« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

味わい深い浅漬けの味=花よりもなほ

ちょっとだけ下世話な話しで申し訳ないのですが
先週、FrancFrancで浅漬けの鉢を買いました。
肉厚のガラスで同じ材質のガラスが重しのようになっています。

HPを何箇所もはしごして
浅漬けの作り方を色々と調べてはためして・・・
あちこちに書いてあったように
こぶ茶をちょっといれると確かにおいしい
あとかんきつ類をすこし入れると香りが本当によくなり
食欲をそそります
お店で買った浅漬けもそれはそれでおいしいし
京都錦の打田のお漬物クラスになると
「至福」の意味がわかるほどですが
でも自分で手をかけて工夫をして
自分にあうものが出来上がっていくというのも
なかなか楽しいもので・・・
ちょっとしたことで日々の生活がゆたかになるのですね・・・

宮沢りえと岡田准一が主役を演じる「花よりもなほ」には
たとえば浅漬けのようななにげに深い市井の風景や小さなよろこびが
たくさんちりばめられています。
長屋の面々の微妙な関係の深さや距離感のここちよさみたいなものに
見ていて段々と引き込まれてしまう。
長屋の花見の映画版という感じもしないではありませんが
落語の世界よりもっとすっきりしていて細やかな感じ。
忠臣蔵というか赤穂浪士の物語が
昆布茶の役割をはたして味わいの一層深い作品に仕上がっていました

それにつけても、宮沢りえの美しさはどう表現すればよいのでしょうね
日本一の美人ということではないのですが(私の感覚では)
息遣いやちょっとした仕草に
なんともいえない清廉さをにじませることができる女優さん。
指先まで清廉さのオーラに包まれて、
その雫がスクリーンから劇場全体にまで
振りまかれていくよう。
彼女だから、周りの個性的な役者たちに汚れ隠れることなく
存在感を主張することができるのではとも
思います。

古田新太も観ていて惚れ惚れするような役者ぶりで・・・
この人は最近芝居が一段と大きくなりましたね。
贋作「罪と罰」を観たときにも思ったのですが
なにか観客の懐にしっかり入ってくるというか
観客をも取り込むような包容力が
演技に生まれてきたような気がします

岡田准一もさすが主演を張るに足りる存在感で・・・
うちに入れた苦悩のようなものが
しっかりとした形で表現できているのが
好感触でした。

しかし、その他の役者たちも
ある意味豪華というか本当にの作品にしっかりはまっていて
一見えっと思うような役者さんでも
見ているうちにこの役ができるのは
彼(女)しかいないのではと思えてしまう。

キャスティングのうまさがしっかり支えた作品でもありました。

女優の松永玲子さんが「地味な映画」と評されていましたが
たしかにそのとおり。
これだけの役者をそろえてこれだけ地味っていうのも
ある意味びっくりかも・

でもするめだって、見栄えに派手さはないけれど
地味にかんでいればびっくりするような味が口に広がるわけで・・・
こんな映画もありかなって感じがします

で、結論としておすすめかって?
もちろん!
一回見ただけでもあれだけの味わいがあるのだもの・・・
ちょっと通好みかもしれないけれど
見所もてんこもりで
きっと上質のにゅうめんを食べたような
やわらかい満腹感と幸せを
得ることができるのではと思いますよ。
はい!

R-Club

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のBSって

先週WOWOWで久しぶりに「労働者M」に再会しました

このお芝居は評価が真っ二つに分かれたのですが
いま、こうして映像の上で見返してみると
いかに秀逸な舞台であったかがよくわかります。
ひとつずつの台詞に、しっかりとした意思があって
物語を支えている
役者たちも、そのスキームの中で
しっかりとエッジの立ったお芝居をしている。
秋山奈津子さんの演技とか
画面で見ても震えがくるほどですものね・・・
小泉今日子と犬山イヌコの絡みも
舞台を生で見ているときには何気に観ていたけれど
大きく画像でみるとけっこうすごい

生を見ているから感じることなのかもしれないけれど
芝居の別の一面を
映像というものは観るものに与えてくれます

それにしても最近のBSってすごいのね
先日「五線譜のラブレター」が何気にWOWOWにかかっていて
不意打ちを喰らったようにずっと見入ってしまったけれど
(DVDまで持っているにもかかわらず・・・・)
番組として放映されると
一種のライブ感があって
ついついテレビの前で座り込んでしまいますね・・・

NHKBS2の日曜深夜(というより月曜日??)の
芝居放映も
本当によいラインアップで
こちらもわくわくするようなものをたくさんやってくれるし・・・

ひとつにはテレビを通じての舞台供給が
ある種の技術を確立したというところもあるのだろうけれど
放送される芝居って思ったより自分の肌に近い部分の感動があって
なにか得をしたような気分になれる

毎月くるWOWOWを含むCATVの番組表から
舞台の場所をさがすのが
ちょっと楽しみになりました

R-Club


| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇団鹿殺しの才は十分

突然ですが、いろんなものにめぐり合える日ってあるもので・・・

なんというか、毎日歩いている犬も
大過なく人生をやり過ごせる日と
やたら棒に当たる日がきっとあるのだと思うのですよ

9日の金曜日は私にとってはいろんなものにめぐり合った日というか・・・
いつもHMVでJAZZの新譜をあさっている私にとって
たまたま立ち寄った新宿南口の「Tower Record」の
お勧めCDがめちゃくちゃ新鮮だったり
その日、たまたまライブをやっていた
パーカッショニストのGOMAさんのライブも
すごくよくて、
リフレッシュさせてもらえたり・・・
でも、極めつけはそのあと南口広場でみた
劇団鹿殺しの見にパフォーマンスでした。

この劇団、けっこう気になっていたのですよ。
前回の公演(サロメ)についても
演劇のページでは、それなりに賛否が分かれていて・・
実は賛否が分かれる劇団って刺激的な舞台を見れることが多いじゃないですか
「ポツドール」しかり「チェルフィッチュ」しかり・・・

私は実際の公演を観ることはできなかったのですが、
洗いざらしのTシャツにちょっとゆがんでミニチュアの王冠をつけた
ほとんど女性の写真だけのフライヤーは、
たくさん配られた他のチラシからでもしっかりと何かを訴えかけているようで・・・
シンプルなデザインなのだけれど他のチラシたちとは何かが違う
ある種のセンスがあって・・・
しかも裏にはほぼ半面をつかった3Dバーコード、
で劇団名を見ると「鹿殺し」ですから・・・
それは記憶に残ります。

ラテン系のジャズCDをいくつか試聴したあと
ちょっと良い気分で
Tower Recordのビルを出てふっと広場をみると
劇団鹿殺しののぼりが見えて・・・
人だかりができていて・・・
近づいてみるとちょうど開始時刻だったようで、
10分ほどのパフォーマンスを見ることができました。

まず、思ったのが、役者の動きに本当にきれがあること
階段から降りてくる役者の立ち居振る舞い
「ライオンキング」のパロディ(?)にしても
役者たちが実にしっかりと動いているから
原作と異なるというか、ある種原作をのりこえた何かを観客にのこしてくれます
彼らのオリジナルといわれる曲(着メロあり)にしても
曲的には多少??であっても、弱めのギャグであっても
後ろの役者たちがの動きがしっかりとしていて
単に切れがよいだけにとどまらず小さな動作が導き出す豊かさのようなものがあり
さらに動きのなかに何かを込めるところまでできているので
思わずひきつけられてしまいます
年齢的にも比較的若いからできることもあるのだろうでしょうけれど
それだけではない表現の円熟がしっかりと存在している・・・
動きにコンテンツがしっかりとあるというか
細かい部分までまで手を抜かずにできているというか・・・
発声や歌唱力にしてもきちんとしたレベルにあるし
一人一人だけではなく
集団としての動きに統一したニュアンスが込められているので
10分という時間の最後には
たくさんのものを見せてもらった満足感と
もっと観たいという飢餓感を
同時にもらうことができました

その場で売っていたDVDを購入したのですが
私にはとても面白かったです
突き抜けたようなものはないのですが
途中、全体のトーンに変化はあっても、舞台上のぶれはなくて
物語をしっかりと構築していく感じ・・・
さわりだけちょっと観ようと思っていたのに
結局最後まで一気にみてしまいましたから・・・

こういう言い方もなんなのですが
ここは、ある意味、何でもできる劇団だと思うのですよ
たった10分間のパフォーマンスに
あれだけのクオリティを詰め込むことができる集団なのですから
もちろん芝居にしても、ライブにしても
意図があれば、それを具現化する力は間違いなくあると
感じました

となれば、あとは座長の葉月チョビさんがなにを想い
何を表現しようとするかなのでしょうね・・・
今後大きく表現の幅やクオリディを広げていく力には
もう十分恵まれているのですから
あとは彼女の意図次第という段階まできているわけで・・・
DVDを買うときに少しだけお話をしていただきましたが
非常に柔らかで上品な雰囲気をも持った彼女が
この才能たちで表現しようとするものを
次にチャンスがあれば
是非見てみたい気がします

チケットは取りにくいようですが
なんとか機械を見つけて・・・。

こういう棒にぶつかるとわくわくしますよね・・・

なんかとてもよいものにめぐり合った気がします

R-Club (お芝居の感想いろいろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぜいたく(それがくぐもった夕焼けでも)

久しぶりに、まだ外がすこし明るいうちに会社をでることが出来ました。
街が夕闇につつまれる一瞬、ビルの向こうにぼんやり燃える空の
なんて贅沢なこと・・・
晴れていたわけではないのでくっきりしていたわけではないのですが
それがまた情緒だったりして・・・
しかも、空の色はゆったりとしているけれど漫然と変わっていくわけではない
その一瞬ごとにしっかりと表情を忘れずに私と向き合ってくれます

昔ロンドンのテートギャラリーでこれでもかというほどターナーを見たとき
それぞれの絵のなkで光が雲に何かを言わせているなって思ったことがあります。
その一言に耳を傾けるように人はこの絵の前にたちどまるのだろうなって・・・
それは、朝焼けの空や、夕焼けのまさに呼吸ひとつ分の時間の言葉に思えて
大通りのビルを染める空の表情のメリハリにも思えて・・・

いつもより一時間早く会社を出ただけで
こんなぜいたくな気分になれるなんて・・・

Bob Fosseの自伝的映画「All That Jazz」のなかに
主人公は自分と寝たちょっと劣るダンサーに
ただこうするだけだと、動作をつけていくシーンがあります
こうして体を反って首をまげて・・・簡単なことだろって・・・
でもその簡単さが確実に行われないと
メリハリのある表現にならないのでしょうね

松たか子を「贋作罪と罰」で見たときに
彼女のひとつの仕草の完成度に舌を巻きましたが
彼女がすごいのはその完成度がなめらかに連続して
凛とした彼女のキャラクターを舞台に現出させていったこと
そこから派生する台詞はあまりにも瑞々しくて
なにか彼女をそこまで美しく見せるのか
しばらく考え込んだことがあります
瞬きひとつの時間に対する完成度なのかと・・・

ひとつの完成度を味わう、たとえばふっと窓から見る夕焼けの美しさ
でもそれを見続けながらゆっくりと家路につく時間はもっとぜいたく・・・

よいお芝居って観客席にむかってゆっくりとした夕焼けの言葉を
役者の仕草で伝えてくれるみたいなところがあるような

舞台にしても夕焼けにしても、
出会えるたびになんか、この時簡に生きていてよかったって
能天気に思ってしまうのです

R-Club

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こりゃたのしみ

笑福亭福笑師匠の落語、今年も東京であるみたいです。
けっこう楽しみですね・・・
「寝づの番」も関西落語家、しかも笑福亭松鶴がモデルといわれていますから
そう考えると福笑師匠もあの世界の方。
私生活を含めておもろいんやろうなと思います。

前にも書いたかもしれないけれど、
彼が若い頃の前座噺には本当に勢いがありましたからねぇ(近日息子など)
平林をやったときには高座おりて踊ってはったものね・・・
当時、私は右も左もわからないガキだったけれど
それでもぐぐっと惹きつけられるものがありました。
その芸風というか勢いを残したまま
円熟されたものだから
それはそれはすごい落語家になりはった
才能とは夢を見続ける力のこととは
鴻上さんのお言葉ですが
彼の芸って本当に勢いが力を失わずに
昇華された感じがあって・・・

名人とは芸を磨く力を失わない芸人さんのことなのかもしれませんね・・・
いずれにしても7月のシアターX、本当に楽しみです

楽しみといえば、今月は芝居以上に映画月間で
たのしみばっかりたくさんあって・・・
そもそもダビンチコードも嫌われ松子の一生もまだ見ていないし・・・
だいたい、仕事帰りの銀座で嫌われ松子の一生が見られないって
どういうことなんでしょうね・・・
川口とか大宮などでは見られるようで・・・
なんかよくわかりません
最近は周辺のシネマコンプレックスの方が
観やすいところも多いし別に文句をいってもしょうがないのですが
でも、銀座や有楽町でもやれよなって思うのは
中央区にて労働する人間の驕り昂ぶりでしょうか・・・
まあ、「寝づの番」は大宮や川口でみることが出来ないのだから
50・50なのかもしれませんが・・・

花よりもなお、前売り券を衝動買いしました
ぴんときたというか惹かれるなにかがあったというか・・・
なんかそういう面白いものに対する勘が冴えている時ってあるじゃないですか
いまがなんとなくそうかも

お芝居もポツドールがあったりするし。
安藤玉恵さんの主演って
庭劇団ペニノで一度見たことはあるけれど
台詞なかったしなぁ・・・
今回がたのしみです

こう考えると、
たとえ雨の季節であっても
ちょっとたのしいことがたくさんあると
なんとなく乗り切っていける感じがするから不思議

梅雨があけるまで
もっとたのしいことを一杯見つけられるといいですね

うん

R-Club


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »