« 猫のヒゲの仕組みの仕組み | トップページ | 短い話 »

笑福亭福笑のグルーブ感

シアターXに笑福亭福笑師匠の落語を聴きにいってきました。

ゲストもナイロン100℃の松永玲子さんにヒロ松元さんと
ちょっと毛色のかわった面々なれど
その分笑いも増量・・・

松永さんの落語、福笑師匠の高座と比べると
間の取り方や所作に若干ぎこちない部分はあるものの
着物の着こなしはさすがだし
凛とした感じも高座に生えておりました
まくらの部分も非常によい出来で
ここという部分でしっかりと笑いをもらっておりました。
ちゃっちゃとやってとおっしゃっておりましたが
なかなか貫禄を感じさせる話しっぷりで・・・
観客を取り込むような感じが場を一気にひとつにした感じでね・・・
むかし吾妻ひな子という芸人さんがいらっしゃって
おんな放談という三味線を使った高座をされていましたが、
(恐ろしいことにガキのころ一度寄席でみたことがあるのですよ・・・
♪おかげで日当になりました。それでは、みなさまさようなら、ははのんきだね♪って
鮮やかに覚えています)
本芸(のんき節で時節を織り込んだ歌をうたう)のまえに
客席にむかって甘い声でぼやくように語りかける話芸がほんとうにすばらしくて、
でも松永さんもそれに近いような雰囲気を作り上げていたようなきがします。
噺のほうは、最後がちょっと失速した感もありましたが
でも、女性がこの噺をやって笑いをとれるというのは
松永さんの持つ芸のなせる技かとも思います

松元ヒロさんは初見なのですが、
プロの芸人さんってやっぱりすごいですよね・・・
福笑師匠の客が違う筋肉を使って笑いこけるというか・・・
私はこういう芸が大好きなのですが
やっぱり客を選ぶ芸人さんのひとりなのかもしれませんね・・・
立川談志師匠、笑福亭福笑師匠、快楽亭ブラック師匠と会をするという想像を絶する場を体験したとのことですが(それはそれで見に行きたかった)
この方にはそういう面々に一目おかせる何かがあるのだと思います
芸人としての気概というか、自分の芸をしっかり持つというか・・・
自分の表現のためには何かを捨ててもやりぬくみたいな・・・

でも、こんなすばらしいお二人も
福笑師匠の芸の前にはやっぱり小さく見えてしまうのですよ
なんていうのだろう、
酢豆腐じゃなくて・・・、ちりとてちんの枕で
まるで橘家円蔵師匠のようにストーリーを最初に説明してしまって
それでも落語として成立させるのが芸の力やと
力瘤を作ってみせてそのとおりにするパワー
でも所作や語り口のなんて緻密なことか・・
しっかりと整備されたものすごい排気量の車で
ドライブをしているような・・・
点ではなく面でぐっと押し出されてくるよな迫力

「ちりとてちん」の
理詰めで腐った豆腐を食べざるをえなくなる
竹さんの断末魔のような逆切れのすごさ
一気に語る福笑師匠の語り口には
ある種のグルーブ感すらあって
観客はコースタが浮揚するような感覚すら味わうことになります

「ちゃんちきおけさ」ではそのグルーブ感がさらにすごくて
それが3つのエピソードごとにだんだん大きくなってやってくる
オールPのネタが関東にひとにはわからなかった部分で
jほんのちょっとスピードが落ちた以外は
圧倒的な力で押し流された感じ・・・
それはもう時間を忘れて非常に細密な非日常にほうりこまれたような感覚で
終わったときには「え、もう???」という感じでした・
芝居でもそうですが本当によいものを見たときには
時間ってなくなっちゃうのですね・・

素直にまた見たいな・・・と思いましたね
理屈とかじゃなくて、「ええもん見たな・・・」という感覚。
サブタイトルが「おもろい落語をききなはれ」だったのですが
ほんまはおもろすぎる落語をきかせてもろたという
看板にいつわりがないどころか過小な広告であったというのが
結構すごい

でも、本当によいものを見ると体力を消耗するというか
パワーがもう切れてしまうのでしょうね。
で、帰りにどぜうを食してまいりました
友人のご夫婦に連れられて森下の「伊せ喜」まで
シアターXから歩いて15分
これがまた絶品でしてね・・・
どぜうだけでなくうなぎの白焼も本当においしくて・・・

DSC00600


なんか幸せな一日で・・・
最初、配られた演目の紙をみて日付が1ヵ月後になっている(誤植)のにも驚いたけれど
おわってみれば一ヶ月はもつほどのおもしろさということで
お客さんのはずなのに、なんか福笑さんと松永さんと
松元さんには感謝してしまいました

R-Club


|

« 猫のヒゲの仕組みの仕組み | トップページ | 短い話 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑福亭福笑のグルーブ感:

« 猫のヒゲの仕組みの仕組み | トップページ | 短い話 »