« 劇団鹿殺しの才は十分 | トップページ | 味わい深い浅漬けの味=花よりもなほ »

最近のBSって

先週WOWOWで久しぶりに「労働者M」に再会しました

このお芝居は評価が真っ二つに分かれたのですが
いま、こうして映像の上で見返してみると
いかに秀逸な舞台であったかがよくわかります。
ひとつずつの台詞に、しっかりとした意思があって
物語を支えている
役者たちも、そのスキームの中で
しっかりとエッジの立ったお芝居をしている。
秋山奈津子さんの演技とか
画面で見ても震えがくるほどですものね・・・
小泉今日子と犬山イヌコの絡みも
舞台を生で見ているときには何気に観ていたけれど
大きく画像でみるとけっこうすごい

生を見ているから感じることなのかもしれないけれど
芝居の別の一面を
映像というものは観るものに与えてくれます

それにしても最近のBSってすごいのね
先日「五線譜のラブレター」が何気にWOWOWにかかっていて
不意打ちを喰らったようにずっと見入ってしまったけれど
(DVDまで持っているにもかかわらず・・・・)
番組として放映されると
一種のライブ感があって
ついついテレビの前で座り込んでしまいますね・・・

NHKBS2の日曜深夜(というより月曜日??)の
芝居放映も
本当によいラインアップで
こちらもわくわくするようなものをたくさんやってくれるし・・・

ひとつにはテレビを通じての舞台供給が
ある種の技術を確立したというところもあるのだろうけれど
放送される芝居って思ったより自分の肌に近い部分の感動があって
なにか得をしたような気分になれる

毎月くるWOWOWを含むCATVの番組表から
舞台の場所をさがすのが
ちょっと楽しみになりました

R-Club


|

« 劇団鹿殺しの才は十分 | トップページ | 味わい深い浅漬けの味=花よりもなほ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近のBSって:

« 劇団鹿殺しの才は十分 | トップページ | 味わい深い浅漬けの味=花よりもなほ »