« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

ちょっと悩ましい鴻上さんNext

久しぶりにThirdStageからメールが来ていました
11月公演の案内でタイトルは「リンダリンダ・・・」
全編をBlueHeartsの音楽でつないでいくミュージカル仕立ての
舞台だそうです

鴻上氏いわく
「自分にとっての「マンマ・ミーア」を、
今はないバンドで、自分自身の気持ちを込められる」
とのことで構想したのだそうです

よいチャレンジだとは思うのです
もともとお芝居には観客が持ついろいろなものを
借景に成り立たせるようなところがあるし
第三舞台がいちばん元気だった頃の作品では
借景自体がシャープで観客を一気に舞台にとりこむような
勢いがあったように記憶しています

ただね・・・、チケットのお値段もけっこうなものだし
やっぱりいろいろと不安があるわけですよ・・・
余計なお世話かもしれないけれど・・・

一番気になっているのは
最近の鴻上さんの作品において
物語のベースとなる今への現状認識の甘さが見られること・・・
私が彼の作品に一番惹かれていた頃には
彼の提示する現状認識には
観客にとって心を切り裂くほどに鋭い「気づき」のようなものが含まれていて
その「気づき」の中でスピーディーに提示される物語
(もしくは物語の断片達)に
観客はひとえに揺り動かされるしかないという状態でした
でも、最近の作品のなかに含まれるかれの現状認識は
ステレオタイプでどこか陳腐にも思えて・・・、
そんな現状分析をうまく見せることで
(幸いか不幸か彼はその技術を彼は十分すぎるほど持っている)
観客をとりこもうとしているようにさえ感じることもしばしばで
それがうまくいく部分では及第点の芝居にはなるのですが
少しでも表現が前衛化したり彼の想いが観客のキャパを飛び越えて機能しなくなると
作品全体にある種の姑息感(?)というかかびくささが
漂ってしまうのです

もし、「リンダリンダ」が成功するとすれば

・鴻上さんの中の現状認識のようなものが、
 今に対してしっかり修正されて
 Blueheartsの歌に含まれる普遍性を借景に
 きちんと現状を踏まえた彼の想いが妥協なく表現されている

もしくは

・鴻上さんが物語の語り部に徹して
 妙に今を取り込むことなく
 ウェルメイドの作品として
 Blueheartsの言葉とメロディーをツールに
 人間にとって普遍的ななにかを描ききる

どちらかのパターンが成立したときではないかとおもっているのですが・・・
なんか不安な気持ちを感じてしまうのもまた事実・・・

一番すてきなサプライズは
上記のいずれのパターンにも属さない状態で
彼が観客に新しい世界を提示してくれることなのですが・・・

今回のThirdstageからのメールマガジン(?)は
ただの観客である私を、お門違いにかなり悩ましい気持ちにさせるものでありました


R-Club(私が最後に見た鴻上作品である「ハルシオンデイズ」の
感想も掲示してあります) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハセキョン悪くはないのだけれど・・・

Midsummer Carol-ガマ王子vsザリガニ魔人-は
本館(R-Club)にも感想を書いたとおりなかなかお勧めの芝居です。

元々後藤ひろひとははちゃめちゃな笑いの裏側に
切なくなるような人間の本質をきちんと取り込んでおける作家で
その最たるものは
「ホセ中村とギャッフンボーイズ(都合によりホセ中村は出演いたしません)」で
山内圭哉が主人公の落ち込んだ姿に手をさしのべる
「あほな子おいで・・・」というシーンだとおもうのですが
今回も木場の演技力を十分に活用しながら
なかなか脱げない自分の心にまとったよろいを脱ぐ
感動のようなものを見事に表現していました。

特にクライマックスのせつなさ・・・・
それだけでも十分に入場料分あるのですが
そこに至るまでに観客は笑いと涙に十分揺さぶられて
ずいぶんとお買い得なチケットであることを体感させられていて・・・・、
ネタばれになるので内容は控えますが、
ある意味ありふれた最後のシーンが
すごいどんでんがえしとして自然に観客の心に入ってくる

そりゃ彼の芝居の題名にはとんでもないものが多いですけれど
(ダブリンの鐘つきカビ人間なんてのもありました・・・・)
多分三谷幸喜とならんで日本で最も才能を発揮している劇作家の
ひとりであることには間違いありません

自分も書き込んでおいてこういう言い方もなんですが
えんげきのページなどの評もおおむねよいみたいで・・・
ただ、長谷川京子バッシングだけが・・・
ちょっと気になるところ

私が見るところ、舞台を壊すほどひどい演技をしているわけでもなく
彼女がいなければ最高みたいなことを書かれるほど
目障りな芝居というわけでもなかったと思います
ただ、まわりがうますぎるというか
役者間で流れるように伝わっていく
舞台上での気持ちのやり取りのようなものが
彼女が絡んだ段階で切れてしまうところが何箇所かあって
それは確かに気になりました。

でも、その違和感というのは、やはり性格的に自分をうまく出せないという設定の彼女を
G2なりの演出で表現したのではとも思えます
瀬戸カトリーヌの演じるもう一人の看護婦と比べると
彼女の設定はある意味生きるのに不器用な女性ともいえるわけで
G2の長谷川京子につけた演技もそのあたりの表現という感じがしないわけではありません

そういう役柄であっても、他の人のせりふを受け取るときは
もうすこしゆったりと間をとって相手に気持ちを返すような演技が
あった方が舞台全体に流れるトーンのようなものが
膨らむのはたしか
しかし初めての舞台にして二律背反のような演技を強いられたハセキョンに
同情すべき余地はたくさんあるとは思うのですが・・・
でも、あれだけの役者にかこまれレベルの高い舞台に置かれると
ちょっとした彼女の演技上の瑕疵や至らなさのようなものが
目についてしまうのですね・・・

とはいっても、長谷川京子の役を深津絵里がやったとすると
笑いの部分が雑音のようになってしまうだろうし
総合的な判断で彼女の資質みつけ演出したであろう
G2の判断は決して間違っていなかったのでしょうね
同時に結構G2さんって非情(プロだからあたりまえだけれど)
という気もしましたが・・・

まあ、大女優になるための一歩というか大きく花開く直前の試練だと思って
彼女にもがんばっていただきたいものです
決して才能がないわけではなく、、
一部には否定的な意見はあるものの、私は彼女がバケる可能性は十分あると
おもっているので・・・

彼女のせりふが心を受け渡すだけの技量を身につけたら・・・

東京はもうすぐ終わりの公演ですが
これから地方も回るそうなので一応お勧めということで・・・
大女優になるかもしれない
長谷川京子の舞台ルーツを見ておくだけでも
けっこう将来語り草になるかも・・・・(笑)
それが万一外れてもハセキョン本来の魅力を含めて
見所がてんこもりのお芝居ですから・・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

パリスマッチーparis match-

あっという間の梅雨明け・・・

うちにはベランダがあるのですが
比較的奥行きがあるので休みの日には
ときどきデッキチェアを出してぼーっとしていることが
あります

もうよい歳ですから真剣に焼くのはまずいのですが・・・
吹く風がここちよい時には
ついつい眠りに誘われてしまって・・・
で、聴く音楽は耳ざわりがよい系で・・・
今なら16日に出たparis matchの「♭5」あたりがおすすめ
お気に入りです

ヨーロッパ的というかしっかりしているのだけれど軽いというか・・・
多分、日本のなかでも有数の気持ちいい音楽です
ほら、日本に建てた洋館にすんでいるような音楽ってけっこうあるけれど
欧州に建てた洋館に普段着でいる日本人の音楽ってあまりないような・・
彼らの洗練にはそんな感じがあります
音の散らばり方が粋というか・・・
気取って粋な感じの音楽はそれなりにありますが
聞いていてどっか疲れますものね・・・
まあ、ボーカルの水野さんの声が私の体質にあっている部分もあるのでしょうが
フルコースのフレンチディナーというよりは
ポロシャツで食べに行くすごくおいしいサンデーブランチのような感覚で・・・
ブラスの軽い重量感がクリスピーでますます食欲をそそって・・・

歌詞も何気にしっかりしたドラマがあったりします
日本人だからそれなりに歌詞は聴いてしまうので
あまりべたな言葉でつづってほしくないのですが
音に合わせて歌詞もしっかいしていて
きっちり作った思いの塊を向こうがかすかに透けるくらいに
スライスしたような・・・

照り返しがちょっとまぶしい場所で
デッキチェアに座って
ミントティにブランディとガムシロップを適度に効かせて
きまぐれに汗をかすかに乾かすような風を楽しみながら・・・
時間の長さを忘れて
転寝の誘惑に身を任せて・・・
演劇でいえば幕間というより
マチネとソワレの間の休息の時間

夏の休日
午後の日差しに埋もれた街をながめて
ベランダでのシェスタ
そんな時間を幸せにしてくれる音楽です
paris match


R-Club

| | コメント (0) | トラックバック (0)

25Mのドラマ

週末に京都にいってきました
ちょっと遠めの親戚に不幸がありまして・・・

で、お葬式が終わった翌日
せっかくだからと四条通りにいってみると
祇園祭りの鉾を組み立てている真っ最中・・・

祇園祭というと、雅なお祭りというイメージがあったのですが
その鉾の組み立て作業は非常に男っぽく
なおかつ智恵に溢れたものでした
ごく近くで作業をみることができたのは本当にラッキーだったのですが
作業をしている人たちの姿が本当によくて
棟梁のような方の柔らかくときに厳しい言葉・・・
作業を進めていく際にもちゃんと
伝統を伝えるというか
細かいこと、テクニックのようなものを
若い衆に指導しながら作業を進めていく
その姿がなんかよい

伝統に定められたとおりなのでしょうね
サクサクと作業がすすんでいく
決められた手順に従って木が組み立てられ
藁縄でしっかりと縛られ鋒が形になって行くのは
見ているだけでもわくわくしてしまいます
作業をしている人がある種の誇りを持って
仕事をしている様よいですよね・・・・
ここ一番、全員で力を出すときの迫力・・・
25mの高い高い鉾が立ったときの感動・・・
たった一枚の竹板であんなに大きな鉾を滑らせる知恵・・・
1年に一度しか見ることができないものだし
すばらしいパフォーマンスに立ち会えたと思います

見ていて
なにかを作るということの楽しさを知っていること・・・
作り上げる仕事を知っているということ
作り上げる誇りを知っているということ・・・
それがどれだけ素敵なことか
やや涼しい風のふく古都のどまんまかで
なんとなくいろんなことを考えてしまいました

芝居にしてもそうなのですが
何かを形にするというのは
思い付きだけではなかなか出来ない・・・
いろんなことを考えて、技術があって、きちんと手順を踏んで
はじめて出来上がるもの
新しいことも大切だけれど、伝統の力って馬鹿にしちゃいけない
ちゃんと手順を踏んだものには
きちんとドラマがふくまれるものなのですね

なんにしてもよいものを見せていただだきました

(7月13日一部改訂)

R-Club


| | コメント (0) | トラックバック (0)

あついですね・・・

暑いですね・・・
溶けてしまいそう・・・

夏を楽しむ温度をはるかに超えていますものね・・・・36℃
おまけに湿気がひたすら強くて・・・

暑さというのはどこか人を狂わせるものがあるようです
ある種の幻影や狂気を暑さや汗の匂いは呼び出してくるのかもしれません
それは「欲望という名の電車」などに象徴されるような暑さ
どこか逃げ場がないままに
絡みつく苛立ちにさいなまれて・・・・

ここ数日の暑さから生まれるドラマにはきっとたっぷりの狂気が含まれて
いるような気がします

それに反してわずか一週間前の暑さは本当にさわやかなものでした
比較的乾燥した空気・・・
風に冷たさを感じて・・・

双数姉妹の「ファンシー」に描かれた夏には後者の匂いがします
苛立ちのいらないゆっくりとした
さわやかさに溢れた芝居です
表の光に照らされた役者のしぐさに
空の蒼と白く湧き上がる入道雲を思うような夏が舞台
ポツドールの「騎士クラブ」は間違いなく前者のほう

どちらがよいという訳ではないのですが・・・・
外に出て汗をぬぐうたびにふっと
夏の舞台の匂いがごそごそっと
頭を掠めます

しかし夏はこれからが本番なのですよね・・・
今年の夏はどんなドラマに恵まれるのでしょうか・・・

まあ、それ以前にこの暑さ、何とかならないのでしょうか
そっちの方が切実・・・
そう考える私は、ちょっと夏ばてなのかもしれませんね・

ふう・・・

R-Club

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナチュラルである力

今日ちょっと得をした話
都内某所でロケ中の武内絵美さん(テレビ朝日のアナウンサーをされている)を
見かけました。
私の土曜深夜のおたのしみ「愛エプロン」の司会者として活躍されていて
画面でみてもとてもきれいな方なのですが
通りすがりに拝見した実物はそれに加えて一種の気品をおもちの方でした

劇場通いをしていると時々舞台女優の方を客席にお見かけするのですが
武内さん同様やっぱりなにかオーラがある方が多いですね
一度本多劇場の客席で小沢真珠さんを見かけたことがありますが
目を奪われるようでした

本当、なにが違うのだろうと思うのです
武内さんや小沢さんはある意味人に見られる商売ですから
お化粧や身づくろいも普通の方とはちがうのだろうし
違うものをナチュラルに着こなしたりするのが
プロの技だとは思うのですが
それ以外になにかプラスアルファとして存在する違いのようなものを感じて
なりません

たとえば意識/無意識は別にして
どこかで必ず演じる部分があるとか・・・・
逆に通常の時間でも人の目や心をひきつけるような部分がないと
実際に舞台やカメラの前に立ったときに
人の視線に耐えるだけの力を持った上でナチュラルな印象を与えることが
できないとか・・・
でもそういうことができるのってある意味やっぱり才能の範疇ですよね

ポツドールのお芝居を見ていて、役者が非常にナチュラルに
うそっぽさを演じる部分があって引き込まれたのですが
そう考えるとポツドールの舞台に立っていた役者さんというのは
根本に演じる才能があるからナチュラルだったともいえるわけで・・・
特に安藤さんの「子供ができた・・・」くだりの
抜けたような切実な演技というのは
裏でしっかりとした力を持って行使したからできたのだろうななどと
思い当たったことでした
もともと役者の才があるかただとは感じていたのですが
いっそうパワーアップしているような・・・

ちょっと飛躍がすぎるかもしれないけれど
夏の街角で武内アナを見て
ふっと思いついたことでした

それにしても知的にきれいでした
武内アナ・・・
報道に携わるアナウンサーのファンになるというのも
おかしな話なのですが
理屈をこえてなにげにファンになってしまったかもしれません
好感度があがったというか・・・
だからなんだといわれると困るのですが・・・
知的で美しいものを拝見するということは
それだけで人を幸せにするものなのかもしれません

R-Club(お芝居の感想いろいろ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »