« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

12人の優しい日本人の懐深さ

「12人の優しい日本人」、
今日のWOWOWの生中継にはおもわず見入ってしまいました
最初の三谷さんの前説(?)はやっぱりWOWOW用なのでしょうね・・
でも出演者が舞台に現れると拍手が起こったのにはちょっとびっくり
導入の部分での拍手はちょっと役者にとってきつかったかも・・・

まあ、私にとっては数年ぶりに希望したチケットをとり損ねた作品ですから
ちょっと悔しさがありつつ観始めたのですが
本当によい出来で・・・、晩御飯を食べるのも忘れて
引き込まれてしまった・・・・

この作品は舞台と映画で一度ずつ見たことがあります
舞台は再々演、パルコスペースパート3・・・
1992年ごろです。
今回小日向さんがやった9号の役を西村雅彦さんがやっていて
その理詰めでのものの言いようにかなり強い印象がのこっています
今回江口洋介さんがやった11号は野仲功さんだったような・・・

舞台を囲むように客席が作られていて
いまから思えば贅沢な作りでしたね・・・
今回生瀬さんがやっていた2号の役は相島さんでした、
生瀬さんが表現する心の暗部と
相島さんがかもし出していた心の陰影には
異なったニュアンスが感じられて・・・

ひとつにはその時代というものが
芝居の空間に当てた光が違うのかもしれません
また、舞台の生と映像の違いもあるでしょう

でもそこに三谷戯曲の深さという一面もあるような気がします
よい戯曲というのは柔らかくしっかりとした芯を持っているもの・・
今回の芝居を観て、この芝居の懐の深さを思ったのは
私だけでしょうか・・・

たとえば古典落語を聴くように
落ちがわかっていても
物語に惹かれてしまうような・・・

江口洋介の演技に役者としての
立体感がなくても
それが小さいことにすぎないような力が
この芝居には間違いなくあって

たぶん、こそっと録画したものを
再び観たとしても
きっと惹かれてしまうとおもうのです。

これって最高の賛辞かと
思うのですがいかがでしょうか?

R-Club

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松永さんもすごいけれどN饗もすごかった・・・

仕事が忙しくて
なかなかこちらにこられませんで・・・
サラリーマンのつらいところです。
本館(R-Club)の更新も
ちょっと遅れがち・・・

Agape Storeの「Biggest Biz」の感想、
14日に観劇したのですが
あまりにも書きたいことが盛りだくさんで、その割には感じたことをまとめる力が
まったく追いつかず
UPできたのが東京公演の最終日、22日という体たらく
しかも松尾・後藤・三上といった役者たちの力について
ほとんど表現できなかったし・・・
ちょっと凹みがち・・・
まあ、松永玲子さんの印象が強かったですからねぇ・・・
見るたびにより力ある女優になっていくし・・・
うまいだけではなく力のある女優・・・
かなり女優にとってハードなシーンのあとにくる
一瞬の醒めた台詞のなんと魅力的なこと・・・
元々好きな女優さんではありましたが
あの横顔は多分一生忘れないでしょうね・・・
本当にすごいものってさりげなくやってきて
後姿に惚れ惚れするものなのだと思います
篠原ともえさんも今回は当たり役でしたね・・・
前回私が彼女を観たのはスプーキーハウスだったけれど
今回は足場がしっかりしたというか
自分のスタンスで芝居ができていたというか・・・
ゆとりがあって観客をしっかりと繋ぎとめていましたものね

すごいといえば雪の土曜日に(要は21日です)
埼玉芸術劇場でみたN饗のコンサートも聴き応えがありました
サントリーホールやNHKホールなどで聴くコンサートに比べると
手馴れた定食メニューという感じなのですが
それでも、管楽器8本の美しい演奏に魅入られ
田部京子さんのモーツァルト25番(ピアノコンチェルト)に酔いしれ・・・
でも交響曲40番はもっとすごかった
指揮者なしの演奏というのが売りだったのですが
その分指揮者の個性はまったくなく
でも音楽がゆったりと広く聞こえるのですよ・・・
ピアノコンチェルトの時には押さえ気味だった
オーケストラの音色が躍動する感じで・・・
40番は第四楽章が一番すきなのですが・・・
こんなに生き生きとした演奏を聴いたのは初めてでした
コンサートマスターの堀さんの色がそういう感じなのか
指揮者がいないことで一人一人の音が伸びやかになるのか
その辺はまったくわかりませんが・・・。

冬の寒いときには
こういう精神的アミューズっていいですよね・・・

チケット貧乏もあまり気にならない
週末を2週間連続で過ごすことができました

来週の芝居(白い部屋の嘘つきチェリー)も
楽しみだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌わせたい男達が朝日の賞を・・・(戸田恵子さんのこと)

朝日舞台芸術賞を「歌わせたい男たち」がとりましたね・・・
戸田恵子さんは秋元松代賞とダブル受賞ということで・・・
(なにわバタフライの演技も加味されていたようです)
自分が見にいった芝居が賞の対象になるのは
なんとも言えず嬉しいですよね・・・

戸田恵子さんは、むかし加藤健一事務所のブラックコメディを観て
すごい女優さんだなと思ったのですが(1990年)
それ以降も彼女の舞台にははずれがなくて・・・
評価も一段と高まってきたし、私にとっては観るたびに
脂が乗っていくようで・・・

舞台に色をつけることも消すこともできる女優さんですしね・・・

今回の賞が彼女の演技を一層磨き上げていくのではとも思うし・・・

最近、しっかりと実力のある人が賞をとる例が増えていているのは
とても喜ばしいこと
ノミネートのレベルではありますが
松尾スズキの芥川賞候補も三浦大輔(ポツドール)の岸田國士戯曲賞も
かれらの力という観点からすると実に納得が行きますものね・・・
三浦の「愛の渦」なんて、既成概念ではなかなか評価されにくい作品で
あるにもかかわらず
しっかりとあるシーンを描ききる力を
見る人は見ていることがわかって
結構他人事ながらよかったななんて思います
(賞の候補になっただけでこういうことを書くのは
 三浦さんに失礼かもしれないけれど・・・)
これで本当に賞を取ったら、たとえばあの時の安藤玉恵さんなど
女優さんの熱演が再度報われますものね・・・

賞というのはその力に値するものに与えられることが
大事なのだろうし、
松尾さんにしても三浦さんにしても
取れればよいのになと思います

そうすれば彼らが賞を越えた先に発表するものが
きっとすごく楽しみになるでしょうから・・・

戸田さんのような機会が彼らにも
与えられますように・・・って
お祈りするのもおかしな話なのですが・・・

ちょっと期待ということで・・・

R-Club

| | コメント (0) | トラックバック (0)

華麗なるミュージカル(Broadway100年の歴史)はお勧めです

改めまして
あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

さてさて、今年はわりあいと穏やかな新年で
関東地方は昨日のお湿りが帰って恵の雨となりまして・・・
今日は外ぽかぽか日差しの窓の外です
年末から新年にかけてはぼんやりとテレビをながめておりましたが
それでもけっこう時間がつぶれてしまいました。
「無駄は贅沢」
私の今年最初の贅沢は「無為にほげっと」時間を浪費することで
ありました

ところで、去年から今年にかけてのテレビを見ていると
今年はNHKが意外に大健闘だったような気がします

紅白、けっこう見せ場が多くて
カチャカチャリモコンを操作しながらの良いところ観でしたが
モーニング娘OBの踊りにはけっこう引き込まれたし
クループたましいのライブ映像も始めてみることができて
他の歌手の方も例年と違ってよいほうに気合が向いているような感じで
ついつい見る時間が長くなってしまいました。
中沢さんや加護さん辻さんが
しっかりとプロのアーティストの顔になって
現役のモーニング娘に絡むところなど
ちょっとぞくっとしたりして・・・・
グループたましいでは阿部サダヲさんがやっぱり目立っていたけれど
後ろでクールに指を動かしていた宮藤官九郎さんや三宅弘城さんたちも
なかなか楽しそうでありました。
しかし、岸田戯曲賞受賞者の紅白出演は歴史上初めてではないでしょうか
まあ、例年鼻につくバックの人数をかけた踊りは今年も変わっていませんでしたが
それでも大健闘だったと思います

また、その舞台裏のドキュメンタリーを2日の夜にやっていましたが
これも面白かったです。
倖田さんの関西のおばちゃん的あかるさもつきぬけていて好感触だったし
製作者達の緊張感のようなものが妙にNHKのイメージとちがっているのも
観ていて楽しかったですね
みのもんたの清濁併せ呑むような雰囲気も意外と紅白の舞台裏には
マッチしていたりして・・・

紅白以外でも、元旦のNewYearコンサート(ウィーンフィル)はやっぱりすばらしかったし
今日(3日)の朝やっていたイッセー尾形さんや演出の森田さんが
アマチュアの人たちと舞台をつくりあげていくドキュメンタリーも思わず
見入ってしまいました

でも、新年一番はまったのは、1日の深夜に始まった連日6回シリーズの
「華麗なるミュージカル Broadway 100年の歴史」というドキュメンタリーです
この番組は実に秀逸!!もう虜です
なんでもBSで去年の夏あたりに放送したそうですが・・・

私たちが今見ているミュージカルの原点がどのようなものであったか
わかりやすく楽しく解説してくれます
コメンテーターもけっこうすごくて・・・
司会がジュリーアンドリュース、ベン・ヴェーリンやメル・ブルックス・・・
そうそうたる役者や製作者・評論家や研究者がコメントを
加える中で、けっこうふだんお目にかかることの出来ない
映像がふんだんに溢れかえっていて・・・
歴史とか小難しいことを考えずにみているだけでも楽しめるし
気が付くと自分が今見ているミュージカルの原点がよくわかります
WNET(NewYorkの放送局)と
NHK、BBCの共同制作だそうですが
このような良質のドキュメンタリーをつくるのはやっぱりNHKだなと
思います

土曜日までの6回シリーズ、今日の夜は3回目
ブラックマンデーやトーキー映画台頭後の
ちょっと暗い時代からの復活のお話だとのこと。
まあ、2回分の放送は終わってしまったけれど
お楽しみはこれからで・・・

ワクワクしながら夜をまってしまうような
それほどの魅力に満ちた番組であり超おすすめです。
新年早々こんな番組にめぐり合うなんて
結構幸せ・・・(*^_^*)

こういう番組をしっかりと作ってくれたら
世間にはびころ料金不払いもちっとは減るのではないかと・・・
余計なお世話かもしれませんが。

まあ、なにはともあれ新しい1年のはじまり、
本年もR-Clubを本館・別館とも
よろしくお願いいたします

RーClub(お芝居の感想などいろいろと)a>

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »