« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

生きるもののための墓地@赤い鳥逃げた

今日は久しぶりになにも予定のないお休みで
久しぶりに父のお墓参りをしてきました。
家から車で20分くらいのところにあるのですけれどね・・・
まだ分譲中(とはいわないか・・・)でどんどん新しいお墓が・・

父の納骨をしたころはまだ隙間だらけの霊園が
気が付けば美しい公園墓地に生まれ変わっておりました
並んだお墓の墓誌をなにげに読みながらあるいていると
ひとつひとつの墓石の下に眠る人生の重さのようなものが
なにげにそこに潜んでいるのを感じます

それは同時に今生きている人の人生をも浮かび上がらせる
当年でなくなった子の名前を墓誌に刻ませた母の気持ちや
27歳の女性を墓に収めた父もしくは夫の無念・・・
お墓というのは死んだもののものであるけれど
ささげられた花たちに浮かび上がるのは生きたものたちの想い

離風霊船の「赤い鳥逃げた・・・2005」を見たとき
ふっと父親の墓地の風景が浮かびました
生きるものと死せるものの関係を見事に描いた作品
日航機墜落が1985年の夏でその翌年の1月には
初演されているとのことで当時の衝撃はさぞやと思います

ただ、その衝撃度の強さは風化しやすさでもあって・・・
パンフレットを買って片桐機長の話を読んでも
舞台上に現れた彼の役割は誰にもわからない

2005とタイトルに銘打って20年の時間を舞台上に設定しても
風化ということが吸収されていないから
だから衝撃はかなり古臭いにおいを放ってしまう

惜しいと思うのですよ。
もう少しやり方を考えれば
時間のかけがえのない重さまで
表現できたかもしれないのに・・・
ギター侍に残念といわれるような(ニュアンスとして・・・)
どうしようもない風化・・・
なにかを足すか引けばうまくいくような気がして
でも、きっと難しいのだろうなという気もして・・・
舞台の屋台崩しは感動物だけれど
物語が屋台崩しになってしまうのはあんまりだし・・・

そんなことをふと考えてしまいながら
実物をみたシアターグリーンをでると
そこにはお寺が何軒か並んでいてお葬式の準備中
ひとつの命の終わりに対してたくさんの人が働いているのを見て
その魂は昇華し、生きるものたちだけが墓地に参り
そして生きることを思い・・・
芝居の普遍性をひしひしと感じるだけに
益々、うーーーんと唸ってしまったことでした

R-Club

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通勤路が至福の音に包まれて

いつも丸の内線の銀座駅から勤め先まで
地下道を利用するのですが、
今日の帰り道、その一角がライブ会場と化していました。

なんと、paris matchの水野まりさんがご出演
paris matchは大好きで、CDもほとんど持っているのですが
生で聴く彼女の声はCDよりもずっと艶と力がある感じ・・・
低音の部分のハスキーな声にしっかり魅了されて
そのまま高音の伸びとしっかりとした太さのある声につれられていく
快感といったら・・・
CDでの彼女のボーカルは軽さと洗練が強く感じられるのですが
(それはそれですごく魅力的)
生で聴くとそこにまっすぐに聴き手に向かってくるような強さと
きらっと輝く艶のようなものがさらに加わった感じで・・・
まあ、10mくらいの距離で聴いているのですから
迫力もすごいのですが
繊細な部分、言葉を大切に歌っているところもしっかりと伝わってきて
スローなナンバーに取り込まれ、アップテンポなナンバーに揺さぶられ
最後のカーペンターズのナンバー、「close to you」には魅せられて・・・
ギターとキーボードだけの伴奏で
銀座の歩きなれた通勤路にしっかりと彼女の世界を作り上げてしまうすごさ
彼女の歌声に包まれながら、快楽にも近い時間を過ごす中で
一層paris matchのファンになってしまいました
20051111185837


もう一組、ブレッド&バターのお二人のステージも充実していました。
本当に気持ちよさそうに歌っているのが
観客にも伝わってくる感じ
ここ一番の迫力もさすがプロで、
しっかりと観客の聴くスイッチを入れてくれるような・・・
歌詞に込められたメッセージも秀逸で
しかも押し付けるのではなく共有するような感覚で
聴き手を捕らえていくのです。
一番すごいなと思ったのは
初老から次のステップに移るくらいの風貌と裏腹に
その声の若々しいこと・・・
聴いているうちにこっちが若返る感じさえしましたもの・・・
そして、それぞれの曲にこめられた感情やわくわく感が
自分にしみこんでいくのが心地よくて・・・

音楽というのは、不思議な表現方法で
ロジックでなく、人の心が持つスクリーンに
直接色を塗ってしまうようなところがある気がします
芝居なら動作を積み重ねて表わしていくような感情を
いくつかの音や歌詞でもっと深く表現してしまう
芝居がプラネタリウムで宇宙を表現するとすれば
音楽は星の瞬きだけで宇宙の広さを悟らせてしまうような一面が
あるような気がします
実際のところ、ギターとキーボードのようなシンプルな伴奏に彩られたボーカルが
あれだけの世界をしっかりと構築するのですから
音楽恐るべしです・・・

いつもの通勤路に現出した、心地よい非現実、
出演者はWarm Biz宣伝の一環として、暑さのなかで
スポンサーからのお仕着せのセーターなど脱ぐこともできず
ある意味大変だった思いますが、
観ている方はその暑さに南の音楽リズムをしっかりと思い出し
結果としてたいへんおいしゅうございました

こういう体験は、今回のように無料でなくてもよいから
もっとたくさんして見たいですね・・・
芝居の代わりではなく芝居に加えて
もっとコンサートなども聴きに行きたいものだと感じたことでした

R-Club


| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう一度歌声を聴きたかったですね

まず、昨日から、ずっと抱えていたものを吐き出したいと思います

本田美奈子さんの逝去は正直言ってかなりショックでした。
デビューのころから本当に美しい歌声だったし、
なによりも歌手出身であっても
演ずることを知っている女優さんだったように思います
そんなにたくさんのステージを見たわけではありませんでしたが
彼女が本当に熱演したミス・サイゴンの舞台の印象が
昨日のことのように残っています
歌にしても演技にしても感情をしっかりと乗せて観客に渡すことができる
女優さんだったように思います

本当にもったいないとおもうのですよ。
もちろん日本にもミュージカル女優として
才能のある方は山ほどいらっしゃいますが
主役をしっかり張って、なおかつ遜色がない人って
指で数えられるくらいだと思います
一番脂が乗ってくるときに、
蓄えたものがさらに熟して実をつけようとしていたときに・・・

亡くなるすこし前に自らが演じる姿を
DVDで観ていたそうですね
どんな思い出自らの美しい歌声を聞いていたのでしょうか
それを思うだけで本当に胸が痛みます

素直な気持ちとして
もう一度彼女のステージでの歌声を聞きたかった
こんなあきらめきれない気持ちになるのも
久しぶりです

11月6日に思いをはせて・・・

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »