« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

はまってまっせ

土曜日にキュピキュピの
「Grand Kayo Show」
を見にいって・・・・
そこで買ったDVDに本当にはまっています

特に映像作品・・・

同じ素材が多用されているのですが
それがまたよかったりして・・・
年代があとになるほど
どんどん洗練されていくのがわかります

ライブを見ていて思ったのですが・・
本当にキュピキュピの作るものは輪郭がはっきりしていて・・
それは視覚的な部分も確かにあるのですが
コンセプトの部分でもあいまいな部分がなく
なおかつ広がりがある・・・

「フラワーサンデー」はDVDで見てもすばらしいのですが
ライブで分島さんの歌と重なると
ふっとポップな世界に自分が遊んでいるような気になる
そもそも分島さんの声というのは
こちらがゆだねられるような硬質な部分があって・・・
いつまでも聞いていたくなるような不思議な声ですものね・・・

「カノン」もよかったな・・・
あの歌って時間にするとどれくらいなのでしょうか・・・
ゆったりと心に宇宙がはいりこんでくるような・・・
あれだけべたな歌の合間に
こんな体験ができるなんて誰が思うでしょうか・・・

たしか、そのあとに
「本間に頼りにしてまんねん・・・」
だものな・・・

もうひとつ私の印象から抜けないのが
ダンサーたちの踊りの数々・・・
ソフィスティケートされているとは思わないのですが
見ているだけで生理的快楽を感じる踊りですね
とくにFish Faceの踊りにはやられた
なんということはない、流したような踊りなのですが
一方で隙がなく緻密だったりする

女性人の踊りもそうなのですが
本当にきちんとしたものをもった方達による
パフォーマンスだからできるような
意図したラフさみたいなものがすごくよい

ヌードダンサーのカオリさんも
本当にただものではなくて・・・

要は贅沢な舞台なのですよ・・・
ちょっとキッチュな雰囲気を本物だけで作ってしまったような・・・
それは楽団(?)も同じ・・・

だから充実した開放感のなかで
舞台がすすむのかもしれません

なにかしばらくこのユニットから抜けられないような気がします

まあ、そんなに東京で公演をすることもないのかもしれませんが・・・

次の公演がもしあれば・・・
きっと私は何の躊躇もなくチケット争奪戦に加わるのだろうと
おもいます

8月30日までの公演だそうですが・・・

当然にお勧めの一作です

*本館にもキュピキュピのちょっとした感想があります

  よろしければR-CLUB(本館)へもマウスをお運びくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相乗効果@「鈍獣」

本館にも書いたのですが
昨日「鈍獣」を見てきました
芝居としては細かい心理描写ではなく
大きな芝居全体を使ってあらわすような
人間の根源的なものがある意味新鮮で・・・
宮藤官九郎・河原雅彦という当代一流の作家・演出家の
既成概念にとらわれない芝居を
ねずみの三銃士という、演技を知り尽くしたユニットが演じるのですから
それはおもしろうございました。

ねずみの三銃士についてはそれぞれに印象に残るお芝居を
山ほど見ていますからね・・・
古田新太氏は「スサノオ」の東京再演@青山円型劇場が
初見でしたが、当時は男が見てもかっこよかったですからね・・・
新感線が一生懸命押したのも当然かと・・・
当時から我侭が許されるような華もありました
池田成志氏は山の手事情社で「ストーブプレイ」という
お芝居のよいとこどりのようなものを見たのが最初だったとおもいます
講演会の中で「私の叔母は牛だった」というネタを
演じたときのしたり顔、今もそのままですものね・・・
生瀬勝久氏は「TV広辞苑」という当時読売TVの深夜番組で見たのが
最初かとおもいます。西村頼子さんやみやなおこさんという
そとばこまちの方々もたくさん出ていましたっけ・・・
山西惇さんなんかも出ていたかも・・・
当時からあのひょうひょうさは変わっていません

今回のお芝居を見て
男優陣はみんな昔からの得意技を生かした演技で
舞台を見事にふくらましていることには
ある種感動を覚えたほど・・・
自分達のユニットですから原点に返って自分達の一番強い部分で
勝負をしているのがかえって好感が持てたことでした

一方女優陣はある意味真摯で一直線な演技
西田尚美さんは狂気の中での常識の部分を担うのですが
彼女自身にもぶれがあるところが宮藤脚本の技の部分で・・・
それは正しさがぶれた時代に起こる物語の
そこはかとないどうしようもなさみたいなものをかもしだす効果があって・・・
彼女は突っ張る部分とぶれる部分を見事に演じ分けておりました
乙葉さんは華やか・・・、ある種の薄さのようなものがあり
それが彼女を一層華やかに見せていた
真摯に演じているから出せる華ですよね・・・あれって
手を抜いたとたんに光がうすれてしまうような輝きだけに
河原演出の技ありかも
野波麻帆さんには基本的に強さがあって・・・
だれかが手綱をはなせばぐいぐい舞台を引っ張ってしまうような
勢いがある・・・

で、自由に舞台を広げる男優陣と一途にすすむ女優人が
ばらばらになるかというと
まるで男優陣のゆとりに女優人がうなぎの串のようにささるような・・・

結果として両方合わせてドラマのどたばたとは別に
人間の心のみにくさとそれをどこかでしょうがないものとして
受け入れるようなある種のもどかしい恐怖が
舞台を支配して・・・

これって多分確信犯的な恐怖ですよね・・・

細かい心理描写や小さく緻密な動きのつみかさねで
なにかを表現する芝居が多い中で
なにか目からうろこが落ちるような
骨太な新鮮さがある舞台でした

すっきりとはしないのですけれどね・・・

最後の部分でそれをだるく受け入れるような宮藤演劇って
なんか身体にわるいけれど癖になるような
ものを持っているような気がします

劇評は
R-Clubをご覧くださいませ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いつが見頃かな・・・

多分日本で一番大きい演劇サイト「えんげきのぺーじ」には
「一行レビュー」があって私のような一般の観客が
見た感想を自由に書込み、★マークで4段階評価をできるように
なっています。

演劇とは基本的に舞台と観客の双方のクオリティがそろわないと
成り立たないものなのですが・・・
(映写機とスクリーンの関係だと私は思っています)
いろんな評論とかを読んでいると
観客の考え方や質が表に出ることはないわけで
宣伝に利用されたり、悪意をもった書込みがあったりと
色々問題があるとも聞いていますが
真摯に、なおかつ誠実に書かれた感想の集積からは
いろいろなことが見えてくるような気がします

で、長期の公演などについてのレビューを見ると
40件ではとても収まらないほどの感想が書き込まれるのですが
必ずと言っていいほど波ができるのですね、これが・・・

もちろん、色々な要素はあるとおもいます

良い評価が並ぶと次に見る人は期待をして評価のハードルを上げるから
その分思ったほどでないという確率が増して★が減る。
一方星が減るとその公演を実際に見たときの感動が
当初の情報より多いから★が増える・・・
とか・・・

初日前後は役者の緊張感が勝ちすぎて、
中盤になると役者の慣れが熟成につながってよくなったり
慣れがダレにかわって芝居のテンションが落ちたり・・・
楽日近くなるとテンションが上がりすぎている例も・・・

では、比較的長期の公演の場合、いつごろ見に行くのが
一番お勧めかというと・・・
これが人によって千差万別なのですよ
演劇の本質は初日にあり(役者がピュアな気持ちでいるし
周りのいらない評価を聞かないですむ)
という人もいれば
一番熟成された芝居はやはり楽日という人もいるし・・・
さらには初日も楽日もお祭りだから避けるという人も・・・
ちなみに私の場合は真ん中よりちょっと後ろの方に
休演日前をさけて取ることが多いですけれどね・・・
あとビデオ撮影が入るときには役者ががんばるからといって
狙う友人もいて、それはそれで見識かも思ったりもします

どっかの演劇雑誌の編集者の方がいらしたら
一度、観客に役者や演出家のかたも含めて
この件で覆面座談会かなにか
開いていただけませんかね・・・
見るほうの人間性がでるだけでなく
作る側の方からとんでもないお話が聞けたりして・・・
けっこう面白そうではあるのですが・・・

ところで話はかわるのですが
偶然BSで「太鼓たたいて笛吹いて」を見ました
井上ひさしの偉大さを再確認
あれだけの時間にしっかりと史観を詰め込み
仮普請ではないしっかりとした世界を構築する力に脱帽しました
林芙美子役の大竹しのぶも強烈でね・・・
ブラウン管を通してでもあれだけのものが伝わってくるのだから
生ではいかばかりかと・・・

そういえば、昔、「奇跡の人」(中島朋子との共演バージョン)を
初日・真ん中。楽日前日の3回見に行って
いつ見てもサリバン先生はサリバン先生だったと
妙な感心をしていた人がいましたっけ・・・

彼女クラス(中島朋子さんも含めて)になると
もう関係ないんでしょうね・・・
いつが見頃ななんて・・・

R-Club

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »