなものが
かえって恐怖をきわだたせるのかもしれませんね・・・
ラストシーン、あの血まみれの舞台に観客の爆笑が重なるみごとな演出、
橋本じゅんの関西弁での台詞がしっかりと映えて、
恐怖の空間をさらにしっかりと広げてくれました

「噂の男」という芝居はケラにとっても
エポックメイキングな作品になるのではないでしょうか。
福島三郎の原作はどっちかというと人情物にちかい
大阪劇場奇譚みたいな雰囲気があったとおもうのですよ
ケラはそこから人情を削ぎ落とし
それぞれの人間に隠された内面をはぎだした
人と人の関係性でのいやな話を
いやな部分を持った人間どおしがかかわりあったときの
修羅場にみごとにすりかえてしまった・・・

あの、すり替えも関西弁の世界だからできたのだろうな・・・
関西弁は本音とたてまえの出し入れがスムーズに行く言葉なのでしょうね
そしてなにともなじむようなシチュエーションへの親和性が強い
たとえば水野顕子演じるアヤメのインフォマニア的な部分は
関西弁がのるからリアリティというか
すごみのようなものが出たような気がする

漫才の世界にしてもそうだけれど
関西弁の適応力というのは
さまざまな芸を育てる胎盤のような機能があるのかもしれませんね

そういえば、「うる星やつら」って
地球人は標準語、異星人は関西弁っていう色分けでしたね・・・
あれってなにか日本語における関西弁のポジションを
象徴しているきがします
メインの言語ではないのですが
メインの言語を凌駕してしまうなにかを持っている

もっといえば笑福亭福笑師匠の「ちりとてちん」を聞いて
やっぱり「酢豆腐」じゃなくて「ちりとてちん」だなとか思ったときにも
同じことを考えていましたね

そう感じるのは単に私が標準語と関西弁のバイリンガルだから?

パンストキッチン(噂の男で橋本じゅん・さとしご両人が演じた漫才コンビ名)の
のりを思い出しながら自分の発する言葉について
いろんなことをさらにかんがえてしまいました

R-Club


|

« ピーナッツの新しさ 竹下宏太郎の新しさ | トップページ | ロビーの内外で・・・(双数姉妹の魅力) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24641/11673087

この記事へのトラックバック一覧です: 関西弁が作る世界@噂の男:

« ピーナッツの新しさ 竹下宏太郎の新しさ | トップページ | ロビーの内外で・・・(双数姉妹の魅力) »