« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

消失(まっすぐなお芝居)

Nylon100℃の「消失」を見てきました。

昔ながらの椅子で、腰やお尻に優しくない紀伊ノ国屋ホールで
2時間45分休息なしという見るほうにとっても過激な部類の芝居でしたが
(開演前に上演時間のアナウンスがあり
事前にトイレへ行っておくようにとのお勧めがあり
そのあとにさらに上演時間とがんばりましょうとの
励ましアナウンスがあって笑ったが
あとから振り返ってみるとジョークでもなんでもなかった)
観客としてがんばることが苦痛にならない芝居でした

今回のナイロンのお芝居では役者にもなんというか
しっかりとチャレンジするような部分があって
観客は本当に舞台から目が離せませんでした
物語自体に最初から過激な部分があるわけではなく
むしろ淡々とした物語が実に丁寧に描かれていきます
しかし、役者の発する感情のようなものが
舞台からふつふつと伝わってきて・・・・

いつもは身体をくねって一番重いところから逃げるような感じになるのに
そのパターンが影をひそめ物語を、真摯に、そして丹念に作っていく大倉孝二

枠を意識しながら想いを精一杯拡散させるような演技で
舞台のトーンをしっかりと築くみのすけ

舞台のバランスを崩すことなく
しかも舞台の空気を動かし続ける三宅弘城

自らを律するようなアティチュードのなかに
しっかりと想いをこめる犬山イヌコ

器用さを捨てて、自らの色を変えることで表現をするのでなく
自らの地色のなかで物語を彩るような松永玲子

前半の抑えた演技からですら
それぞれの登場人物が持つ筋のようなものがしっかり伝わってきて
観客を取り込んでいきます
それはケラ色に染まった舞台であり、
ナイロンを知っている観客にしてみれば
慣れたシーンの連続であるはずなのですが・・・
実際にはいつもとは勝手が違い
密度の高さのようなものに押されて
観客は知らないうちにみじろぎも出来ない状態に陥り
暗転というかつなぎの部分でやっと一息つくほどに追い込まれる始末

とはいってもいつものナイロンの舞台なら
その状態である種のケラの感覚に満ちた啓示があるか
カタストロフが導き出されてというパターンを
手馴れた役者達が演じ切り
観客はその感覚をお持ち帰りする
という形になるのでしょうが・・・
今回、ケラさんはここで八嶋智人を投入するという冒険をします

舞台のなかでの八嶋さんの存在については
解釈は何通りか成り立つような気がして・・・
もちろんケラさんの意図や心中を図るすべなどないのですが
これまでのケラさんの作劇のパターンを微妙に崩すやり方ではありました
八嶋さんが作り出すトーンというか流れは
あきらかにナイロンのメンバーが作る世界と異質であり
しかも異質としてきちんと舞台上に溶け込むことができる・・・
そして、ここからはある種の賭けだったのかもしれませんが
結果としてそこから生まれたことがケラさんの意図どおりに伝われば
ナイロン100℃としてこれまでの発展系のような舞台が
いままでよりさらにしたたかに成り立つ・・・
暗転後に八嶋さんが舞台に現れ演技を始めたとき、
ふっとケラさんが自らの世界に小さな風穴をあけた
瞬間であったようにも感じたことでした

その風穴からの空気の流れにのって
ケラさんは舞台上で昔のパターンにあまりないやり方をします
カタストロフが訪れシステムが崩壊した後に
カタストロフが起こる前の時代を維持する役割にあった八嶋さんに対して
それを責める松永さんの台詞に
八嶋さんがすなおにあやまるというシチュエーションを作り・・・
松永さんをしてその「詫び」を受容させるのです
この詫びの部分が八嶋さんだと実にしっくり納まって
八嶋さんの流暢な芝居に導かれるように
松永さんが台詞を発する
戯曲にとって一番最後の台詞なのですが
松永さんの地色の演技がそこで生きます
まさに松永さんが本来持つしたたかな強さがあったからこその
軽さと含蓄の深さ・・・・
筆舌に尽くしがたいものがあります
あとはエンドロールのあとに
時代に捨て去られたものの残影と生き残ったものが
提示されて幕・・・
最後のワンカットも印象が非常に強く
観客は言葉を失ってしまうほど・・・
これらラスト数シーンのドミノのような流れが
実にしなやかで鋭い・・・
R-Club本館にも書きましたが
流れを作った八嶋さんにも
最後の台詞を松永さんに背負わせたケラさんにも
もちろん背負った松永さんにも
ある種のものすごさを感じたことでした

たとえばアニメのエヴァンゲリオンにおいて
物理的な物語と思春期の男性にある心の動きを
シンクロさせて表現するような手法で
今回の舞台でケラさんは自分自身についてのカムアウトを
果たしたということなのかもしれません
あるいは今回の舞台を通して
自分が必然として捨てたものや消去したものに
ケラさんは思いをはせたのかもしれません
でも、ケラさんが倒したドミノの駒は
ドミノの先にいる観客の
ケラさんが提示した枠では納まらないような想いを
軒並みなぎ倒したような・・・

いずれにしても
たくさんの創意工夫と百戦錬磨の役者達の手練手管がありながら
一方でケラさんの想いが強くこもったお芝居だったと思います
それがケラさんの新しいチャレンジにより
今までよりはるかにまっすぐ観客に伝わって・・・
しかもまっすぐであることのパワーは
伝わるだけではおさまらず、もっと深い部分での思いを観客にあたえた・・

結論としてこの芝居は大きな成功を得たとおもうのですが・・・
ケラさんにとってはいかがだったのでしょうかね・・・

少なくとも
多分、あとで語り草になるようなお芝居であることは
間違いないと思うのですが・・


R-Club
(本館もよろしければご覧下さい)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

何かがちがう@竹中直人

竹中直人氏の「唐辛子のようなあいつはダンプカー」
やっぱり評価があまりよくないようですね・・
えんげきのページでもひとりだけ★★★★をつけた方が
いらっしゃいましたが、
無★のかたもかなりいらっしゃって・・・
私の感想は★ひとつ、確かに、演劇としてみると
レベルを満たすものではなかったような気がします。

でも、エンターティメントとしては
★の数とは別に良いものを内包した作品だったと思います
舞台の完成度からするといろいろ問題山積みなのですが
すくなくとも、いくつか目を奪われるシーンがあったのも
事実です。

R-Clubの本館で劇評にも書きましたが
すくなくとも、出演者はだれもが一芸をきちんと持っていたように思う
一芸というより、舞台の上での売りというか勝負できるなにかが
あるといった方が正しいかもしれませんが・・・
特に女優さんには勢いがあった

一番目を奪われたのは、佐藤康恵さんでしょうかね・・・
脚線美だけで十分勝負ができるところに
立ち振る舞いもすばらしくて・・・
しかもそれらが舞台の花として使われるのではなく
きちんと舞台の上で機能しているところがすばらしくて・・
バレエ時の肩や肘の柔らかさというかしなやかさにもほれぼれとしましたが
一方で歌や踊りのなかでの笑顔できちんと舞台全体の雰囲気を作れる
舞台女優としての才能を持った方だと思います

木村佳乃さんは、昔、銀座の街角でお見かけしたことはありますが
(すれちかっただけですが、でも彼女の印象って結構強かった)
舞台上では初見・・・
テレビでみるよりは若干小柄な印象の方ですが
声やまなざしにまっすぐさがあることにとても好感がもてました。
彼女が女優として非凡だと思われる理由はいくつかあるのですが、
いちばん感じたのは
舞台上の彼女から発せられるいろんなものが
他の出演者よりしっかりしているというか良い意味での太さを
持っていること
その裏返しとしてか、表現にどこか一本調子な部分があるのも事実ですが
歌って演技ができて、観客の心にまっすぐにつきささる女優さんということで
一定の評価はされうる方だと思いました

石川真希さんはパワーの人で
歌にも華があります
ちょっと強さが上滑りする部分もあるのですが
でも、彼女の歌声は観客達をいかようにもコントロールさせうる
力を持っているような気がします

素敵なシーンもそれなりにというか、けっこうありました
最後の「どうぞこのまま」なんて
作り物の(シンプルな照明での)雨としっかりマッチしていて
良い雰囲気だったし、シーン自身がある時代を象徴しているようにさえ見えた
「うまなり」の歌も耳に残りました
この歌、中途半端にヒットしましたよね・・・
時代がソリッドではなく
まだ、かろうじて壁土や木の香りに包まれていたころの音楽・・・
明るさにちょっとまざったチープさが懐かしい

竹中本人も当然芸達者なわけで
ある意味、出演者たちはみんなそれなりに気持ちよさそうに
お仕事をされていました

ただ、問題はただひとつ
少なくとも作・演出に岩松了が入っていたとき
竹中直人は演技のなかの抑制をうまく活用し
ぎりぎりのところで表現していたのに
なんらかの理由で箍が外れた彼は
自分の感覚の赴くままに芝居をひっぱっていって
しまったこと

彼のなかでは出演者たちの個性を生かすことで
より高度な表現ができると考えていた節があるのですが
現実には抑えなければ生きてこない表現って
きっとあるのですよね
そこが竹中直人には理解されていないような気がする
提示されるイメージを楽しくそのまま提示では舞台の重さは半分に
いいかえればこれだけのキャストが作る舞台としては
芸がないじゃないですか・・・・
舞台上に作り出される空間は
結果としてイメージの提示になっていればよいわけで
極端な話をすれば
一番おいしいところを提示しないでおいしい部分をふくらませる
手法だってあるはずなのに
竹中直人はあくまで正直に、場合によって愚直に
しかも自己流に観客をすっとばして
自分の物語から生成したイメージを舞台上に流し続けるわけです

彼の中ではずっと繋がった話だろうから
自信満々にカーテンコールをするけれど
現実に舞台上にあったのは
なにかがはるかに多すぎて
なにかがまったく足りない、なんというか何かとしかいえないもの・・・

まあ、私も
それなりに楽しんだのは事実だけれど・・・
でも、何度もやってくる殺伐とした密度の薄い時間に
ちょっと立腹したのもまた事実
観客の理解に底辺、あるいは舞台上とのコンセンサスが十分にないから
その時間が浮くのなんのって・・・
やっぱり
いろんな意味で違和感の多いお芝居?でありました

(12月23日一部修正)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

鴻上氏の抗議について外野から

鴻上尚史氏のリンダリンダは
かなり評価が分かれているようですね
演劇のページなどを見ても
無星から★★★★(満点)までさまざまな感想を持たれた
観客がいらっしゃるみたいで・・・
見にいけない私にはちょっと残念感が広がっています

ところでこの芝居の劇評が朝日新聞に出たのですが(今月初旬)
鴻上氏がこれに噛み付いて大きな話題になっています
HPや上演中の劇場の壁に抗議文を掲示したとのこと・・・

朝日新聞の劇評は私も読んだのですが
まあ、鴻上氏が怒るほどではないにせよ
陳腐であまりぱっとしない批評ではありました
私は鴻上氏の芝居(リンダリンダ)を見ていないし
時々恥をかなぐりすてて劇評みたいなものを
自分のHPに掲載したりしてますから
あまりえらそうなことはいえないのですが
なんというかぬるくて批評するという情熱に薄い
劇評だったような印象があります

そもそも、批評というのは
対象となるものの質を問うという側面もありますが
批評を形成する前提としては
何を感じたかという批評者の感性が
ベースにあるはずで
それを公にした段階で批評をした人間の資質が
同時に問われるものだと思います
また、忘れてちゃいけないことは
批評という行為の全体のスキームには
批評の対象となる作品を作る側と批評する側が
それぞれの品質を問うことだけではなく
常に双方の感性から生まれたものを受け入れる
第三者が存在するという点です
この第三者が存在しない表現や批評は自己満足と呼ばるでしょうし
また第三者を除いた当事者のみで批評が交差する場合には
双方によほど客観的に物を判断する能力がない限り
ただの小学生の口げんかになってしまいます

もし、鴻上氏の批評に対する抗議が人の心を十分にゆさぶるほど
すばらしいものであれば
それはそれで「ソクラテスの弁明」のように
歴史に残るのでしょうが
今回の鴻上氏の文章を読む限り
そこに存在するのは
やっぱり小学生の口げんかのほうであるような気がして
なりません
また、(鴻上氏の抗議を読む限り鴻上氏には)朝日新聞の記事が
実際に芝居を見た第三者にどのように受け取られるかという
考察が十分でないような気もします

ひとつ悲しいこと
いつから鴻上氏は自分が舞台上に築き上げたものを解説し
自分の表現を弁護するようになったのでしょうか?
芝居のクオリティは劇場の空間の中にこそ存在し
その価値は観客の心にこそ輝くべきものであることを
鴻上氏が知らないはずはないのに・・・

もし、「リンダリンダ」が
しっかりと観客に対してなにかを与えているのなら
鴻上氏はただ観客を信じていればよいのだし
信じるべきなのです
たとえ朝日新聞の劇評が悪意に満ちたものであったとしても
実際に見た観客が自分の感覚と比較して感じたことに
勝てるはずもなく
また掲載された批評によって資質を問われるのは
鴻上氏の作品ではなく、その批評の執筆者であることを
鴻上氏ともあろう方がわからないはずがないと思うのですが・・・

さらにもうひとつ言えば、
HPや劇場に掲げられた抗議の文章は、ある意味ネタバレといわれる
タブーに抵触していることに
鴻上氏は気づいていらっしゃるのでしょうか?
そして劇場で感動をもらった観客達にとって
この文章が鴻上氏との連帯感を阻害する結果をもたらす
リスクについて鴻上氏はどう思われているのでしょうか

鴻上氏自身が書かれているように
昔、彼は批判に対して作品で立ち向かうという姿勢で
一貫していました
そのスタンスが崩れるというのは
彼の表現が十分観客を満たしていないことに対する
苛立ちのようにも感じます

きちんとしたクオリティの作品を作ったあとは
もっとゆったりしていれば良いのですよ。
ね、鴻上さん。


| | コメント (1) | トラックバック (1)

毛皮族の感想(番外編)

土曜日に毛皮族という劇団の公演を見てきました
最近話題になっている劇団のひとつ
新しい波なんてもてはやす方もいらっしゃって
興味があるのでいってきました

で、結論はというと・・・
一番当てはまる言葉は「稚拙」かな・・・
主宰の江本純子氏が思い描いている世界は間違いなくあると
思うのです
たとえば宝塚の男役で歌うのも、
彼女の心の中にしまった世界における美学の表れだろうし
宝塚の男役って、まあ昔から男装の麗人なんて言葉もあるとおり
麻薬のように女性をはまらせる部分があるみたいですしね・・・

フィールドオブドリームスとプリティリーグが
ごっちゃになったようなお話も
彼女の中にある好みのお話なのだと思います

それが彼女の世界(ワールド)なのであり、
彼女が自らの世界を確認するための作業だけならば
彼女が自らを表現することはなんら問題のないこと
なのですけれどね・・
でもそこに舞台上という要素が加わり
現実に何百人の観衆にそれを見せるとなると
自分が表現するものが相手にどう伝わるかという部分を
きちんと考えていただくのは表現者の義務というもので・・・

で、実際に彼女の世界が表現されたものを見ると
断片的にしか出てこないんですよ・・・
彼女の話の全体像・・・
2時間45分見続けていても
かけらの浮き沈みの域を出ないで終わっちゃった・・・
まるで私はこんな夢をみましたというような
8時間睡眠のなかの話を
3時間弱のダイジェストで見せられた感じ
まあ、それでもコアなサポーターにはそれなりに受けるということは
人間が本来普遍的に持っているリヒドーのようなものが
具現化している部分があるからなのでしょうけれど・・・
ただ、そうだとしても、いびつにそのようなリヒドーを露出すれば
舞台表現かといわれるとそれは違うぞみたいな話もあって・・・

柿丸美智恵という女優さんがいらっしゃって
彼女がこの芝居の狂言回しのような役割をされています
派手さは他の女優さんに比べると薄いのですが
良い役者さんで、彼女の思いはきちんと
舞台から観客席に伝わってきます
普通、そういう舞台と観客席間での思いの受け渡しで
芝居って成り立つのですけれどね・・・
ほら、今回は夢みたいなテイストの話ですから
突然とんでもない歌謡ショーが
まさに「バットニュースグットタイミング」で
その間に割り込んでくると
舞台の柿丸さんと観客席の間でのやりとりが
一気に崩れてしまう
町田マリーさん・町田カナさん、
さらには拙者ムニエルから客演の澤田育子さんなんかも
与えられた場面ではきちんとそれなりの演技をしているのですが
まるで三途の川に積まれた石を鬼が・・・
じゃなくて男装の麗人が蹴散らすようにガラガラ・・・と
観客にしてみればのコンセプトが崩れていくのが
もう悲惨を通り越してきもちよいくらい・・・

もし、毛皮族の皆様が
何かを崩すのを前衛だなんておもって
この芝居をやってらっしゃるとすれば、
あるいはこの芝居を前衛だとか
考えていらっしゃる観客がいらっしゃるとすれば
それは大きな間違いで・・・・
前衛といわれる表現にはイメージや
コンセプトの昇華がともなうものです
それゆえ表現のランクとしてより高い位置に
前衛という称号は置かれるわけで・・・・
(すくなくとも私の中では)

何かを突き抜ける高いレベルがあって初めて既成の表現が崩れていく
そこに感動がうまれる
でも今回の
芝居は出切るべき部分がカオスに飲み込まれて
破片が舞台をただよっただけ・・・
しいて言えば原石の美しさといえなくもないけれど
「せめてコーラスラインのステップぐらいは
全員がきちっと踏めるくらいにもう特訓をしておけ」
といいたくなるような地を這うような次元での舞台では
なにかほかに売り物でもなければ
原石磨きも維持してはいけないでしょう
で、売り物が表現という名前で呼ばれる
胸の露出だとすれば
(きれいな乳房をしている女優さんが何名かいらっしゃって
思わず目を奪われたのも事実だけれど)
それはそれで志がちょっと低いような
気もするし・・・

原石なら磨けばいいのだし
それも背伸びをしないでゆっくりと
磨いていけばいいのですよ
すくなくとも舞台上でお見かけしたところ
「命短し恋せよ乙女」なんて歌われるような
タイプではないのですから
ね、江本さん!
ちょっと深呼吸をしてもう一度
自分が話したいことを聞き手の視線で合わせて
舞台空間を作り上げていただきたいものです

PS
なお、R-Club本館にも劇評を掲載いたしましたので
よろしければそちらもご覧下さい


| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラゴンクエストと新撰組!の共通項@魅力

ドラゴンクエスト、発売日に買いました
で、当然にはまっています。
武器や防具を買い揃え、町から町へと旅をつづけ・・・
ドラゴンクエストをするたびにこれはもう
時間つぶしの域をこえて人生つぶしだなと思っておりますが・・・
最近はつぶれるのもまた人生などと開き直っております

トラゴンクエストの面白さの一番大きな部分は
自分を投影したバーチャルな世界の主人公の
成長ではないでしょうか。
最初はスライムとの戦いにも苦労していたのに
すこしずつ力をつけてレベルが上がり
さまざまな技を覚えていく
イベントなどを苦労してクリアしていくたびに
自然にレベルが上がっていって・・・
そして、気が付けば昔旅したあたりに出てくる魔物は
4匹まとめて一撃で倒せるようになっている
しかし、それだけ強くなっても上には上の魔物がいて・・
ふたたび自らの力を思い知らされる

まあ、ドラゴンクエストとは
人生つぶしで人生を悟る約8000円といったところでしょうか。

でも、人が力をつけていくというのはそれだけで
ときめきます。
たとえ、それが自分の分身であっても
大河ドラマの主人公であっても

香取さん、この一年で本当に芝居が上手になりました
三谷幸喜に乗せられてついつい見続けてしまった新撰組ですが
単にストーリーに惹かれていただけでなく
出演者が見る見る実力をつけていくのにも
わくわくして一年を過ごしたような気がします(ってまだ終わっていないけれど)
最近の香取さんには浮つくところのないきちんとした存在感が
備わってきたようなきがします
藤原・山本あたりの俳優陣もはしのえみや優香といった
女優人にも落ち着きがでてきたのがすごい
烏合の衆であったカンパニーに秋あたりから
きちんとした色がでてきて・・・
それも個々の役者さんの成長に支えられていた気がします

でもね、トラクエの主人公達が強くなっていっても
さらに強いボスが現れるように
彼らの演技の成熟をはるかに凌駕するような役者を持ってくるのも
三谷幸喜作品のすごいところで・・・

野田秀樹の勝海舟は、もうすごすぎます
あの一見軽薄な語り口の中に表現される勝海舟の懐の深さ
それも演技が浮くわけでなくしっかり大河ドラマにはまるところに
彼の演技力の底なし沼のようなものを感じました

まあ、ひいきの劇団などを見ていても
力をつけていくときのパワーのようなものって
それだけで魅力なのですが
気が付けば円熟したものの魅力はさらに深い

ドラゴンクエストは
そんな人生の箱庭になっているのかもしれませんね

R-Club


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »