« 12人の優しい日本人の懐深さ | トップページ | リアルであるということ=労働者M »

不評を観に行く

明日、労働者Mを観に行きます
しかし最近のケラのなかでも飛びぬけて不評ですね・・
「終わりの始まり」とまで書かれています

まあ、それでなくても
ケラの作品には・・・
口あたりが良くても毒のある作品が多いですからねぇ・・・
決して万人向けではありえないわけで・・・

おまけに席もA席、要は一番劇場の隅・・・・
劇場の雰囲気が全て見えてしまう席
どうなるのでしょうね・・・

でも、そういう作品の方が
実は楽しみだったりします
最近よい作品にけっこうあたってますからねぇ・・・
怖いもの観たさPlusまずいもの喰いたさ・・・
(そんな言葉はないけれど、究極のグルメの第一歩は
おいしさをしりまずさを知ることだそうですから)

ほさかようの作品などを観た後だと
ちょっと強い毒がほしくなったりします

結果は日曜日くらいに速報ということで
またこちらか本館に書き込みますので・・・

お楽しみに!!

R-Club

|

« 12人の優しい日本人の懐深さ | トップページ | リアルであるということ=労働者M »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不評を観に行く:

« 12人の優しい日本人の懐深さ | トップページ | リアルであるということ=労働者M »