« デモを見て東京壱組「箱の中身」を思い出す | トップページ | 砂の上の植物群 (Kera Map) »

Shuffle 丁寧であること

すくなくとも知り合いの間で
私は結構芝居を見るほうなので、
時々友人からお勧めのお芝居をという話をいただきます
そのたびに、
「お勧めするのはかまわないのだけれど
お芝居は生身の人間がすることなので
過去の実績でおすすめはするけれど
前回よかったから今回よいとは限らないよ」
と前置きをしてからチケットが取れてなおかつお勧め出来る芝居を
紹介するのですが、
最近一番よく紹介するのは
「後藤ひろひと 作・演出」
のお芝居です
まあ、双数姉妹なんかもコンスタントによいお芝居を打ち続けているのですが
こちらは芝居をある程度見慣れていないと
なかなか理解できない部分があるみたいで
その点後藤ひろひと作品は
誰が見てもわかりやすいのであまり劇場に足を運ばない方でも
比較的安心してお勧めができる・・・
最近は彼の作品が関東でもかなり有名になってきて
チケットが取りにくくなっているのがちょっと残念
三谷幸喜作品や野田秀樹作品に比べると
まだなんとかなるような感覚はありますが・・・

今回の「Shuffle(パルコプロデュース)にしても
本当にお客様の興味をそらさないというか
きちんと中央に筋がとおっていて
そこにすがっていればあちらからどんどん笑いがやってくるというか・・・
しかもエンターティメントの目玉みたいなものがきちんとあって
きちんと観客を満たしてくれるなにかがある・・・
有名な役者が客演していても
これまでの既成概念を無視するわけでもなく
一方でこれまでの既成概念にこびるわけではない
よいとこ取りみないなことを後藤さんはするわけです
「Shuffle」の場合だと奥菜恵さんあたりの使い方が
その最たるものですよね・・・
彼女の体の小ささと彼女が本来持つ強さのようなものを
しっかり見抜いて独創的なキャラクターを作り
いっぽうで彼女の美しさもしっかり利用したりする
ずっこいけれど納得みたいな部分があるわけです。
そしてこの、納得みたいな部分が
演劇に親しみの少ない方に対しても説得力を持つので
ついつい演劇鑑賞仲間以外にもお勧めしたくなってしまう

裏を見れば、何気なくながれていくお芝居にも
実は非常に精緻な仕組みや企てがあるのでしょうが
まるで白鳥が泳いでいるように(水面下では足をばたばたさせながら
でも見栄えは優雅に・・・)流れる物語
しかも流れるだけではなくちゃんとわくわくさせるようなお芝居を作る
そこに後藤の才能の飛びぬけ具合を感じたりするわけです

ちょっと物知り顔でいえば(後藤演劇は)
丁寧な表現の連続が観客に対してきちんとした理解を与えている
ということなのでしょうね
そのやり方が実に巧みで丁寧さをちょっと見で観客に感じさせないところが
後藤演出のすごさでもあったりします
ネタばれになりますが「ヌートリア」のギャグのシーンで
実はどれだけの観客が芝居の理解を助けられたことか・・・
R-Clubにも書きましたが
観客の理解をしっかりとっていくことで
舞台上の視点がいくつにも別れひとつ間違えば空中分解しかねない芝居が
まるで魔法のようにきれいな物語にまとめられてくのです

先月見たポツドールも丁寧さで観客を掴んでいくという意味では
同じやり口なのですがホツドールの方は
後藤よりもっと実直で生真面目に舞台上に物語を
あらわしていましたね・・・
シーンとかシチュエーションの単位での操作はするけれど
ひとつのシチュエーションの中では
生真面目にあるがままの作品を組み立てていく・・・
後藤は結果として理解を得るために
方法へのこだわりがない・・・
間逆な部分もあるのですが
結果として舞台上には観客がぐっとひきつけられるなにかが
存在している・・・

よいお芝居というのは結局丁寧に作られているのだと思います

でも、舞台上での丁寧さというのは
書くのは簡単だけれど作り手にとってはとても難しいことなのかもしれません
たとえ意識があり丁寧さに気を配った作品であっても観客にとって
丁寧であるとは限らない場合って結構あるような気もします
それは観るものの視点に立って丁寧であることが出来るかとういうような
問いかけがなされているかという話なのかもしれませんが
よいお芝居を作る才能っていうのは
案外どの視点で自らの作品を見ることができるかということなのかもしれません

まただらだら書いてしまいましたが・・
いずれにしても「Shuffle」、お勧めです
料金にあっているかどうかは観る方の価値観ですが
すくなくとも何かがふっと満たされた感じになる
ハードボイルドではあります


|

« デモを見て東京壱組「箱の中身」を思い出す | トップページ | 砂の上の植物群 (Kera Map) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Shuffle 丁寧であること:

« デモを見て東京壱組「箱の中身」を思い出す | トップページ | 砂の上の植物群 (Kera Map) »