« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

The Producers

現在、東京に来ているThe Producers(東京厚生年金会館にて24日まで)は
超おすすめです。
ブロードウェイでも先月見たのですが、日本で見てもやっぱりすごい
するめのように見ても観ても味の出てくる作品です。

まあ、癖はつよいのですけれどねぇ・・・
きちんとブロードウェイの伝統的な形式を踏襲しながら
やりたい放題やっている感じ・・・
そのどたばたぶりは「8時だよ、全員集合!」を彷彿させるところすらある・・・
ただ、それでもしっかりと観客の興味を維持できているのは
発想がユニークでバランスがよいから・・・
見せ場がてんこ盛りなのです

オープニングからして
アイデアに満ち溢れていて・・・
「Opening Night」がいきなり「Closing Night」になるのですから
けっこうタフな話でもあるのですが
それを群集のコーラスでまとめ切ってしまう
評論的に行ってしまえばスーザン ストローマンの才のなせる業なのでしょうが・・・
オーソドックスな動きをしっかりと積み重ねる中で
斬新な風景をしっかりと導き出しているところに
彼女の才を感じます
いきなり観客は物語に引き入れられてしまいますものね・・・

おばあさんが露骨にHだったり会計士が幼児性の依存症(物への)だったり・・
その辺もすごい話なのですが、そのなかからひねり出されるものは
さらにすごい
すごいけれど筋がちゃんと通っていて
なおかつぎりぎりところで寸止めがなされている・・・
そのあたりのきわどいセンスが他のミュージカルより
一歩踏み込まれている感じがします
かくれナチ主義者の男に絶対当たらないであろう「ヒットラーの春」の契約をする場面でも
鍵十字の腕章をつけさせながら、ナチズムの匂い自体はしっかり処理されていたり
(鳩の振付もよかったし、場をシリアスにしないためのうまい演出でもあった)
演出家に契約を取りに行くときにもオカマ屋敷の雰囲気が非常にうまくコントロールされていて
ブロードウェイの中にある一種の女性的な部分がしっかり誇張されていた

要はある種のパロディ感覚だとおもうのですよ・・・
社会的にちょっとタブーっぽいことをスパイスに物語を見事にふくらませている
将棋くずしのここまで大丈夫という線をしっかりまもりながら
いろんなパーツを事象から取ってきては物語に縫いこんでいるような感じ・・・・
しかも個々のシーンを背負う役者は一流どころですから。
主役級はワールドツアーとはいえ貫禄も腕も間違いない

有名なおばあさんたちの歩行器ダンスにしても
スウェーデン女性のお色気たっぷりのダンスや歌声も
全体のなかに浮くことなくしっかりおさまっているのは
ほかのアイデアがそれらをOne Of Themにするほど
溢れかえっているからにほかなりません
Ullaさんの歌はたぶんBroadwayの同役より上かと思
動きにも切れがあるし・・・
彼女を見ているだけでけっこう幸せになります

後半になってくるとアイデアはさらに膨らんでいきます
客を楽しませるためならなんでもやるというか・・・
ここまでやるかというか・・・
そりゃすごいものです
吉本新喜劇なみにとことんまで客を楽しませる仕掛けに満ち溢れている
しかもそれらが浮くことなくきちんと物語に組み込まれているのです

なんというかブロードウェイで見たときには
細かい部分で理解できないことがそれなりにあったのですが
日本語訳があるとさらに味わいぶかく感じたことがたくさんあります

大体、
①楽屋ものである
②笑える
③女性の衣装が華やかである
④タップダンスが入っている
⑤よい話がきちんと入っている
とそれだけで当たるミュージカルが多いそうですが
これはそれらをすべて満たしていますものね・・・

まあ、百聞は一見にしかずて
公演日は残り少ないですが
観て決して損はないし、何か自分のなかに
ちょっとした幸せ感が訪れる作品です

ところで、ちょっと余談ですが
東京厚生会館の前のコンビニで
スタバーのマンゴーフラペチーノをすすりながら
開演を待っていたら、
真っ白の服に白いパンツ姿の銀髪の女性がこちらに歩いてくるのです
容姿もそうなのですがその姿勢の美しさと気品に思わず見とれてしまい
きっと「The Producers」の役者さんだとおもって姿を追いかけてしまったのですが
(コンビニに入って桃の氷を買われていらっしゃいました)
あとで舞台を見たら、その方はUlla役のMs. Ida Leigh Cutisでありました。
舞台の上も美しく、その歌や踊りはまさに大向こうを唸らせるに十分の貫禄でしたが
でも失礼ながら素の彼女も本当に美しかった
理屈ぬきに美しいというのは、あんまりないですものね・・・
思わず素直に感動してしまいました
まあ、美しい人が鍛え抜かれた演技で美しい役をするのですから
そりゃすごいものが出来るわけです

公演はそんなにたくさんないのだろうけれど・・・・
もしチャンスがあれば是非お勧めです
S席の13000円の元は十分取れるはずです

R-Club劇評があります
よろしければこちらもよろしく


| | コメント (0) | トラックバック (0)

桃唄309に感動(ブラジャーにみる誠実さ)

本題に入る前に、知らないことは恐ろしいという話。
(落語でいう枕?)

NYにいったときに、カーネギーホールって
どうしても中に入ってみたかったのですよ。
Stern Auditoriumっていう大きな方のホール、
小さい方は一度入ったことがあったのですが、
大きなホールの音響ってじつはすごいという話を
ある本で読んだもので、是非体験してみたかったのです。

で、6月の末のスケジュールを見ると
JVCジャズフェスティバルというやつの
最終日が6月25日にありまして・・・
「Salsa Meets Jazz」というコンサートがある。
Cafe Loungeというラテン系ジャズのCDが
結構気に入っていた私は日本から予約をして聴きに行ったわけです。
最近は便利になりましてね、日本からでもカーネギーホールのチケットが
わずか5分ほどで予約できてしまう・・・。
カーネギーホールの窓口でチケットをピックアップするのですが
窓口のお兄ちゃんもすごく感じがよくてなんかそれだけで
よいものを観れる予感がしてはいたのです。

で、実際のコンサートはというと・・・
これが本当にすごかった。
トランペットの音は、カーネギーホールの石造りの壁に包まれ
ものすごく透明な刺激として客席にやってきます
音がきらめくという意味が実感としてわかりました。
ラテンのリズムって頭で感じるというよりは
肌にしみていくんですね・・・

なかでもすごかったのが
Eddie Palmieri Y La PerfectaⅡ
Eddieさんは白髭、白髪のおじさんなのですが
彼が親しげに客席に語りかけると
客席は大盛り上がりになるのです。
で、彼が足でリズムを取って演奏が始まると
いきなり世界が変わる・・・
聴こうとしなくてもリズムとラテン系のメロディが
私をステージのなかに運んでしまう感じ・・・
音に酔っているというのを実感として感じられる・・・

で、あれはすごかったねぇ・・・とか言いながら日本に帰ってきて
彼のことを調べてみたら、すごい人だったのですね、Eddieさん
日本でも普通にCDが買えて(HMVなどで)、いくつか試してみたら
それもびっくりするくらいよかった
Listen Hereという彼の50周年記念の最新作など超おすすめです

まあ、知らないということは恐ろしいというか
聴いたときにあんな気軽にこのおっちゃんなどと思っていたのは
場内でも私だけだったのかと思うと
ちょっと赤面ものでした

で、本題にはいりますが、
知らなかったといえば
昨日見た「桃唄309」も私にとっては初見だったのですが
これだけの力がある劇団をしらなかったというのは
別な意味で、演劇好きを自称している私にとっては赤面ものでした

ひとりひとりの役者さんが特別目立つというわけではないのですが
トータルとして作り上げていく力がすごい
しかも単純に精度を高めて感動を呼び起こすというよりは
ゆったりとした自然体の演技のなかで、全体で包み込むような感動を
観客にもたらす感じ・・・
ありそうでほかにあまり例をみないメソッドだし
シーンの重さや構成のバランスがある意味難しいと思うのですが
心地よく広がる多重空間の中で
自然体に、そんなに難しく考えるひつなどないよといわんばかりに
新しい物ややり方を創造するよろこびや、ひとつの技術などが終わっていく悲しみを
しっかりと表現してしていきます
でも、一方でなんかひたむきに演じる役者さんが多くて
かれらの小さな努力や工夫の積み重ねが
裏で舞台をしっかりと支えているのが伝わってくる

薄く焼かれた陶器も美しいけれど
信楽焼だから語れることもある・・・
なんかそんなことをふっと考えてしまった

最後、人間が演じる機械の本体と部品が(生き別れになった後再びであって)
一緒に働くシーンがあり、けっこううるっときたのですが
それって役者がしっかりと機械と部品を実直に演じつづけたおかげですものね
なんかそういう演じ続けることによって培われたような力が
この劇団の芝居のあちこちに散らばっている感じがするのです
公演は12日までだそうですが、もし、都合があうのであれば
超お勧め公演です

私にとっても
次回も見に行きたい劇団がまたひとつ増えてしまいました

R-Clubに感想を掲載しましたので
よろしければご覧下さい


| | コメント (0) | トラックバック (0)

hairspray

前の記事にも書いたように、
今回、NYにいってミュージカルを4本見ました。
まあ、総合力からいうと、まもなくNational Tourチームが
来日するらしい「The Producers」が一番上なのでしょうが
他のミュージカルにも当たりはずれがなくて
そのあたりがBroadyway Musicalの実力なのでしょうか?

DSC00029

ヘアスプレーはついた翌日にTKTSに並んで手に入れました。
10時からの売り出しに30分前から並んだのですが
もう並びの席は全部売れ切れていて
かろうじて奥さんと席が別れることを条件に
手に入れたチケットでした。
でも別れチケットの分席はよくて、まあ、残り物に福というところでしょうか

物語はちょっとでぶっちょの女の子がその街(ボルチモア)の
ティーン女王になるまでのお話なのですが
コンテストに出してくれという娘に反対するお母さんが
さいごには一緒に娘を応援したり
成功していくにしたがってちょっと陰湿な妨害があったり
主人公の父親と母親の愛情が垣間見えたり・・・
日本人にとっては
「ちびまるこちゃん」の世界で青春ドラマを観るような感覚なのかも
しれませんが・・・
観客はけっこうはまっていました
ああいう場内をまきこんで持っていく感じって
やっぱり実力のうちなのでしょうね

だいたい、開演の前にも
白々しく「携帯電話など音の鳴るものはお切り下さい」
なんていわずに
「さあ。60年代のボルチモアに着くから通じない携帯は
切ってね」みたいなアナウンスからして
なかなか素敵だし・・・

さて、開演して主人公の寝起きのシーンに感心して
そのあとまず圧倒されたこと、
役者の動きが切れているのなんのって・・・
ダンスなんてすみからすみまで普通にすごいんですよ
すごいって思う動きがしばらく続いて
わくわくして身をゆだねていると
さらにそれを凌駕するようなものが隠されていて・・・
ひとつずつの動きがびしびししているから
観ている方にストレスが全然なく引き込まれる感じ
ストレスがなく引き込まれるからその分メリハリの部分が
観客にまっすぐ迫ってくる・・・

歌もすごく良かったです。
主人公のTracy役のMarissa Janet Winkurの癖のある声が
耳についてもう・・・
最初の曲「Good Morning Baltimore」から
最後の「You Can’t Stop the Beat」まで
R&B,Rock’n rollと
本当に息をつく暇もなくわくわくさせてくれるナンバーばかり・・・
音楽もいろんなバリエーションがあってあきさせないのですが
それぞれがきちんと60年代の匂いを残しているところが
さすがで・・
なかでも60年代を象徴するようなシュープリームスばりの
歌と踊りにはもう取り込まれてしまいました。

ステージ上で踊る女性トリオの赤い衣装と手袋はもう感動物・・・
きっと当時のテレビスタジオで歌うダイアナロスもあんな感じだったのでは・・

最終的にはアメリカ人好みのハッピーエンドなのですが
まあ、それだけで十分おなか一杯になるくらい
楽しませてくれるステージで
ひたすら感動・・・

このレベルまで到達してしまうと
もう理屈でどうのこうの批評するのがばかばかしくなってしまうほど
なんか楽しいと思える自分が幸せに思えてしまいます

なにをいまさらとおっしゃる方も
多々いらっしゃるでしょうが、
初ヘアスプレー体験者の私としては
次にブロードウェイ観客デビューをされるかたには
ぜひお勧めしたい一作です

オフィシャルな私の感想は
R-Club本館をどうぞ

ところでちょっと余談ですが、
私って日本ではほとんど朝ごはんを食べない人だったのですよ・・・
それが「ヘアスプレー」をみて夜にカーネギーホールでラテン系のジャズコンサートを
聞いた翌日から、もう朝から食欲一杯で・・・

DSC00582

ブロードウェイのミュージカルって
きっと見る人の何かを目覚めさせたり活性化させるのかも・・・
私もパワーをもらったような気がしてなりません

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ブロードウェイの底力

ちょっと書込みが遅れましたが
先月末にNYに遊びに行ってきました
RClubなんていうHPを作ったりもしている私ですから
目的は当然にBroadwayのステージ、
まあ、TOEIC700点台の私にストレートプレイは無理ですから
やっぱりミュージカルが中心。
お金もないのでTKTSにも並びましたよ・・・
また、こちらからインターネットで取った席も何のトラブルもなく
チケットを取得できて、これはこれでとてもよい経験になりました
地球の裏側のチケットが10分で予約できるのですから
便利になったものです

で、観たミュージカルは4本
DSC00479

・hairspray
・Movin' Out
・The Producers
・Sweet Charity

R-Club本館には
少しずつ感想なども書いていくつもりですが
(現在hairsprayの感想のみ掲載中)

こちらにもNYで感じたことを記憶が新鮮なうちに綴っていきたいと思います。

.そうそう、ここのブログに住んでいるペットのウサギの背景は
5年前にNYに行った時に撮影したもの
WTCがまだしっかりたっていてそこの展望台からの映像です

今回グラウンドゼロに行ってみて
殺伐とした工事現場に変わったその場所を観たときには
なんともいえない気持ちでした

DSC00024


私の中で歴史が動いている不思議さ・・・
そこからしてNYは私にとっての
ドラマの原点のような気もします

とりあえずは旅行後第一回目の書込みでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »