« 銀のチケットに手書きの席番(ある贅沢) | トップページ | ミミズクとオリーブのここちよさ »

笑の大学@えいが

自分の資料を掘り返してみると
舞台版の「笑の大学」を見たのは1996年になります。
場所は青山円型劇場
多少ネタばれになりますが
向坂を演じた西村雅彦がいったん芝居に巻き込まれながら
豹変して最後の書き直しを命じるシーンに非常に強い印象が
残っていて・・・
彼をテレビで見るたびにそのシーンのイメージが脳裏をよぎります

思えば、濃密な舞台でした。
二人舞台がもつ間のおもしろさ
近藤芳正のふっとはずすようなタイミングが
彼のださい眼鏡すがたとともに朴訥な印象と
ある種の現実感を舞台上の時間に与えて
それゆえ、流暢に流れる会話のシーンが一層引き立って見えて・・
舞台には取り調べ室の机と椅子だけ
そのなかでの物語は、進むにつれて
まるでブラックホールのように
比重を増していく印象すらありました
それがたとえ、向坂検閲官が芝居にはまっていく
見方によっては検閲官のイメージを逸脱するようなシーンであっても
彼らの作り出す時間の重い熱のようなものが冷めることは
ありませんでした
それは役者の技量のなせる業であったし
前にも書いたように
青山円型劇場というのは
そのような熱を決して逃がさないような空間ですから・・・

映画版「笑の大学」を見て最初に思ったのは
観客がずいぶんと楽になったなということです
最初に戯曲作家達が次々と向坂検閲官に
なぎ倒されていくシーンが挿入されていますが
(しかも陰山泰、吉田朝、伊勢志摩など
小劇場界でも濃い印象のある芸達者を贅沢につかって)
この段階で、すでに演劇の空間で演じられる物語を
ずいぶんと食べやすい器に移している印象があります。
それは本編ともいえる向坂VS椿のそれぞれの立場を
あらかじめしっかりと観客に伝えるためのシーンなのですから・・
まあ、最初に、パンフレットやメニューで
料理の説明をしてくれるのと同じようなもので・・

たとえば、浅草の劇場外のシーンにしても
(ネタばれにはなりますが)、お寿司とおそばの件での
実写にしても・・・・
舞台ではできない表現であり、観客は雰囲気を一層つかめる反面
舞台上にある比重を薄めて広げたような結果を生むようでもあり・・・

とはいっても、映画という表現の中では
ずいぶんといろんなものをコントロールして
スクリーンと対峙する観客の緊張や想像の領域を高めてはいると思うのです
シーン(何日目か)を示すやり方にしても
日を追うごとの街の変化にしても
極端に抑えた劇場での舞台シーンにしても・・・
沸き立つ観客席の取り方にしても・・・
まるで舞台の表現のようにある種の記号化の作業がなされて
映画を観る者がきちんと自分の中に世界を作れるような
工夫がなされていると思います
ただ、やっぱり舞台を見るよりは
ずいぶんといろいろなものがスクリーンの向こうに提示されていて
その分感動が柔らかく軽く広がりをもって
やってくるような印象があるのも
また事実です

いつもながら食べ物の比喩でもうしわけないのですが
たとえば、びっくりするほど上質の食材があるとして
芝居はそれをシェフが真剣勝負で料理して
レストランで食べさせるようなもの
映画というのはデパートの地下のDeliなどで
お持ち帰りように売るようなものなのかもしれません
どちらが良いとか悪いとかではなく
表現の媒体がそういう特質を持っているということなのだと思います
レストランの方が、より濃厚な素材の風味を生かしたものを食べられる
可能性はあるのですが
デパートのDeliの方が、いつでも好きなときに気楽に食べられるし
どちらが食べたいと思ったときに食べられるかといえば
間違いなくデバチカの方ですから・・・

それに「笑の大学」はレストランで一生忘れないほど極上の料理を
いただくことができましたが、レストランにいけば常に極上の料理を
食べられるという保証はまったくなくて・・・
ひどいときには同じ名前の料理でも味が全然違ったりしますから
むしろはずれの可能性も非常に大きい
デバチカの料理であたりだとおもったものは
次に食べても同じクオリティであたりであるわけですから
まあ、それぞれ一長一短であるわけです

「笑の大学」の映画版はデパチカのご飯といっても
素材が十分に生きたあたりの作品であることは間違いないわけで・・
稲垣吾郎がこのような喜劇の範疇で
こんなにも天から才能を与えられた役者であることをはじめて知ったし
役所広司の役人顔と笑いの境界線のような表情に含まれる
ニュアンスのすばらしさには本当に引き込まれました
高橋昌也演じる老警官の使い方のうまさ
さらにはエンドロールの粋・・・
レストランで十分知った味であったとしても
なおかつ堪能できるものであったことに間違いはありません

もしかしたら、映画という範疇のなかでは
映画のキャパを使い切っているわけでもなく
地味な印象さえもたれる
佳作の分類にはいる作品なのかもしれません
でも、食べれば食べるほど味がじわっと溢れてくるような
飽きない深さを持った作品だと私は思います

やっぱり素材がよいのでしょうね・・・

R-Club

|

« 銀のチケットに手書きの席番(ある贅沢) | トップページ | ミミズクとオリーブのここちよさ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑の大学@えいが:

« 銀のチケットに手書きの席番(ある贅沢) | トップページ | ミミズクとオリーブのここちよさ »