« アラカルト | トップページ | ナチュラルである力 »

しっかりとした演技

R-Club本館にも感想を書いたのですが
日曜日(6月27日)に見に行ったポツドールの公演は
なかなか見ごたえのあるものでした
演劇のページなどでは賛否が分かれているようですが
私にはとてもクオリティの高い舞台と感じられました

なかでも女優の皆様が本当によくて・・・
安藤玉恵さんの才能には
かねてから注目していたのですが
今回のイケイケ姉さん役は
本当にしっかりとした演技という言葉が
ぴったりの横綱相撲でした

存在感があるのですよ
舞台のなかに観客を自然に導くような力がある
一種のフェロモンなのかもしれませんが・・・
女性の作られた色気というよりは
普段の生活のなかで女性が発散するような
なにかが観客の目を彼女にひきつける

それは大竹しのぶさんや深津絵里さんがもっているのと
どこか同じだったりするわけで・・・
彼女にはさらに女優として大きくなるスペースがあるような
そんな気がしました

人間は生まれながらに公平であるなんて大嘘で
生まれつき天から与えられた才能というものはあるわけで・・
そういう意味では今回の女優人は
みんななにかしら光り物というかよい色をしっかりもっている
恵まれた人ばかり・・・

坪内有子さんのずるさや大西智子さんの抱かれる必然みたいなものの
表現もしっかりと説得力を持っており
リアルをどこか凌駕した趣すらありました
こういう演技は舞台を本当にふくらませます

芝居の内容は、実は差別や憎しみの構造がモチーフとも
おもえるような、エスプリの効いた
愛憎劇というか、静かな演劇の超ぶっちゃけ版といったおもむきなのですが
それが教条的になったり、理想論やシニカルなにおいに染まらないのは
やっぱり役者のきちんとした真摯で地道な演技が
根本をささえているからに違いないわけで・・


なんかよいものを見た後ってとてもうきうきしますね
とてもよい気分で7月を迎えられそうです

お時間がありましたら
ぜひ本館の感想文も覗いてみてくださいな

R-Club

今度の週末は双数姉妹・・・
前回の公演は本当によかったですからね・・・

今回も楽しみだ

|

« アラカルト | トップページ | ナチュラルである力 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しっかりとした演技:

« アラカルト | トップページ | ナチュラルである力 »