« 映画と舞台のよい処取り(The Producers DVD待望論) | トップページ | こりゃたのしみ »

寝づの番の面白さ

マキノ雅彦第一回監督とのことで
「寝づの番」という映画をみてきました
面白かったですよ。
原作(中島らも)は結構前に読んでいたのですが
映像ってすごいですよね。
作品のイメージがかなり変わりました。

中井貴一さんというのは
基本的にコメディに向いているんですね
ダンダンブエノで生をはじめてみたときに
もっとシリアスな俳優さんというイメージを覆されたのですが
この映画をみるとシリアスな俳優だからできるコメディがあることが
よくわかります

堺正章さんもいい味出してましたね
歌合戦の部分のイメージって
本を読んでいるだけではなかなか膨らまなかったのですが
原作に忠実に、しかし原作よりはるかにニュアンスがしっかりと
伝わってきました

木村佳乃もいい女優さんであることを再認識
もっと華奢な感じのイメージがあったのですが
骨太な演技がしっかりできていて感心しました

なんていうのだろう
目を引くような派手さはないのだけれど
じんわりと効いて来る様な映画でありました
ただ通好みという感じはしますね。

交響曲のように壮大でもないし
今様のJPOPのコンサートにあるような
お洒落感もなかったりします
でも、フルオーケストラでも超一流のバンドでも
たとえば都都逸の世界って表現できないじゃないですか。
そういう意味では変わりになるものがない
でも捨てがたい印象を持った映画なのだとも想い

明らかに先代の松鶴師匠が浮かんでくる場面も多々あって、
そうすると私の好きな福笑師匠あたりはどのポジションになるのだろうと
考えたりもします。

まあ、良し悪しは別にして、時間に流されない記憶を
私の中においていってくれたことには間違いありません

レンタルになったらもう一度観たくなるかも。

自分が死ぬ前に思い出すのって
案外こういう映画なのかもしれませんね

芝居でもなんでもそうだけれど
しっかりとしたポジションを持った作品って
結構貴重だったりするかも。

多分、よいものをみたんだろうな・・・きっと・

R-Club


映画といえばダビンチコードはもう始まったのですね


|

« 映画と舞台のよい処取り(The Producers DVD待望論) | トップページ | こりゃたのしみ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。