« 贋作罪と罰 役者の息遣いまで・・・ | トップページ | 華麗なるミュージカル(Broadway100年の歴史)はお勧めです »

一年のご愛顧に・・・

あっという間にもう冬休み・・・、といっている間に大晦日で
この記事が公開される頃には除夜の鐘がなり終わっている頃だと思います。

まあ、一年とはかくも早く、これじゃ人生そんなに長くないななどと
お正月になったばかりで不吉なことを・・・
申し上げてはよろしくないとは思うのですが
「正月や冥途の道の一里塚」なんてことを思い出しながら
本日の夜の予定を考えているなんぞ
やっぱり歳を取ったのでしょうね・・・、私も・・・

しかし、今年もいろんなことがありました。
本田美奈子さんの死は、やっぱりショックだったし
福知山線の事故も一瞬の非日常が私の足元に眠っていることを
本当に痛感したできごとでもありました。
個人的には5年ぶりにNYを訪れて、本場物の「The Producers」や
「Hair Spray」さらには18年ぶりに「Sweet Charity」を観ることができたし・・
カーネギーホールの「Eddie Parmier」も本当にすごかった
もうすぐ日本にやってくる「Moving Out」も素敵でした。
まあ、グラウンド0を目の当たりにしたときの
やりきれなさも筆舌に尽くしがたいほどでしたが・・・
(このブログにくっついているブログペットの背景は
 昔、9.11の8ヶ月前にWTCに登ったときに
 撮影したものです。)

芝居は25本+5本(NYにて)観ました
一番心を強く捉えたのは1月の野田MAPの小西真奈美か
12月の野田MAPの松たか子でしょうが
強さだけではなくやわらかく染入るように心を捕らえた演技は
たくさんありました。

Deep Forestの楠見薫と新谷真弓とか、untitledで観た役者たちの才気とか・・・

時間の流れが速く感じるのはそれだけ満ち足りていたからだと考えれば
冥途の道の一里塚がすばやく通り過ぎていくのも
そんなに悲しむべきことではないのかもしれません

歳があければ、新しい幕がバンバン開いて
わくわくやどきどきやじーーんやうーーんがあふれ出してくる
除夜の鐘が鳴り終われば
映画「All That Jazz」で主人公のジョーギデオンが
毎朝鏡にむかって述べていた台詞が
さりげなく聞こえてくるのでしょうから・・・
「It’s show time,fox!」と

だから、大晦日のちょっとしたセンチメンタルは今年の隅においておき
新しい年の幕開けを待つことにしましょう。

新しいショータイムの5鈴はもう鳴り始めているのですから・・・

というわけで今年一年R-ClubおよびR-CLub Annexを訪問いただいた皆様
私のつたない文章をお読みいただき本当にありがとうございました。

また、来る年に感じたこと、一生懸命つづらせていただきますので
お目汚しとは存じますがほんの少しでもお付き合いいただければ幸甚に存じます

そして、この文章が公開されるころは新しい1年という緞帳がゆっくりと上がり始める頃・・

皆様あけましておめでとうございます。

来る一年、皆様のご多幸を祈念しつつ・・・

本年もR-Clubをよろしくお願いいたします

R-Club りいちろ

|

« 贋作罪と罰 役者の息遣いまで・・・ | トップページ | 華麗なるミュージカル(Broadway100年の歴史)はお勧めです »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一年のご愛顧に・・・:

« 贋作罪と罰 役者の息遣いまで・・・ | トップページ | 華麗なるミュージカル(Broadway100年の歴史)はお勧めです »