« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

散漫と統一(劇団健康 トーキョーあたり)あるいは小泉ミュージカルと岡田芝居

劇団健康が旗揚げして20年なのだそうで、
ひさしぶりの公演とやらをみてきました。
まあ、役者が豪華でねぇ・・・
ロマンチカの横町さんなども出ていたけれど・・・
当時はまだ駆け出しだった役者さんもいまでは一枚看板クラスの
役者さんばかりで・・・
20年というのは本当に人を育てるということが良くわかりました
感想を「R-Club」に
アップしてありますので、もしご興味をいただけるようでしたら
ご覧いただきたいのですが、それなりに客を選ぶきらいはあるといえ
個々のシーンに洗練が感じられ、ケラの力量を思い知ったことでした。

まあ、ピッチャーでいえばストレートにきちんと力がある上に
様々な変化球がきちんとコースに来る感じでしてね
あたりまえの感性で対抗していたらファールチップにしかならないけれど
自分の感性が芯でとらえたときに返ってくるインパクトは並ではない。
ある意味、真剣勝負というか自分の感性が試されている感じさえしてしまう。
今回の芝居は表面的には散漫な仕上がりにも思えるのですが
その裏にある統一された表現のセンスには舌を巻くしかないのですよ。
逆に方向があちこちの枝を支える幹がケラの中でしっかりと構築されているから
枝にぶら下がった果実に強い個性があっても
ルーズな物語のなかにしっかりと収まってくれる
作品の中のキャラメルボックスいじりなどをみていると
自虐的でチープな表現(実は贅沢な表現手法なのだけれど)の裏側に
彼一流の演劇に対する自尊と批評の精神が見え隠れして
ケラの表現の散漫さが、逆に統一感をもった広がりにつながっていることに
物語とは別の感動をしたりするのです
こういうものに対しては観る方も、真剣勝負で自分の感性を晒せるなって思う・・・

今の政治だって同じようなもの
今回の小泉さんの解散劇はしっかりとした幹を構築して
国民の感性を問うている感じがします
国民を印籠に書き込んでふりまわし
「私はこんな風に国民を手玉にとってみせます」と
自らの晴れ舞台の仲ではからずも本音というか自らの本質を露呈してしまった
綿貫某氏は論外としても
愚直に建前を貫きながら台本と演技力の薄さから
道化しかできなかった民主党の岡田氏のストレートプレイと
逆にここ一番の大舞台を見事な演出で演じぬけ
大向こうを唸らせたうえでの小泉氏の作演出ミュージカルでは
どうみても岡田氏の劇場が大入り満員とは行きにくいかも・・・
今の日本のことを考えたとき、地方への利益誘導ではだめだということなど
みんなわかっていることであり
それをどう具現化させていくかを観せる園やり方が問われている中で
岡田氏は確かに主役のせりふをしっかり語ってはいるのですが
いかんせんやっぱり表現は大根で・・・、大向こうのやじですぐに馬脚がでてしまう
大根の芝居に感性を鋭くして付き合いたいとはおもわないものなぁ・・・
まあ、臭いだけの田舎芝居を近所に浪花節を大音響でながして演じて嫌がられる
亀井氏よりはずっとよいにしても・・・
くさい役者を駆逐してそれなりに洗練されたスタッフで脇をかためた小泉氏とは
力量的にかなり大きな差があるような気がします

おんなじ値段を払うなら、青臭くて創造性に薄い民主素人演劇を観に行くよりは
しっかりと客を満足させる仕掛けいっぱいの満足感がありそうな
自民ブロードウェイミュージカルを観に行くだろうな・・・今の作品の出来では・・
むしろ、小劇場に徹している方が面白い場合があって
堀江さん@広島6区はちょっと前衛的でなおかつ革新的な出し物で
これはこれで観に行きたいと思うし
田中康夫氏なんかも風刺劇っぽくてこれはこれで興味を惹かれるのですけれどね・・・
でも田中劇団も主宰者の演出は才を感じるけれど
役者の線はいまひとつ細そうだものな・・・。
企画倒れの小劇場演劇もたくさんある昨今、一夜限りの観劇に劇団タナカを選ぶのはかなり勇気が
必要かもしれません。

もちろんブロードウェイのミュージカルだって企画倒れはたくさんあるのでしょうが
今回は郵政の衆院通過からしっかりと前公演の評判をとってきた演目ですから
これはそれなりの満足度をえられる確率が圧倒的に高い気がします。
今回の小泉さんの強さは、様々な事象がひとつの幹にしっかりと結びついて
結果としてその果実が見えていること
一つ一つのいろんなことは散漫に見えるのですけれどねぇ・・・。
だから、今回の突然の選挙の成り行きも、小泉政治という芝居全体から見ると
意外性があってなおかつ必然的でよくできた物語の一シーンなわけで・・・
むしろ客もそれだけの意外性のある大仕掛けな舞台を始められたら最後まで付き合って
カーテンコールの3回や4回はさせようかって気になりますよね・・・
ここまできていきなり岡田さんの青臭い芝居に舞台を差し替えましょうかって言われても
いまのクオリティではやっぱりいやだと思います

ケラさんにしても小泉さんにしても
ある種の天才がしっかりは待った仕事をしたときには
観客はその仕事をたっぷりと楽しむだけのゆとりを持って
座席に腰を下ろすことが一番ベストな選択であるにちがいありません
まあ、前衛劇も青臭い芝居ももたまにはいいけれど、
今見たいものは、少なくとも私には、そういうものではないという気がするのです

芝居の客の入りは9月11日のお楽しみではあるのですが・・
各劇団ともこのままの仕上がりなら結果は見えていることだし
でも、芝居って最後のゲネプロまぎわでぐんと良くなる作品も
あるそうですから・・・

どうなりますか、興味は尽きないところです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演劇的政治ショー

やっと夏休みになりました。
学生の方は7月から夏休みでしょうが
会社員でそれをやると、たちまちご飯が食べられなくなってしまいますからね・・・

しかし、世の中も暑いのにどんどん動いていますね・・・
日航機事故からもう20年とか・・・
昔、歴史で昭和になってから第二次世界大戦まで16年と習って
けっこう長い時間がその間に流れていたとばっかりおもいきや
日航機の事故が起こってから現在に至るまでに
昭和は始まり終戦まで迎えているのですものね・・・
千年一日の思い出で毎日を過ごしていると
あっという間に取り残されてしまうということなのかも知れませんね

そういえば、郵政民営化のなかで、郵政民営化に反対した自民党議員の
姿をみていると
歴史に取り残された人々の悲哀を感じてしまいます
なんかちょっとしたドラマを見ているようですものね
今回の一連の政治ショーは・・・
先日の報道ステーションで亀井静香さんのインタビューを聞いていて
この人はだめだと思ったけれど(小泉さんをルール違反と責める自分が
党の規律を乱していることを正当化することのおろかさに気付いていない
点において・・・、さらには世界が日本に対して要求している変革のスピードに配慮しない
愚鈍さにおいて)
小泉さんの自民党に巣くう旧態依然とした勢力に対する大掃除物語に
まんまと乗せられている旧勢力の人たちの姿を見ると
本当に良く出来た小泉純一郎作・演出・出演の小気味よい芝居に
敵役で出演の皆様の大根ぶりが目に付くお話でありました。
まあ、参議院で法案が否決されれば自分達は勝ちだと思ったのでしょうけれどね・・
あの状況で法案を否決するというのは
自分の首に繋がる縄がついていることに気づかずに
縄の反対側が繋がっているボーリングのボールを投げてしまうようなものですからね・・・
こんな思慮のない愚行ってミッキーマウスのCartoonの世界の出来事で
そんな落ちが見えないグーフィーのような人に自分の国を任せるなんて
できるわけないのにね・・・
正直いって報道ステーションに出ていた亀井さんはピエロの役回りで
古館さんの舞台運びに合わせて道化の真髄を見せておりましたが・・・
道化は道化、道化が唯我独尊でえばっているサーカスなんて
誰も見たくはないわけで・・・

それに比べて、衆議院解散時の小泉さんのテレビへの演説は
戦後政治に名を残すであろう名演技でした
芝居でもここ一番きめが必要な場面ってありますよね
あれがまさにそうだったし
小泉さんは当代の勘三郎並にしっかりと舞台を背負って見せましたものね
観客はおもわずおひねりを投げたくなってしまうほど・・・

一方で、今回の法案否決騒動で一番うけてしまったのは民主党のこと
回ってくるお鉢をお約束ってかんじで取り逃がし
そのギャグのあと物語の中心から
民主党さんが見事に吹っ飛んでしまいましたね・・・
自民VS民主の構図でしかも自民は内輪もめ、
これは民主の勝ちに間違いのないところという話が
気が付いたらスポットは自民にしかあたらず
民主の看板は脇の3番目になってしまった

Bob Fosseのミュージカル、「Chicago」の中に「Mister Cellophane」という
ナンバーがあります。
主人公Roxy Heartの旦那が歌うナンバー、
結局だれからも存在を忘れられてしまうような存在というか役回りがあって
その悲哀を歌うのですが
先日Accuradioでこの歌を聞いて
思わず民主党を思い出してしまいました。
岡田さんの生真面目さってどこかRoxyの旦那に通じるようなところが
あるような気がするのですが・・・
でもショーってそのようなキャラクターが拍手を受けるナンバーはあっても
彼を中心には決して回らないのだろうな・・・

今回の選挙の重要さは痛感するし
ここで日本が改革を推進できなければ日本は間違えなく世界からとりのこされる
こともわかっているのですが・・・
なんか舞台に立つ役者に力のばらつきがありすぎて
中心になるべき民主党政権交代物語をを透かして見えるのは所詮
自民党の必殺仕事人物語だし
一時期スポットが当たった郵政民営化反対議員も
結局赤い鼻をつけた道化だってことがばれてしまったし
一方で自民党分裂に関しての小泉主演の物語は出来がよすぎて
結局は引き込まれてしまうし・・・

ほら、大竹しのぶさんが舞台に立つと
周りのトーンは全部彼女の演技にそまってしまうでしょ・・・
それと同じように、よい舞台を維持していくには
もう小泉さんに演じ続けてもらうしかない物語になっているのが
現状ではと感じます

それとも、今回のお芝居で歴史に残るような名演技を見せてくれる役者さんが
ほかにもいるのでしょうか・・・
20年後にも昨日のことのように語り継がれる大芝居はみれるのでしょうか

それならとてもたのしみなことですが
それができる役者って片手で十分あまるほどにしか数えられませんものね
でも意外と楽観できるということは
やっぱり主演の小泉さんの勝ちなのだろうという気がします

R-Club

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姫が愛したダニ小僧

暑さのせいというわけでもないのでしょうが・・・
自宅のパソコンの調子がちょっと悪くなってびっくり・・・
急に操作の速度が遅くなってしまって・・・
どうやらWindowsのはいっているドライブにデータを詰め込みすぎて
システムのパフォーマンスが悪くなったのが原因だったようなのですが、
気が付くまでに一週間ちかくかかって
その間は、それはもうブルーな毎日でした。
知り合いに対処方法を聞いてとりあえず無事復元はしましたが、
なんだか、機械に対して全幅の信頼を置くことの恐ろしさを
そこはかとなく感じたことでした

とそんなわけで、しばらくこちらの更新ができなかったのですが
その間に後藤ひろひと作・演出の「姫が愛したダニ小僧」を
観てきました。
いきなり余談ですが、
楽日でナンバーズCMにご出演の女優Tさんがご来場で
階段で私の前を歩いていらっしゃいました。
聴くともなしに一緒に来られた方との会話が聞こえてきたのですが
艶のある本当に美しい声で
やっぱりプロの女優はすごいのねと妙に関心をしたり・・・

芝居自体はすごくよかった(本当にそれが一番適切な表現だと思う)
のですが、いろんなことを考えさせられる舞台でもありました

その前にプロデューサーズを見たのですが、
あのなかにもけっこうひどいというか、冷静に考えるとまゆをしかめるような話が
たくさん出てきますよね。
老人を騙して小切手を奪おうとか
そもそも最低のミュージカルを作って制作費の一部を分捕ろうなんて
まさに犯罪のようなお話なのですが
でもそこには現実のみごとなデフォルメが潜んでいたり
様々な立場の人たちの本音の部分が織り込まれていたりして
それが最高のスタッフによって舞台上に具現化すると
芸術にも昇華していくような物語になる・・
良識や常識と笑いというのはコインの表と裏のようなもので・・・
で、「姫を愛したダニ小僧」も
基本的にはプロデューサーと同じ手法だとおもうのです
ただストーリーだけを素に書いていくなら
本当にくだらない夢物語みたいな話なのですが
あれだけのスタッフと後藤ひろひとの卓抜なアイデアは
そこに猥雑だけれどある種の透明感のある物語を
現出させ、さらにそこを通してひとりの男の命を救う話にまでも
昇華させていった。
富田靖子演じるお姫様の純粋さとそれに使える家来達、
さらにはそこに巻き込まれる若い夫婦までもが
同じ価値観にやがて染められて動きだす物語に
やがて観客までがとりこまれていく

で、その物語のさきにあるのが「当たり」なわけですよ・・・・
ネタばれするので詳しくは書きませんが
「当たり」は流そうと思えば簡単にながせるにもかかわらず
いろんなことを私に考えさせてしまう
ひとつの物語の終わりが当たりによって終わりでなくなってしまう
素敵さと理不尽さのようなものが
ちょっと透明感のあるさびしさとよろこびとともに
やってくる

笑いましたけれどね、あのピピピって音が当たりの前触れだとわかったときには
そんなあほなって感じで・・・
でも笑った後にくるある種の感情がまるで小さな生き物のように
私の心の中に忍び込んできて妙に存在を私にアピールし続けるのです
私の中でやっとすやすや寝息を立て始めてはいるのですが
芝居を観てから1週間、なんとなく気をとられるような感じが
まだ残っている・・・
まあ、佐藤康江さんののびのびした
観ている方が気持ちよくなるような演技と
松永玲子さんがお客をいじって
お尻をお客さんに乗せたシーンも残っていますけれどね・・

考えてみれば
ウマがでてくる後藤ひろひと作品ってどうもそういう傾向があるような・・・
「ダブリンの鐘つきかび人間」の時にも
最後のきめの部分がしばらく印象から離れませんでした
あのウマにはなにか魔力が潜んでいるのでしょうか
(今回のウマの演技にはとても感心したのですがそれはともかく
後藤ひろひとも食べ過ぎには注意しろということでしょうか・・・(笑)

夏はいろいろと不思議なものを運んできてくれるものなのかもしれません

R-Clubに姫ダニの感想の記事がありますので
よろしければそちらもどうぞ


R-Club

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »